人気ブログランキング |


光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

山の空、街の空
at 2020-09-21 23:48
三つ編み族の、心の旅
at 2020-09-03 15:48
特別な夏
at 2020-08-23 15:10
命のかぎり
at 2020-08-09 21:44
今日も、心に太陽を
at 2020-07-31 12:13
心を送ると、言葉が届いた
at 2020-07-25 15:36
命は丸ごと、いとおしい
at 2020-07-07 19:43
公園デビュー!!
at 2020-06-21 22:28
少しずつ、新しい日々へ
at 2020-06-07 01:34
会いたい人に、会える日々へ
at 2020-05-29 01:14
宇宙のリズム
at 2020-05-17 15:41
地球の声を聞いています
at 2020-04-15 23:40
心が下を向かないように♥️
at 2020-04-04 02:56
ちいさな幸せを重ねて
at 2020-03-23 02:05
空は生きています
at 2020-03-13 17:08
おだやかな春を祈りながら
at 2020-03-01 01:22
会いたい人に、会える春に
at 2020-02-16 17:03
空は、いつか、晴れるから
at 2020-01-29 15:19
特別なバースデー
at 2020-01-12 23:06
「空と大地の間で」会いたいです
at 2019-12-31 22:33

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2014年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

優しく、強く、美しく。

たいへんなことがあっても、だいじょうぶ

甘い時間があれば、生きていける
優しく、強く、美しく。_c0113755_17395535.jpg
たいへんなひとと出会っても、だいじょうぶ

やさしい笑顔で会えば、だいじょうぶ
優しく、強く、美しく。_c0113755_17422913.jpg
たいへんな一年だった、かもしれないけれど

ちょっとだけ振り返っても
たいへんだったと、思っていないから、きっと、だいじょうぶ
優しく、強く、美しく。_c0113755_17413378.jpg
私はカラダもココロも単純だから、
たいへんだなんて思うことはあまりないけれど

少しでもたいへんだって思ったら、
きっと、自然に甘い時間をやりくりしながら

なんてノーテンキな?!?って思われるほど
楽しそうに一年を走ってきたのかもしれない、、、です(笑)

「優しく、強く、美しく。
正直に、楽しく×2、取り組みます」

今年、必要に迫られて、設立24年目で初めて考えた、
(有)ボナンザの、企業理念

楽しく×2、が、私たちらしいと笑われますが
来年も、きっと、笑ってお目にかかりましょうね

ありがとうございました
優しく、強く、美しく。_c0113755_17545579.jpg
佳いお年をお迎えください
(一応、いちど、締めておこうかな、、、と、、笑)


by tokyoyokan1212 | 2014-12-29 18:00 | Trackback | Comments(0)

火を囲む、そして、青空の下を歩く

東京にいて、火を囲むなんて、夢みたい!
炎を見ているだけで、カラダもココロもあったかくて、
笑顔快復
火を囲む、そして、青空の下を歩く_c0113755_01212379.jpg
信州の高山村に住み始めた友だちが送ってくれたリンゴは
寒さに耐えて、甘さと酸味をギュッととじ込めたおいしさで
友情感謝
火を囲む、そして、青空の下を歩く_c0113755_01215818.jpg
表参道のモマ デザインストアで
真鍋太郎の描いた羊のお年賀ワイプコーナーができた日に、

虎屋さんのヒツジ羊羹(ようかん)が届いて、
年賀歓迎
火を囲む、そして、青空の下を歩く_c0113755_01260780.jpg
気になっていた咳の原因が、心配していたものではなく
気管支炎の手前だとわかり、本当に本当に、ホッとした日、
火を囲む、そして、青空の下を歩く_c0113755_01221349.jpg
抜けるような青空に向かって、深呼吸、心呼吸して
健康感謝
火を囲む、そして、青空の下を歩く_c0113755_01311078.jpg
自慢の友だち、黒富士農場の卵を、渋谷の東急本店で買って
シンプルな元気を、カラダに注入

2014年の間にすることを
もう少し、もう少し、進めておくことにいたしましょう





by tokyoyokan1212 | 2014-12-27 01:34 | Trackback | Comments(0)

クリスマスのリンゴのエルメス

クリスマスイブの前日、上野の国立博物館で開催されていた
エルメスのレザー・フォーエバー展、最終日にすべりこむことができました

はじまりが馬具工房であった、という理由だけでも大好きなメゾンですが、
馬が好きでも、エルメスの鞍になど乗ったことはないし、

そもそも、その鞍に見合った馬は雲の上に存在するのですから
夢のまた夢の世界が目の前に広がっていました

すべてが好きで、すべてにうっとりで、
ひとつひとつのクリエイションに、リスペクトの連続
クリスマスのリンゴのエルメス_c0113755_00394209.jpg
リンゴとナイフのために作られたレザーケースは、
丸かじりしたいほど美しくて生々しく
そんなものが存在するというだけで、なんだか、世界がウキウキしてきます
クリスマスのリンゴのエルメス_c0113755_00541385.jpg
夏の風に吹かれてペダルを踏む自転車には
ストローとレザーの組合せのケリーバッグ!?しか似合わない?
クリスマスのリンゴのエルメス_c0113755_00564752.jpg
翼の生えた鞍にまたがったら、
天高く飛び続けることだってできるでしょう
クリスマスのリンゴのエルメス_c0113755_00574036.jpg
展示の途中では、実際に鞍にまたがるコーナーがあり、
森の中を乗馬しているような錯覚を味わうこともできました!!
(太郎の後で、もちろん!私も〜〜〜!!)

クオーターホースではなく、サラブレッド、美しい馬に乗っている
夢見心地で、しばらく手綱を握り、腰を動かしながら、うっとり〜〜
クリスマスのリンゴのエルメス_c0113755_00391816.jpg
そして、極めつけは盆栽?!?!エルメス
たくさんのバッグが天井から吊され、バッグから根が伸びているコーナー
クリスマスのリンゴのエルメス_c0113755_00392299.jpg
「レザーは生きている」ことを表現したのか
自然の中の一部である「レザー」の意味を伝えたかったのか、、、

それとも、、、
人々がエルメスに憧れる、心の力が重力となって根を張っているのか?!?

エルメスの哲学?の片鱗に触れたように感じたけれど
その答えにたどり着くまでにはまだまだ時間がかかると思ったのでした
クリスマスのリンゴのエルメス_c0113755_01100334.jpg
手に届かないものばかりですが、
ものづくりの姿勢も、ウィットのあるクリエイションの基本も

憧れ続けて、リスペクト
エルメス、大好きです














by tokyoyokan1212 | 2014-12-25 01:21 | Trackback | Comments(0)

聖夜の前の静寂

忙しいことは好きじゃないけど、
楽しいことは大好きなので
聖夜の前の静寂_c0113755_00292550.jpg
1年に1度のご挨拶をさせていただく会や、
もうすぐ終わってしまう展覧会にでかけていました
聖夜の前の静寂_c0113755_00331749.jpg
楽しんでいる間は気づかなかったのですが、
どこかで、油断していたのでしょう、、、乾燥にやられました

寝入りの咳、と耳鼻科のドクターが教えてくれましたが
その、咳に悩まさせて、ノドが荒れ、声が枯れ、、、涙
聖夜の前の静寂_c0113755_00360759.jpg
クリスマス色の、大好きなジェノベーゼをいただいた夜までの元気も、
その翌日には枯れてしまいました、、、、

センパイの朗読会と、新しいご縁を紡ぎたいと思っていた会を
申し訳なく、あきらめて、静かな静かな1日を過ごしながら
聖夜の前の静寂_c0113755_00405786.jpg
夜には元気が快復して、、、、
おいしいパンが食べたくなっていました(笑)
聖夜の前の静寂_c0113755_00424342.jpg
アメリカを旅したセンパイが、太郎と私のことを思って選んでくれた
80年代のリーバイスの缶バッジを眺めながら、

クリスマスの前から、贈りものをいただいちゃうしあわせを
ほっこりと、抱きしめている、静かな夜を

大きなケガも病気もなかった1年に
感謝する夜にしようと思います〜〜
(あぁ、、なんか、渋いブログですこと、、、苦笑)





by tokyoyokan1212 | 2014-12-22 00:48 | Trackback | Comments(0)

真珠の貝の貝柱

長く生きてきましたが、
世界は広く、まだまだ知らないことだらけ

お話しでは聞いていた、真珠の貝の貝柱が届いたので、
一番美味しい食べ方を、太郎と考えて

近くの大好きなお蕎麦屋さんに持ち込んで(笑)
最高のかき揚げを作ってもらいました
真珠の貝の貝柱_c0113755_01223502.jpg
塩とワサビ、ネギとおろし、天つゆが揃い
冷たいお出汁でせいろそばをツルツルツル
真珠の貝の貝柱_c0113755_01223830.jpg
その美味しさといったら、、、、
ごめんなさい、想像を超えていたので、言葉にはできません(汗)
真珠の貝の貝柱_c0113755_01223149.jpg
1つの真珠貝から1個しか獲れない、貴重な貝柱を
フレッシュなまま、
酢味噌やポン酢でいただくのもおいしかったのですが、
真珠の貝の貝柱_c0113755_01224151.jpg
2日目の夜は、自宅のキッチンで
ニンニクたっぷりとオリーブオイルで炒めて、塩コショウ

ストックにスパゲティーニしかなかったので、細めですが、、
パセリのイメージで、ルッコラを刻んでのせてみましたら

アララララ、、、
見た目も少しおいしそうではありませんか?!?!

仕上げに、
ミラノの友だちからもらったオリーブオイルをかけてみたら、

伊勢とミラノが東京で出会う
幸せなテーブルになったのでした

ミラノにも、伊勢にもありがとう!!
いつか同じテーブルで会える日を楽しみにしています

ありがとう!LOVEいっぱいです




by tokyoyokan1212 | 2014-12-18 01:37 | Trackback | Comments(0)

美しい日本の形

シンプルで飽きのこない形を前にして、
木目の効いた木の廊下に腰を下ろしたら

背筋が伸びて、
気持ちがシャキッとするような気がします
美しい日本の形_c0113755_18162943.jpg
同じように、木目の正しく重なった塀に沿った細道を歩くと
いつもは少し猫背の太郎も、なんだか、シャンと前を見ている(笑)
美しい日本の形_c0113755_18212884.jpg
武家手前というお茶の席では
飲み終えた茶碗に扇子をかぶせるのが正しいことを学び、
美しい日本の形_c0113755_18175861.jpg
美しい日本の形は、床の間に飾って置くモノではなく、
身近な場所で見つかることを、再確認
美しい日本の形_c0113755_18292434.jpg
おいしい天ぷらの〆に天茶漬けをいただきながら、
美しい形が
美味しい形でもあることも再確認して
美しい日本の形_c0113755_18312375.jpg
友だちからもらった畑の実りの、美しい形にウットリしながら、
シンプルな美味しい形を追究してみたくなっている

冬の午後です


by tokyoyokan1212 | 2014-12-15 18:35 | Trackback | Comments(0)

光の12月

12月になると、街が光り始めます

近所の渋谷東急本店のツリーは、
シンプルな球体が重なっていて、気持ちが丸くなるキラキラ
光の12月_c0113755_02143807.jpg
表参道は、
週末にメトロから地上に上がったら、お祭りみたいな大にぎわい

交差点を渡るのも、オーバーじゃなくて、決死の覚悟!!
グイグイ歩かないと道路の向こうに渡れないほどです(汗)
光の12月_c0113755_02590921.jpg
交通渋滞の原因、電気の無駄遣いと言われて
1度はなくなったイルミネーション

LEDだから省エネだし、
木にも優しいということで再開しましたが

交通整理のPOLICEや地元商店街のみなさんは、お疲れさま〜〜〜
光の12月は、たくさんのひとに支えられて輝きを保たれているのでした
光の12月_c0113755_02591850.jpg
おっと!
地元の代々木八幡商店街でも、静かにキラリ☆

ささやかなイルミネーションが駅前の道を彩っていて
忙しい12月を明るく照らしてくれています

バタバタと駆け足の日が多い12月ですが
光の海を泳ぐように歩いて、楽しく過ごしたい、ですね









by tokyoyokan1212 | 2014-12-12 02:26 | Trackback | Comments(0)

青空のサッカー、心身の国際交流

第1回東アジアシニアサッカー大会に、友だちが出場!!
東京に50あるチームの1位として、参加するというので

応援に行くっきゃないでしょう!?!?!というわけで、
寒さ対策のパタゴニアダウンのロングコートで、赤羽スポーツの森公園のスタンド席へ
青空のサッカー、心身の国際交流_c0113755_14563258.jpg
中国の広州市、韓国のソウル市、日本の東京都、それぞれの
オーバー40と、オーバー50のチームが対戦

それぞれの代表チームがキックオフ!して、グリーンを走り続けるのを見ていると
政治のテーブルではできないことが、今、ここで、起きている〜〜と痛感します
青空のサッカー、心身の国際交流_c0113755_14212205.jpg
青空の下、走り続ける10番さんは長友や香川に見えてくるし、
14番さんは、キャプテンと言うより凛々しいCEOの雰囲気が漂っていたりして(笑)

ずっとトレーニングを続けて、走る身体をキープしているみなさんに、
うっとりしたり、リスペクト〜〜してしまい、拍手も熱くなりました
青空のサッカー、心身の国際交流_c0113755_14255258.jpg
1体0で接戦を制したのは、
オーバー50日本代表、セレクシオン・トキオ
青空のサッカー、心身の国際交流_c0113755_14295011.jpg
走り続けた友だち(8番)と、チームのメンバーは
中国広州市のメンバーと握手して、健闘を讃えていましたが

来年の第2回は、彼らの広州市で開催とのこと
そこまでは応援に行けないですが、、、第1回を観戦できて、大満足

いろいろな問題がある今だからこそ、
スポーツで国際交流って、すごいなぁ、、、とシンプルに思い

その場で小さな応援団として参加できたこと(&勝てたことも!)を
とっても嬉しく思っていたのでした
青空のサッカー、心身の国際交流_c0113755_14522362.jpg



by tokyoyokan1212 | 2014-12-07 14:58 | Trackback | Comments(0)

大地へのリスペクト(アラン・デュカス講演)

アラン・デュカスさんの講演を

明治大学の学生さんと一緒に聞くチャンスをいただきました

(主催:明治大学現代フランス研究 国際連携本部 )

大地へのリスペクト(アラン・デュカス講演)_c0113755_01561929.jpg

史上最年少で3つ星を獲得したモナコ国籍のシェフであり

ミシュランから異なる国で3つ星を付けられた、史上初のシェフとしても有名ですが


地産地消を提唱し、その土地土地の素材を生かした料理を作る彼が語る

生き方のレシピは、大地への愛に満ちていました

大地へのリスペクト(アラン・デュカス講演)_c0113755_01553480.jpg
シェフになっていなかったら建築家になりたかった
と話す彼の作る空間は、刺激がいっぱいですが

最近、新装されたパリのオテル・プラザ・アテネのレストランは

まるで宇宙ステーションのようで、ワクワク

大地へのリスペクト(アラン・デュカス講演)_c0113755_02075129.jpg

モナコのレストラン「ルイ・キャーンズ(Louis XV)」は

フランスの伝統がどっしりと感じられる雰囲気で、背筋が伸びる印象

(写真はいずれも、hpから拝借しました)


世界各地でレストランを経営し、料理の学校を作り

「伝える」ことがいちばん大切だと話すデュカスさん


「厳格に、秩序を大切にしながら、探究心を持ち続けること」


「パーフェクトと思えるまで、繰り返し続けることが大切ですが、

パーフェクトには到達できないものなのです」


そして

「日々の繰り返しの中で、知識を広くシェアすること」

というおだやかな言葉が心にしみて、空腹に気づきました(笑)

大地へのリスペクト(アラン・デュカス講演)_c0113755_02292080.jpg

パリもモナコも無理ですが、東京のベイジュで

お野菜たっぷりの冬のメニューをいただく夢を、見ることにしましょう






by tokyoyokan1212 | 2014-12-06 02:31 | Trackback | Comments(0)

12月は、走らない

なんだかね、
12月になるとソワソワしてきますが

忙しいせいにして、大切なことを忘れたくはないと思います

渡せないままだった誕生日プレゼントを届けたり
大好きなひとや、友だちに伝えたいことを、ちゃんと伝えたい12月
12月は、走らない_c0113755_02262393.jpg
仕事はもちろん、カフェしたり、ランチしたり、
寒いからこそ、心あたたまる時間を作りたいです
12月は、走らない_c0113755_02565537.jpg
キャンドルに火を灯して、
今年はどんなワクワクすることがあったかを話しながら、

未来にどんな種を蒔きたいかを言葉にしてみると、
12月の過ごし方が変わってくる気もしてきます
12月は、走らない_c0113755_03025512.jpg
冬の陽でおいしくなる干し柿のように
ゆっくりと、ていねいに、時間をたっぷり使いたい

忙しい時だからこそ、
あわてず、急がず、優しい気持ちで過ごしたいと、
自分に言い聞かせている、12月です



by tokyoyokan1212 | 2014-12-03 03:06 | Trackback | Comments(0)