光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

馬を愛する少女が、コレクショ..
at 2018-10-19 18:29
シカが教えてくれる、命のこと
at 2018-10-10 00:07
十分に楽しみたい、十月〜〜〜
at 2018-10-03 00:59
祭りばやしが聞こえる
at 2018-09-23 17:38
強さは、優しさ。先を生きる女..
at 2018-09-18 04:21
だいじょうぶな、9月へ
at 2018-09-09 00:08
インディアン村〜NATIVE..
at 2018-08-29 16:47
NO MUSIC, NO L..
at 2018-08-20 00:32
夏の時間旅行
at 2018-08-16 00:48
青と緑の週末〜祈りの八月
at 2018-08-06 14:24
三つ編み族の約束
at 2018-07-30 00:47
人生に、○○○
at 2018-07-23 13:19
空ばかり見ていた
at 2018-07-15 22:24
強い想いは、希望になる
at 2018-07-09 03:45
山の時間、街の時間
at 2018-07-03 06:22
夏至の森、薫る花
at 2018-06-21 19:14
招かざる雨の日も、心に青空
at 2018-06-10 22:32
地球の時間
at 2018-06-03 21:30
ちいさな祭り、おおきな感謝♥️
at 2018-05-22 15:39
笑顔の答え、神さまの答え
at 2018-05-15 13:00

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2012年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

笑顔の瞬間

-----国民のために、
というフレーズを連発する演説を聞いているとイライラしてくる

日本語の、言葉の意味が変わったのか?とさえ思えるくらい、
乱暴な、一方的な宣言は、
正しい意味の「国民」に届くわけがない
c0113755_23445582.jpg
そんな日に出会った犬は、無邪気に笑って、シッポを振っていた

黒白ハッキリしない世の中を笑い飛ばすように、黒白クッキリの少女ブルに、思わずニコリ!

おかし屋に興味はあるけど、入っちゃ行けないことを知っていて、節度を守るのもエライ!
c0113755_23463989.jpg
とっても佳い気が流れているそば屋では、
大好きな『すだちそば』の季節が始まっていて、迷わず「いただきます!」

爽やかなおいしさに、
フレンチブルに負けないくらい、笑顔になっていたのは、私でした

イライラより、サラサラ
-----心によどみなく過ごせる日々を、重ねたいです
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-06-12 00:05 | Trackback | Comments(1)

梅雨の晴れ間の、草刈り

梅雨入り宣言が出て、1日中雨が降った翌日の午後

空を見上げたら、
入道雲の一歩手前?みたいな雲がニョキニョキと広がっていた

雲の形を「何に見える?」なんて言うと、ロールシャッハテストみたいだけれど、
c0113755_13311390.jpg
この雲が、天使になった犬が笑いながら空を泳いでいるように見えるのは
大好きな先輩の犬を見送ったからだろう、、、合掌
c0113755_13574796.jpg
そして地上には、ドクダミの白い花が群生していた

夕方にはにわか雨、という天気予報を見てから
太郎さんは「晴れている間に草刈りしちゃおうかなぁ、、」と外に出た

家の周りは、カニ歩きしないと通れないような狭い地面しかないのに
代々木公園から飛んでくる植物の種が、放っておいてもグングン育つ
-----自然の、野生力は、あっぱれ!だ

雨のち晴れた日曜日、空が描く初夏模様を楽しんだら
日曜日しか店を開けない
「サンデーベーカリー」という焼き菓子屋までお散歩です!!
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-06-10 14:04 | Trackback | Comments(0)

原宿で、タヌキ!?

近くに住んでいながら、毎年見逃していた、明治神宮の花菖蒲

本殿に行く手前の入り口から、御苑の中にある菖蒲田をめざして、
-----今年こそは!と、平日の午後に出かけてみた
c0113755_0533949.jpg
今年は少し遅れているのか、菖蒲田の1/3くらいの咲きっぷりだったけれど
冬に歩いたときは枯れていた田んぼが、美しい花景色になっていた
c0113755_0564275.jpg
菖蒲と燕子花の違いを説きながら花を愛でる人、
すばらしい一眼レフで花のアップを激写する人、
大声で“fabulous”を連発するサリーを着たインドの女性たちなどで、御苑は混雑
c0113755_12559.jpg
そんな緑の木々の間に、2匹のタヌキが現れて、ビックリ!!
木の実をかじっていたから、元気で生き続けてね!って話しかけてみた(笑)
c0113755_111375.jpg

看板には150種の菖蒲、と書いてあったけれど
花の株の下をよく見ると、この「鶴の毛衣」のようにそれぞれの名前が記されている
c0113755_16816.jpg
菖蒲田の先にある『清正の井土』に手を入れると気持ち良くて、
やわらかな肌あたりを感じながら、小さな祈りを水に溶かした

『うつせみの 代々木の里はしづかにて 都のほかのここちこそすれ』

明治天皇の歌のとおり、タヌキに会い、花の田を歩く午後は
原宿〜表参道の喧噪を忘れる、すばらしき非日常の時空間でした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-06-09 01:19 | Trackback | Comments(1)

裸が美しい映画

女性のカラダを美しい〜〜〜と素直に思いながら、映画を見た
-----しかも2本、同じ日の昼と夜に!

『クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち』は
アメリカ人監督、フレデリック・ワイズマンのドキュメンタリー
c0113755_221134.jpg
「ヘルター・スケルター」は、蜷川実花監督作品で
岡崎京子の原作を沢尻エリカが演じて、話題になっている
c0113755_2211415.jpg
その2本に通じるのは、女性の裸は美しい!!ということで
どちらからも感じたのは、美しさはカラダだけではない、ということ

「ヘルター・スケルター」の中で交わされる
----どうして神さまは、人間に若さと美しさを先に与えて、奪ってしまうのかな?
----若さは美しさだけれど、美しさは若さだけではないよ
という男女の会話に、深くうなずきながら

ビートルズ最後のアルバムでポールが作った「ヘルター・スケルター」は
「混乱」を激しく叫んでいたなぁ、、、と思い出した

作り手のエネルギーが、隅から隅までぎっちり詰まっているので
-----2本とも、見終わったらお腹が空いていた映画です(公開は、夏)
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-06-08 02:42 | Trackback | Comments(0)

生まれて初めて!『ハンカチの木』

6月が青空ではじまって、緑はグングンと空に伸びている

-----木を植えてから15年目に花が咲いたんだ
そう言って友だちが指さした頭の上、サラサラと吹く風に、白い葉が揺れていた
c0113755_0144111.jpg
まん中の小さな花を包む「苞葉」だけが白くなって、ユラユラと揺れるから
「ハトの木」とか、「幽霊の木」とも呼ばれる====『ハンカチの木』

「苞葉」は「ほうよう」と読むので、葉っぱを抱きしめる「抱擁」につながる!?
なんて、言葉遊びをしたくなる-----ちょっとロマンティックな風情が、いいね!

19世紀に中国で『ハンカチの木』を見つけた、フランスの神父 「ダビッドさん」の名から
学名を Davidia(ダビディア)と言うのも、なんだか、オシャレ?!
c0113755_0311014.jpg
地面に落ちた白い葉は、本当にハンカチのようだけれど、
すぐに茶色くなって情けないので、ひたすら見上げて、眺めて、ウットリ〜〜

花が咲くまでに10年から15年もかかり、長くは咲いていないので
来週だったら、葉っぱが全部落ちていたかもしれない〜〜と思うと、

木に咲いて、風に揺れる『ハンカチ』を見られたのは、大地と空のプレゼント!
-----人生初!の白い体験に、心からの“ありがとう!!”を、言いました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-06-06 00:46 | Trackback | Comments(0)

サヨナラを言う朝

------彼が、生まれた時を知っている
数時間にわたって、次々と生まれてきた子犬たちの中の一匹

11匹の子犬を取り上げて、大奮闘だったMさんを知っている
-----小さな命はキラキラとして、かわいくて、いとおしかったことを覚えている

ほとんどの子は引き取られたが、体の弱かった女の子と
目の悪かった男の子は母イヌと一緒に暮らすことになった
c0113755_972968.jpg
by Picaro Taro

女の子はベスと名付けられてMさんに愛され、
男の子はKIKIと名付けられ、ご主人のAさんのお気に入りになった

ベスが逝き、母イヌのミントが旅立ち、私たちは埋葬にも立ち会った

そして昨晩、KIKIが母と妹のもとに逝った-----
というお知らせを受け取って、霧が出ている山の空を見上げた

一緒に遊んでいても、いつもシャイだったKIKI、男の子らしかったKIKI、
海が大好きで一緒に泳いだこともあったよねぇ、、、
天使になったら、両方の目で世界を見られるといいねぇ、、、

最後は、大好きだったビーチでMさんAさんと過ごせた、と聞いて
幸せなシーンを二人に残したKIKIの男らしさに、思わず涙です、、、合掌
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-06-04 09:24 | Trackback | Comments(0)

本当に、必要ですか?

CAMPERは、スペイン生まれのシューズブランド

スペインのマヨルカ島で“農夫”という意味があることを
展示会場の2階に並んだ、アーカイブコレクションで知った
c0113755_14485044.jpg
1998年、最初にCAMPERとして作られた一足は
1930年代からマヨルカ島の人々が畑仕事に履いていた靴の再現

農作業で使えるタフさに、都会で履いて楽しめるデザインを加えた
リラックススタイルは、今シーズンにも生きている気がする
c0113755_14515875.jpg
足を入れた途端に、フラメンコを踊りたくなるようなデザインや
c0113755_14522670.jpg
サッカーが上手になりそうな?!?デザインにも、スペインの陽気さが感じられる
c0113755_14541369.jpg
アーカイブコーナーにあったCAMPERメッセージを、じっくりとかみしめて

今回のコレクションを吟味しながら、冬が待ち遠しいブーツをオーダーしました
-----本当に、必要だと、思ったから、ですよ---(汗)
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-06-02 14:56 | Trackback | Comments(0)