光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

神サマがやってきた!
at 2017-09-23 22:39
いくつになっても「人生はじめ..
at 2017-09-19 01:26
上野の森に、nukumoriの風
at 2017-09-11 00:31
さよなら@サマー
at 2017-09-01 02:03
嵐のち、夏の果実
at 2017-08-23 02:05
祈りの場
at 2017-08-15 00:53
夏の、地球で、心呼吸
at 2017-08-08 02:07
オキーフは、笑わない!?
at 2017-07-29 17:19
太郎と、TARO
at 2017-07-26 12:40
空に居るひと
at 2017-07-20 00:27
森の風、カラスの道
at 2017-07-09 01:38
事件と、至福
at 2017-06-29 12:11
手が作るもの、手が伝えること
at 2017-06-18 23:55
空に向かう日々
at 2017-06-11 23:50
時を旅したジーンズ
at 2017-06-04 00:21
手を伸ばせば、緑の時間
at 2017-05-29 23:43
初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

三つ編み族の梅雨

梅雨はこれほど長かったのかしら?と
7月のカレンダーを見ていたら、7日の七夕も雨でした

雨が降っても、風が吹いても
弓道場は扉を開き、修行の時空間となってくれます
c0113755_01432123.jpg
少しずつできることが増えているようで
実は、
できないことも増えている、そんな日々が続いていますが

続けることでしか見えないモノがあることを
先生の弓を引く姿から感じてしまって

雨の日も、お稽古、続けているので、、、、、
身体の汗と、心の汗の夏になりそうです
c0113755_01394390.jpg
梅雨の晴れ間には
麦わら帽子の三つ編み族ですが
c0113755_01394356.jpg
小さな三つ編み族とすれ違うと
ランドセルの時代にはできない学びを、今、しているのだなぁ、、、と

思ってしまったりする、
三つ編み族の、梅雨の7月、なのでした


[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-07-08 01:50 | Trackback | Comments(0)

渋谷から1時間半で、縄文時代に!?!

中央フリーウェイ♫を走ることは何度もありましたが、

建設前の1970年から 行われた発掘調査で、
縄文の遺跡が見つかったことは、知りませんでした
c0113755_02163273.jpg
甲府手前の釈迦堂SAに車を駐めて直行できる
釈迦堂遺跡博物館は、縄文文化の、小さな玉手箱!

「縄文時代」が、今から約123千年前に始まり
23百年前に終わった、と言われても、
なんだか、途方に暮れてしまいますが
c0113755_02153539.jpg
土器の製作と矢の使用が始まった縄文時代には、
「ムラ」が作り始められたことや
c0113755_02164081.jpg
縄文中期後半には、
こんなに大きくて美しい水煙文土器が作られていたこと
c0113755_02162054.jpg
シカもイノシシもウサギも、
弓を使った狩猟が行われていたという展示もあり、

弓の歴史って、すごいのねぇ、、、、、と、
弓道初心者としては、驚きを隠せないのでありました〜〜〜
c0113755_02162852.jpg
さらに、縄文時代に始まった「ムラ」の暮らしや
その頃の女性の(あるいは男性の?)耳を飾った石の展示などもあり、

学芸員のやさしい解説を聞きながら、
縄文の人々も、恋する相手に耳飾りを贈ったりしたのかしら???と
想像していたのは、私だけかもしれません(汗)
c0113755_02355195.jpg
土器や土偶を含む出土品5589点が
国の重用文化財に指定されているのですが、

1116個もの土偶の中から
大英博物館に出展された、代表選手!!の展示もありました
c0113755_02154753.jpg
中央フリーウェイで、縄文時代にタイムトリップ!
1万年の寄り道、
たっぷりと楽しんでしまいました
c0113755_02374656.jpg





[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-06-30 03:01 | Trackback | Comments(0)

かなしいを、たのしい、に変換する日

ノーテンキに生きている私ですが、
それにしても、かなしい日、がときにはあります

そんな日は、
公園を歩いて、裸足になってみたり
c0113755_04210681.jpg
一本でもいいから、花を買ったり
c0113755_04162717.jpg
大好きなマスターの作る
オムライスを食べに行ったり、、、
c0113755_04175709.jpg
温泉じゃなくてもいいから
大きなお風呂に、ザブーーン!と入ってみたり
c0113755_04185095.jpg
母さんが作ってくれていた
黒豆を食べて、お茶を飲んだりしながら
c0113755_04240852.jpg
ささやかだけど、ウフフな時間を過ごしていたら
かなしい、が、
たのしい、に変わっていく、気がします

そうやって、
やさしいひとになれたらいいな、って思います

心から、思います








[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-06-27 04:34 | Trackback | Comments(0)

さざれ石、発見!


弓道場がある明治神宮は、
お正月や週末は混雑していますが、

普通の日の、しかも閉園近い時間には、
お昼寝の夢から覚めそうにない人もいて、の〜〜んびり

草の上に寝たい気持ちを抑えて歩いていたら
「さざれ石」を見つけました
c0113755_13383349.jpg
学名 『石灰質角礫岩」

石灰石が長い年月の間に雨水で溶解され、
その時に生じた粘着力の強い乳状液(鍾乳石と同質)が、次第に小石を凝結し
だんだん巨石となって、
河川の浸食作用により地表に露出し、苔むしたもの

♫ さざれ石の巌と成りて、苔のむすまで ♫
君が代の歌詞そのままの、解説を見つけてしまいましたが

ただいま、修行中のワタシ的には、

「日々コツコツと続ける稽古は、小さな石を集めるようだけれど
続けていけば、弓を引き、遠くを見る力が身につくだろう」

などと、
この石からの教えとして、受けとったりしながら、、、

「意志あるところに、道ができる」
という言葉をメールの最後に書いている

Kさんを思い出していました〜〜
意志の石あるところに、未知の道もあるんでしょうか===
(がんばれ、初心者の私!!)




[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-06-24 13:54 | Trackback | Comments(0)

カウガールが歌い、踊った

太郎と大学時代から友だちの岡田徹さんがプロデュースする
新・ちろりんのPV撮影場所

岡田さんの依頼でお手伝いをすることにならなければ
きっと、知らなかった不思議な空間で

懐かしいKISSAのブーツと、お気に入りのウエスタンブーツ、
山の小屋で活躍している、ハットが踊っていました
c0113755_17470109.jpg
それは、平成から昭和へ、
見えない時代の壁を超えたみたいな空間で〜〜〜

昭和の時代に
カントリーダンスを踊っていた

私の分身たち(彼女たちはもっともっとかわいいけど)が、
そこにいるような錯覚!?!?

撮影の合間にうろうろしてたら、
一瞬、心が迷子になってしまいました〜〜
c0113755_17454831.jpg
もうすぐなくなってしまうと聞いたら
思わず、写真、撮りたくなっちゃいますよねぇ、、、
c0113755_17460203.jpg
c0113755_17460618.jpg
もう少しいたら、
平成に戻れなくなりそうな!?

危機感さえ覚えながら、、、
c0113755_17455300.jpg
撮影場所は思いっきり昭和ですが、
新・チロリンのPVは
平成150%で完成するはずなので、お楽しみに〜〜〜





[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-06-19 17:59 | Trackback | Comments(0)

赤くて白くておいしいもの!?

おいしい贈りもの、大歓迎
うれしい贈りもの、大喜び

それがダブルでやってきたので
うれしくて、おいしくて

いっしょに、記念写真を撮りました
c0113755_17485883.jpg
山形にお嫁に行った友だちからのサクランボは
紅文

遅れてごめん、なんて気にしません!の紅白リネンは
バースデープレゼントにいただきました

私の大好き!を知っている人だから選んでくれた!?
贈りもの、だから

なにより、その気持ちがうれしくて、
今井美樹ちゃんの新曲を、思わず口ずさんでいます

♫ いつもと変わらない今日だって、明日へのたいせつなメモリー♫
♫ step by step かなえよう、夢のカケラ ♫
♫ 毎日が、そう、anniversary ♫


[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-06-14 17:58 | Trackback | Comments(0)

梅雨の花たち

大雨の地方に住む友だちが心配ですが
梅雨入りをした東京には、晴れ間の日もある6月です

道端に咲く花たちは、この雨の季節を喜んでいるようで、、、
それぞれの美しさにウットリする、寄り道の日々
c0113755_00561940.jpg
晴れた日は、
紫陽花の花が、眩しそうな表情をしています
c0113755_00561587.jpg
塀から飛び出して咲くユリを見ていると
「花泥棒は、罪にならない」と言った人を思い出します
(もちろん、いたしませんが、、、汗)
c0113755_00583487.jpg
この花の下を歩く時は、
花粉や樹液を浴びないように気をつけて、とも言われています!?
c0113755_00562527.jpg
夜になっても、
白い花は妖しい香りで、こっちへおいで、と、手招きをします
c0113755_01034519.jpg
そして、
この季節の宝ものは、我が家のサボテン

一日花の儚さが、
命の強さを感じさせてくれる、6月です










[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-06-13 01:07 | Trackback | Comments(0)

はじめての、弓矢

晴れの日も、雨の日も、
弓道場での修練は続いています

的に向かって弓を引くまでに
まだまだ、まだまだ、体と心で覚えることがたくさんありますが
c0113755_22400282.jpg
自分の弓矢を用意しておくように
先生に言われまして、6本ひと組の矢を、用意しました

弓具店で、初心者にふさわしいものを教えていただき、
シンプルな赤と白のデザインを選びながら
c0113755_22512925.jpg
この矢羽根と、私の首からかけている
GORO'Sのフェザーがつながる瞬間がありました

「ようこちゃんがこのフェザーをつけて旅をするとき、
ぼくの魂も一緒に旅をするんだよ」と、話してくれた

GOROさんの声も聞こえたようで、
背中を優しく押されたような気がしたのでした
c0113755_22422932.jpg
さらに、
弓に張る、弦も自分のものを用意

富士山のマークと、千本弦というネーミング
「強力無比」という商品コピーが、とっても頼もしく

この名前やコピーに恥ずかしくないような
「まっすぐな」使い方をしなくては、と

気持ちが引きしまり、背筋が伸びる
初夏の日々、でございます

まっすぐに、届くって、
言葉もですが、弓矢も、とってもむずかしいのです------

フレーフレー、わ・た・し
です(苦笑)



[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-06-06 23:08 | Trackback | Comments(0)

お金じゃ買えない

近所の自動販売機の裏側に見つけた
グラフィティに、太郎が驚いて写真を撮りました
c0113755_16040476.jpg
c0113755_15512820.jpg
「愛はお金じゃ買えない、って歌にしびれて青春してきた世代には
これ、かなりショック、、、、なんか、さびしい時代だよなぁ、、」と

この落書きを見るたびに話している、
今日この頃です

money is your god:お金が神さま世代も
お金じゃ買えない
友だちや、家族や、たいせつなひとのLOVEを知っていると思うけれど
c0113755_16001151.jpg
くまモンシール付き!?のスイカは
まさに
私がインディアンだと思い込んだことから始まった
熊本の、友だちからの贈りもの!!

昨年いただいたときに、スイカジュースにしたら絶品!だったので
今年もジュースになっちゃう!? 運命でしょう(笑)
☆★☆★☆
お金がないと買えないものもありますが
お金じゃ買えないものが同じくらいあることを

落書きしたひとと遭遇したら!?
話してみたいなぁ、、、なんて、ふと、思う夏日の午後です





[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-05-28 16:18 | Trackback | Comments(0)

5月26日。原宿デートのお誘い

原宿の美容室、SOZOからお声がけいただき
4月から真鍋太郎の作品とグッズを展示しています

渋谷区 神宮前 4-25-1-B1F 03-3478-8691
c0113755_01541646.jpg
美容室なので、
個展のようにみなさんにお知らせをすることをひかえていたら

お店が休みの火曜日を、解放してくださることになりました

突然ですが、
本日、5月26日、火曜日の13時から20時頃まで
原宿デートのお誘いです

バリスタ仙人が淹れてくれるおいしいコーヒー、
サンデーベイクショップのお菓子、

アンジェロが選んでくれた赤ワイン、
ルヴァンの天然酵母パンで、
ささやかなおもてなしいたします

お時間見つかったら、遊びにいらしてくださいませ
c0113755_01534791.jpg
突然過ぎて無理だなぁ、、という方は、
6月1日まで展示は続くので、寄り道してみてください

どうぞよろしくお願いします






[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-05-26 02:05 | Trackback | Comments(0)

5月の光と風の中へ

神宮の夏 百年の 心呼吸
ようかん
c0113755_14283056.jpg
明治神宮の森を歩くことが多い日々

空模様が変わると風が変わり
光が変わることに敏感になります
c0113755_14283724.jpg
めざす場所はあるのに、
ついつい、立ち止まってしまうのは、仕方ありません
c0113755_14284021.jpg
空が青くて高い日は
水に映る木々もゆったりと風を呼吸しているように見えてきます
c0113755_14320936.jpg
目を移すと、
新宿のビルまで一本の大樹のように、溶けこんだ光景
c0113755_14284387.jpg
足元のシロツメクサは
寄り道の誘惑エネルギー満開ですが、、、、

ここでも少し立ち止まり、
ホッとして心をほどいたら、また歩き出して

めざす場所に向かいます

神宮の夏 百年の 深呼吸
ようかん




[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-05-22 14:37 | Trackback | Comments(0)

ハッケヨイ、太った?!!

相撲女子の友だちの影響で、
20年ぶり?くらいの、両国、国技館へ

相撲女子は早い時間に行くというので
もう一人の両国初心者を、通り道の江戸博物館にご案内

まずはめでたいお飾りに、
太郎が力をいただいている間に、
c0113755_04142233.jpg
長明寺の桜餅や、言問団子の甘味いろいろを
思わず、買ってしまった、私です(苦笑)
c0113755_04155134.jpg
お席に着いたら、お弁当、お茶
c0113755_04165882.jpg
c0113755_04170084.jpg
そして、崎陽軒のシウマイやそら豆やいろいろいろ〜〜〜
c0113755_04170362.jpg
さすがに全部は食べられませんが、
横綱サイズ??の多様なメニューとボリュームにあらためて、ビックリ!です

今回は、テレビでは映してくれない
懸賞の実態を検証する目的もあったのですが
c0113755_04182737.jpg
やっぱり定番!

味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、
梅茶漬けの永谷園、鮭茶漬けの永谷園、たらこ茶漬けの永谷園、など

きっと、コピーライターが考えている?フレーズが読み上げられて
c0113755_04183257.jpg
高須クリニックは
イエス!イエス!高須クリニックが、3回連呼されるのを聞きながら

一本の懸賞に
メディアの基本の力を痛感したのでした
c0113755_04242202.jpg
白鳳が不戦勝だったので
姿を見たのは横綱土俵入りのみ、という残念な中日でしたが
c0113755_04253958.jpg
弓道場に通い始めた私には
何よりも弓取り式が美しくて、うっとり〜〜〜でした
c0113755_04381813.jpg
おみやげの袋には、
これでもか!?という量の食品三昧!
c0113755_04391402.jpg
すべてのデザインが
土俵とまわしと軍配、という基本アイテムで構成されていて

あっぱれ!お見事!なのでした

当然ながら、全部を食べたら相撲体型になっちゃうよ〜〜
ハッケヨイじゃなくて、ハッケヨクナイ、ヨクナイよ〜〜

ということで、今週お会いできる方々に
少しずつ、大相撲おみやげをシェアさせてくださいませ(笑)

どうぞよろしく、お願いいたします








[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-05-18 04:51 | Trackback | Comments(0)

ヨーダ、のような師匠に会いました

明治神宮が100年前は荒れ地だったこと、
100年後を想像して、森づくりが成されたこと

その90%は立ち入ることができない聖地のような森であることを、
テレビ番組で知りました

私の弓の道場は、その森の中に在り、
8時までの錬成が終わって参道口まで歩く道は、真っ暗です
c0113755_01200310.jpg
4月から始まった錬成(お稽古のこと)は、
作法と射法を厳しく教えていただく日々

超初心者の私にはもったいないほど、先生方は気品に満ちあふれていて
毎回、学ぶことがいっぱいあり、ほんとうに!! 新鮮な時間です

先日、初めて教えていただく機会を得た先生は、
弓を持つ手の内の、
一番たいせつな天文線をボールペンで書いてくださいました

先生は粋で凛々しい、江戸が香る男性ですが
やわらかな物腰と、厳しい眼差しの近くに居ると

会ったことはないけれど、
スターウォーズのマスター、ヨーダのようなオーラを感じてしまい、リスペクト!!!

手を洗う前に、シルシを上から濃くなぞり、決して忘れないように
自分の指針にしようと誓ったのでした〜〜
c0113755_01200695.jpg
その後、真鍋太郎のデザイン師匠、
長友啓典さんの「てと手」展を見に行ったのですが
c0113755_01200972.jpg
作品を見ていると、
弓の「手の内」を思い出してしまうのでした(苦笑)

*****
“ HAPPINESS IS A JOURNEY, NOT A DESTINATION. ”
*****
この言葉が
マスターと出会う前とは異なる深さで心に響くのは

やはり、師匠が
ヨーダクラスのスーパーマスターだから、だと思う、今です









[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-05-15 02:04 | Trackback | Comments(0)

ターコイズ、大好き

アメリカのネイティブなカルチャーに興味を持ったのは
彼らが作るターコイズのジュエリーに心を奪われてから、でした
c0113755_02140354.jpg
このブレスレットは、アリゾナを旅したときに出会いましたが
自分にぴったりくる石は、確かにパワーを与えてくれることを実感

ターコイズは、12月の誕生石ですが
私の生まれた3月の誕生石でもある、サンゴとの組合せで
魔よけのパワーを持つと聞いて、「大好き!」な気持ちは深まっています

ターコイズには天の神々が宿っていると考えた太古の人々にとって
血をイメージさせるサンゴとの組合せが力を増殖させて

危険や邪悪なエネルギーから守り、勇気を与え、
しあわせをもたらすと語り継がれていることに、不思議はありません
c0113755_02140139.jpg
友だちが
「選んで」と言ってプレゼントしてくれた石の2つは、

新しい力を与えてくれる気がして、
ドキドキ

新しい1週間が、
新しいしあわせを感じる日々でありますように

ターコイズを抱きしめて
空と大地の間の、PEACEを祈ります






[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-05-11 02:40 | Trackback | Comments(0)

山は、笑っています

海抜1200mの山の中では、
東京より1ヶ月、季節が遅れてめぐります
c0113755_16483353.jpg
カサコソと葉っぱが音を立てる入口で
太郎の作ったカチーナみたいなオブジェに、HELLO!!

山の小屋を開けたら、
山の友だちが遊びに来てくれました
c0113755_16481150.jpg
足元が少し弱っていますが、
山のお母さんたちに愛されているから、毛並みも白くてキレイキレイ!

笑顔で
再会を喜んでいるように見えました
c0113755_16482693.jpg
ニンジンとリンゴのスロージュースで
いつもと変わらない朝を迎えて
c0113755_17021051.jpg
草や花、木々にも、HELLO!!!
声をかけながらお散歩したり、ゴロゴロしたり
c0113755_16485958.jpg
大地が描く
正五角形の美しさに、思わずうっとり!!!

地面から50cmくらいの高さに伸びる
緑の葉に顔を埋めて

今年も
山の時間を大切にしたいと思いました





[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-05-06 17:03 | Trackback | Comments(0)

すこしずつ、ゆっくりでいいんです

5月がはじまる日、
生まれて初めて、弓道具のお店に行きました
c0113755_00184820.jpg
どれほど修練を重ねても
私が手にすることはないだろう、竹の弓を見上げて、うっとり
c0113755_00362826.jpg
弓道場では、最も新人の私ですが、
センパイを見ていて思うのは

的に向かう
心持ちの平静さが大切だということ

竹の弓や矢をまっすぐに射る美しさは
何千、何万回の修練の上に得られる、ということ
c0113755_00435914.jpg
1ヶ月が過ぎた今、
私の修練は、巻藁(まきわら)に向かう日々

8つの動きを体で覚えるために
繰り返し繰り返し、繰り返していますが

自分の型ができていない今は、
毎回毎回、矢の道は迷走を続けていて、トホホホホ

「ゆっくりでいいんですよ」と、
先生が手を取って教えてくださるときに

「はい」「はい」と元気よくお返事をしていたら、
返事は無用とのこと(汗〜〜)

弓の動きには呼吸が大切だから、
返事をすると、呼吸が乱れるから、と聞いて納得しながら

「はい」「はい」「はい」と、心の中でうなずいて、
教えていただける瞬間に、感謝いっぱい
c0113755_00562127.jpg
厳しいけれど、新鮮な修練の日々の合間には
ちゃあんと甘いお菓子もいただいたりしながら、、、、、

まだまだ、まだまだ、
弓の道をゆっくりと、少しずつ、歩いていこうと思います







[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-05-02 01:03 | Trackback | Comments(0)

楽しい風が、吹きますように

仕事で、ひとり訪れた松山は、
真鍋太郎が少年時代を過ごした街でもあるので

話しに聞いていたお店や神社、お寺でのお墓参りもして
なんとなく、心がおだやかになりました
c0113755_18152044.jpg
坊っちゃん団子の箸置き
c0113755_18152874.jpg
旅館のロビーに展示されたプレート
c0113755_18152556.jpg
商店街に並べられた、多様なみかん模様
c0113755_18153126.jpg
そして、
大好きな大好きな、五色のおはぎを食べたりしながら

道後温泉の本湯で、地元のおばあちゃんとお話ししていたら

自然に、気持ちが丸くなっていました
(丸いモノばかり見たり、食べたりしていたせい!?笑)
c0113755_18203626.jpg
正岡子規 博物館では
子規が、漱石や伊藤左千夫、長塚節などの

文人たちと、句を作り
短歌を作り、集った部屋が再現されていて
c0113755_18203811.jpg
一生に2万数千句も創作した子規について学び、
そのタタミの部屋に座ってしまうと

言葉の道の激しさと楽しさが
ジンジンと伝わってきて、静かに興奮〜〜
c0113755_18245607.jpg
言葉の道の先に
明るくて楽しい風が吹いているように

日々をていねいに、おだやかに、ゆっくりと
生きたいと思ったりしたのでした

『楽は、黙々の中に在り」
正岡 子規




[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-04-26 18:31 | Trackback | Comments(0)

心はどこまで伝わるのだろう?

言わなくてもよいことを言ってしまって反省し、
自分で自分を許せなくなっている、夜ーーーーー
c0113755_01395640.jpg
太郎が見せてくれた
デニムプリントのインディアンの横顔を見ていたら

自分を責めるのじゃなくて、他にできることがあるだろうと、
言われている気がしてきました
c0113755_01451608.jpg
落ちてしまった花びらを、花に戻すことができないように、
時を巻き戻すことはできないので、

できるだけの心を尽くして
心を伝えられたら、よいのですが、、、、、

c0113755_01522253.jpg
あした、てんきに、なりますように



[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-04-22 01:58 | Trackback | Comments(0)

答えは、体が知っている

もともとアメリカ大陸に住んでいた人々は
弓を使う猟をしていたけれど、本当に必要な分しか獲りませんでした

彼らの暮らしをさまざまなシーンで支えていた動物、
バッファローが絶滅危惧種になったのは

他の大陸からやってきて、
彼らを「インディアン」と呼んだ人たちだったことを

こんな絵を見ながら、思ったりしています
c0113755_00300501.jpg
そして、同時に、この絵のように、
馬に乗って弓を射ることが、どれほどスゴイことか!_?

道場に通い始めた今、いたいほど、わかったりもするのです
そして、
c0113755_00172809.jpg
雨にも負ケズ、
道場に向かう道で、鳥居をくぐったら

できるだけ仕事や日常を忘れて、
何も考えないように歩いているつもりなのですが、、、
c0113755_00173016.jpg
鳥居の先で、
こんな凛とした言葉と向き合ってしまうと

まだまだ覚悟が足りない自分を思い知って、トホホ
だったりもしております
c0113755_00173713.jpg
けれど、
雨が上がって青空を見上げる日には

迷っているより、修練を続け、形を体にたたきこみ、
それが自然な動きになったときに

細くても、なにかしらの道が見えてくるのかも?
なんて、思ってみたりもするのでした

「修練日記:1回〜7回)」
修練はご挨拶からはじまり、
弓を持って道場内をひたすら歩く日々から

弓を持たずに、
8つの連続した動きを覚える日々を経て

弓を持って、8つの動きができたときは嬉しかったのですが、
いざ!!矢を持つ段階に進んだ途端、

あまりに勝手が違いすぎて、立ち止まり〜〜〜〜
これも、すべて

体が形を覚えていないから起きることだと思い知って
激しく落ちこみながらも、

心と体のバランスの大切さを
痛感している日々、でもあるのでございます、、、、

弓の道 入口に立ち 春おぼろ
ようかん

誰かに言われたわけでもなく、自分で始めたことですから、ね〜〜
ゆっくりと、がんばることにいたします(苦笑)









[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-04-17 01:29 | Trackback | Comments(0)

明るく生きる

東京に暮らしていたときの母が
目黒不動に、毎月のようにお詣りしていたことを思い出して

そのすぐ近くに在るお寺に誘い、
尊敬する師のお墓にお詣りした記念に、シャッターを押したら
c0113755_00040460.jpg
「苦しさに負けず いつも心明るく 最善を尽くす」
今まで気づかなかった、言葉と出会いました

後ろの黒板には、ダライラマ法王の
「よい執着は持っていい、生きる楽しみ、支えになるなら」

浄土真宗僧侶の
「執着しなければ、悩みは残る。ただし、前進している事が前提」

そんな言葉を読みながら
私の未来に立っている母が、明るく生きることを祈りました
c0113755_00042769.jpg
ランチに食べた花ズッキーニが、うまれて初めて!だったらしく
「初ものを食べたら3年長生きするのよ〜〜」なんて笑う母と

これからの3年、春になったら
花ズッキーニのフライを一緒に食べられるように、私もがんばろうっ!と

明るく生きることを心に誓う、娘の1日、なのでした(笑)

ランチとカフェを母につき合ってくれた
中学校からの友だち2人にも、感謝いっぱい〜〜

大地震があるという予言に心がざわついて、
41階のレストラン予約をキャンセルしたのですが、、、、

異変がなくて安心〜〜〜〜
おだやかな日が続く1週間でありますように










[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-04-13 01:07 | Trackback | Comments(0)

散歩のごほうび

バスに乗っても電車に乗っても、歩いても時間が変わらないときは
大雨でない限り、歩くのが大好きです
c0113755_00482643.jpg
椿の花に誘われて、
長い長い階段を昇ってみたり
c0113755_00513039.jpg
時間に余裕があるときは、
こんなところに?!?と、道端の花を見つけて驚きの声を上げたり
c0113755_00441812.jpg
足元に咲く小さな花たちの、それはもう!色とりどりに
野生の強さと、けなげさを感じることも、散歩の楽しさです
c0113755_00442424.jpg
そして、公園近くでは、
アメリカうまれのバンダナが、花咲いたようなお店にも遭遇したり
c0113755_00442835.jpg
時には、アリスのワンダーランドに
「遊びましょ」と誘われたりもするのですが、、、

今日は先を急ぐので、あきらめました〜〜〜涙
c0113755_01040128.jpg
少しずつ違う季節や街の変化を楽しめるのが、
散歩の小さなしあわせ、かもしれませんね〜〜




[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-04-09 01:17 | Trackback | Comments(0)

入門しました

4月1日、新学期がはじまる日
桜の花の道を歩いて、新しい世界に入門しました

子どもたちの入学式や入社式のように
立派な写真はありませんが、志を持って、道場へ
c0113755_14461335.jpg
ご挨拶の作法から教えていただき、
それだけを繰り返して練習、、、いえ、この世界は修練、というのだそうです

ご挨拶の所作のひとつ1つに意味があるのですが、
これが、なかなか、マジで、できません、、、、、

それらの動きが滞ることなく、流れるようにできるまで
実際の修練はできませんが、なんだか、くじけていない私がいるのでした
c0113755_14461858.jpg
大人になって新しいことをはじめると
昨日までできなかったことが、今日はできるようになる喜びがありますが

できるようになるまでに、おそらくは1年以上かかるのでは?
と思われます、、、、

細かなルールは言葉ではなく、見て覚えなさい、
という空気がありまして、、、、(ピシッ!!)

道場ではおしゃべりすることもなく、センパイに厳しく苦言を呈されながらも
1番新入りの立場をわきまえて、礼を尽くしつつ、お稽古する所存です、、、、
*****
こんな姿になれるのは、夢の夢の夢、来世になるかも?!しれません、
ふぅぅぅぅぅ〜〜
↓↓↓↓↓
c0113755_14374574.jpg
ブログに書いちゃうと、途中でやめられなくなるから
書いておくことにしました@苦汗



[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-04-03 15:03 | Trackback | Comments(1)

新しい春

毎年、三月終わりから咲き始める桜が
四月になって咲き誇ると、どことなく気持ちが華やぐ気がしませんか

その季節に誕生日を迎える幸運を、
今年も抱きしめて歩いている、四月一日
c0113755_16530932.jpg
少し雨が落ちてきた桜道で
お花見の計画変更を検討している人もいそうですが
c0113755_16560338.jpg
室内で花を愛でながら
おいしい時間を過ごすのも楽しいですし、
c0113755_22551957.jpg
雨が枝を揺らして、花びらを落としたら
川面が淡く色染まって揺れる景色を楽しめそうです

桜は、
花が咲いて初めて存在を知らされる木ですが

今年もきれいに咲いてくれたことに、
感謝いっぱい♡♡

咲いている時間が短いからこそ、
その美しさと潔さに、心がキュッと引きしまる気もします

思いがけない場所で出会う桜の木を見上げながら
おだやかな春を、ゆるやかに楽しみたいと思いま〜〜す






[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-04-01 17:07 | Trackback | Comments(0)

桜が連れてきた、80年代の時間

写真家 坂野 豊さんの初個展に出かけたら、
三分から五分先の桜に誘われた人たちが

中目黒ギャラリー前の、川沿いの道にあふれていました
c0113755_03374506.jpg
桜に誘われたのは、私たちだけでなく

ギャラリーでは、
写真に刻まれた時の流れが
ゆっくりと、よみがえっていました
c0113755_03541495.jpg
バスキアは
少年のように手を振りながら、そこに立ち
c0113755_03495865.jpg
正面の視線をそらした
清志郎さんの歌も、どこからか聞こえてきそう〜〜〜
c0113755_03552243.jpg
そして、坂野家で見ていたポラロイド写真は
それぞれの時間がおしゃべりをしているようでした

1980年代、1990年代の時間がよみがえる中、
一緒に仕事していたひとたちとの再会もあり

桜の夜はゆっくりと
静かに熱く更けていったのでした

坂野豊 写真展
MOMENT @中目黒ギャラリー
4月15日まで







[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-03-28 04:12 | Trackback | Comments(0)

いつも、そこに、いてね

子どもの頃に
外階段を昇ったことがあった、気がします(笑)

今は、おとなが危ないと言って、許してもらえないでしょうが、
友だちと何階分かの階段を昇ったのは、
死語かもしれないけれど、おてんば少女の証明、です(苦笑)
c0113755_01351688.jpg
他の街、他の国から帰ってきたとき
東京タワーを見ると、帰ってきたと実感するのは

東京暮らしが長い人なら
誰でも経験があることだと思います
そして
ときどき、このタワーの下まで行って
c0113755_01351307.jpg
見上げてみたくなる衝動に駆られることはありませんか?
私はね、、、あるんです

特に、春が近づいて、花が咲き始めると
芝公園は遠回りしても走りたい、ドライブコース

駐車場に駐めて、真下から見られないときは
道路から見上げることもありますが

そんなとき、思うのは
街が変わっても、変わらないで居てくれることのすばらしさ

いつも、小さな声で
大好き、ありがとう、ってささやいてから
その場を離れる、私です

南の方から開花宣言が聞こえてきて
東京でも、桜が咲き始めますが

咲いてみるまで気づかないことさえある、
桜の木の存在に

今年も、そこにいてくれて、
ありがとう、って思う、3月です





[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-03-24 02:01 | Trackback | Comments(0)

彼岸桜の木の下で

花曇りの夜、旅から戻った友だちとお蕎麦屋で会い、
タラの芽、そら豆、ふきのとう----春のいのちをいただきました
c0113755_01465597.jpg
会わない間に、お互いに起きた、たくさんの「大変」を話しながら、
「元気が1番だね、ハッピーだね」と心のハグを続けながら

気づいたら、3月も21日-----
春分の日、お彼岸の中日であることに、気づいた夜
c0113755_01523981.jpg
そういえば、同じ曇った数日前の午後に、
彼岸桜がハラハラと、花びらを散らしていたことを思い出しました

彼岸は、
悟りの境地に達した世界だと言いますが

春分の日のお墓参りは、
自然を讃えながら、生物のいのちを慈しむ想いのあらわれ、とも言われます

父を浄土に見送った5年前に、極楽浄土(彼岸)は
お彼岸の時期に真西に沈む、夕陽の向こうにあると教えてもらいました
c0113755_01584363.jpg
お彼岸の終わる頃には、
葉っぱだけになってしまう木を見上げながら、

夕陽の向こうに棲む人々の魂が、彼岸桜のほのかなピンクで
あわく、やさしく、つつまれていますように

夕陽を見たら、
手を合わせてしまいたくなりそうです、合掌




[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-03-21 02:08 | Trackback | Comments(0)

花の春、やさしさの春

梅が満開になると、桜はまだか?と
春を待つ気持ちが強くなってくるものですが

三月のやさしい夜、
八月の終わりの解体が決まって残念な、、ホテルオークラへ

友だち家族と出かけたら
そこは、

天井の低さが妙に落ち着く美モダンの空間は
春の「花の園」でした
c0113755_01433374.jpg
本館のロビーには、
レンギョウの花が、光り輝くように活けてあり

階段脇の小さなコーナーには、
はかなげな、かすみ草
c0113755_01431908.jpg
カフェ「カメリア」の入口には、
白い椿の、花びらがこぼれそうに咲いています
c0113755_01431326.jpg
エレベーターホールには、
枝を優河に伸ばした、すももの花が、ほのかに香り
c0113755_01413210.jpg
本館と別館をつなぐ通路は
あざやかな、花道、のような印象です
c0113755_01551419.jpg
テラスレストランの木々は
緑の芝生をやわらかいイルミネーションの花でつつみ、
c0113755_01432370.jpg
テーブルの上に活けられた白いバラは
手のひらにおさまる、可憐なサイズでした
c0113755_01432777.jpg
そして、大学合格をお祝いをして
ごはんとコーヒーを一緒した少年から

少し早い(笑)バースデープレゼントでもらった
白いチューリップは、
c0113755_01412977.jpg
我が家に活けてあったチューリップと出会って、
しあわせな、紅白の春、になったのでした〜〜〜



[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-03-16 02:16 | Trackback | Comments(0)

日常を、抱きしめたい

その日、その時、何をしていた?
そんな会話が、しばらく続いたことを思い出した3月11日
***
その日の私は、車で出かける予定だった
映画「ライフ いのちをつなぐ物語」の初号試写が中止になりました
c0113755_00133339.jpg
大きな自然の中で生きる多様ないのちについての伝え方は、
震災が起きる前に考えていたことからシフトしなくてはならず、

『いのち 100%』を基本にしながら
チームで話し合いを続けたことを、今もリアルに覚えています
c0113755_23594855.jpg
保護犬の活動をしている友だちが保護したチャコは
飯舘村からやってきた当初、とまどいもあったようですが

今は、彼女の愛につつまれて
ほんとうに元気な毎日を送っています
c0113755_23584899.jpg
4年目の私のその日は、その時間に黙祷を捧げてから
明治神宮の至誠館で、静の中にある動の世界を見学

外に向かう叫びを、
内側に見つめる人々を無言で見ながら

おだやかな時間の中に居られる日々への感謝を
抱きしめていました
合掌 拝




[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-03-12 00:29 | Trackback | Comments(0)

神さまは空の近くに

銀座のローズベーカリーに初めて誘った友人が、
エレベーターで

「屋上に神社がある!」って発見しなかったら
食いしん坊な私は、ローズベーカリーにまっしぐら、、、でした(笑
c0113755_01212404.jpg
春がはじまる日、
自分の未来について話す甥っ子と一緒に行ってみたら

やわらかい光の中で、
紅梅の木が色づいていました

手を合わせて、二礼二拝
私も甥っ子も、明るい春を祈りました

銀座の真ん中のビルの8階にあたる屋上の、三輪神社で
神さまに語りかけると

空に近い分、神さまに近い気がしたのは
私だけではなかったはずです〜〜
c0113755_01235051.jpg
銀座の会社に憧れながら、門を閉ざされた
自分の20代を思い出しながら

それでも、大好き!と思い続けていたら
閉じていた門を開けてくれた会社の近くで

甥っ子に
思い続けていたら、想いは形になる

なんて、
ちょっとオトナの風を吹かせた、春の叔母です(苦笑)




[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-03-05 01:33 | Trackback | Comments(0)

弓道場で、初観戦

3月が始まる朝、
明治神宮の至誠館で、弓道の試合を観戦しました
c0113755_14374574.jpg
初めて見る弓道は、清々しくて無駄がなく
道場に入るときからはじまる、すべての所作の凛々しさに、
言葉を失いましたが
c0113755_14373836.jpg
「洗心」と書かれた
幕の下にある的をめがけて放たれる4本の矢が

すべて命中した場合だけ拍手が起こる他は、
ずっと無音、無言です
c0113755_14374223.jpg
雨と風の冷たさにくじけてしまい、立ち去りましたが
弓道って、究道なのですねぇ、、、なんて思いながら

日常とはかけ離れた世界で
無心になって遠くの的に心を集める時空間に

すっかり魅せられてしまった、
春の朝です




[PR]
# by tokyoyokan1212 | 2015-03-01 14:57 | Trackback | Comments(0)