人気ブログランキング |


光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

残りの8月、心おだやかに
at 2019-08-20 01:52
夏のテーブル
at 2019-08-15 01:25
夏の贈りもの
at 2019-08-03 13:10
空が好き、風が好き
at 2019-07-27 01:01
三つ編み族の夏の海
at 2019-07-14 17:32
通し矢の空に、虹
at 2019-07-07 18:53
言葉は、いらない
at 2019-06-28 23:35
目に見えないものが教えてくれた
at 2019-06-22 17:17
淡々と重ねる日々の先に
at 2019-06-13 01:08
東京の空の下
at 2019-05-31 13:11
松任谷由実は、永遠にユーミンです
at 2019-05-17 06:36
涙のち、明日へ
at 2019-05-12 22:56
新呼吸、心呼吸
at 2019-05-07 02:55
和の力
at 2019-04-28 01:43
しあわせのサイズ
at 2019-04-21 01:35
みどりのいのち
at 2019-04-14 19:29
ありがとう、の奇跡
at 2019-04-05 16:55
新しい空の向こうへ
at 2019-04-01 00:14
時を積み重ねて
at 2019-03-22 16:54
春が、開く、道
at 2019-03-10 02:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

2012年 05月 02日 ( 1 )

闇がある場所

山の真ん中には、闇がある
闇があるから、光が恋しくて、太陽が出る朝が待ち遠しくなる

なんて言いながら、山でも早起きはしていないけれど
小さなライトを消した途端におとずれる闇の中で
キャンドルの火を灯した瞬間の、大きなやすらぎを、全身で実感する
c0113755_10111376.jpg
赤、白、赤、友だちからもらったゴールドのキャンドルは
ゆらゆらと静かに揺れて、時の流れを忘れてしまうほど、おだやかだ

電気がとまったエリアのひとには申し訳ないと思いながら
節電とかエコの感覚でキャンドルと出会い、その深い力につつまれる

CANDLE JUNEくんのキャンドルの巡礼のように
その光が物理的に、その土地の人々の心に火を灯すこともある

私のキャンドルナイトは、聖なるものではないけれど
東京より不自由な山の時間は、大切なことはシンプルだと思い出させてくれるのでした
by tokyoyokan1212 | 2012-05-02 10:18 | Trackback | Comments(0)