光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

神サマがやってきた!
at 2017-09-23 22:39
いくつになっても「人生はじめ..
at 2017-09-19 01:26
上野の森に、nukumoriの風
at 2017-09-11 00:31
さよなら@サマー
at 2017-09-01 02:03
嵐のち、夏の果実
at 2017-08-23 02:05
祈りの場
at 2017-08-15 00:53
夏の、地球で、心呼吸
at 2017-08-08 02:07
オキーフは、笑わない!?
at 2017-07-29 17:19
太郎と、TARO
at 2017-07-26 12:40
空に居るひと
at 2017-07-20 00:27
森の風、カラスの道
at 2017-07-09 01:38
事件と、至福
at 2017-06-29 12:11
手が作るもの、手が伝えること
at 2017-06-18 23:55
空に向かう日々
at 2017-06-11 23:50
時を旅したジーンズ
at 2017-06-04 00:21
手を伸ばせば、緑の時間
at 2017-05-29 23:43
初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

楽しい風が、吹きますように

仕事で、ひとり訪れた松山は、
真鍋太郎が少年時代を過ごした街でもあるので

話しに聞いていたお店や神社、お寺でのお墓参りもして
なんとなく、心がおだやかになりました
c0113755_18152044.jpg
坊っちゃん団子の箸置き
c0113755_18152874.jpg
旅館のロビーに展示されたプレート
c0113755_18152556.jpg
商店街に並べられた、多様なみかん模様
c0113755_18153126.jpg
そして、
大好きな大好きな、五色のおはぎを食べたりしながら

道後温泉の本湯で、地元のおばあちゃんとお話ししていたら

自然に、気持ちが丸くなっていました
(丸いモノばかり見たり、食べたりしていたせい!?笑)
c0113755_18203626.jpg
正岡子規 博物館では
子規が、漱石や伊藤左千夫、長塚節などの

文人たちと、句を作り
短歌を作り、集った部屋が再現されていて
c0113755_18203811.jpg
一生に2万数千句も創作した子規について学び、
そのタタミの部屋に座ってしまうと

言葉の道の激しさと楽しさが
ジンジンと伝わってきて、静かに興奮〜〜
c0113755_18245607.jpg
言葉の道の先に
明るくて楽しい風が吹いているように

日々をていねいに、おだやかに、ゆっくりと
生きたいと思ったりしたのでした

『楽は、黙々の中に在り」
正岡 子規




[PR]
by tokyoyokan1212 | 2015-04-26 18:31 | Trackback | Comments(0)

心はどこまで伝わるのだろう?

言わなくてもよいことを言ってしまって反省し、
自分で自分を許せなくなっている、夜ーーーーー
c0113755_01395640.jpg
太郎が見せてくれた
デニムプリントのインディアンの横顔を見ていたら

自分を責めるのじゃなくて、他にできることがあるだろうと、
言われている気がしてきました
c0113755_01451608.jpg
落ちてしまった花びらを、花に戻すことができないように、
時を巻き戻すことはできないので、

できるだけの心を尽くして
心を伝えられたら、よいのですが、、、、、

c0113755_01522253.jpg
あした、てんきに、なりますように



[PR]
by tokyoyokan1212 | 2015-04-22 01:58 | Trackback | Comments(0)

答えは、体が知っている

もともとアメリカ大陸に住んでいた人々は
弓を使う猟をしていたけれど、本当に必要な分しか獲りませんでした

彼らの暮らしをさまざまなシーンで支えていた動物、
バッファローが絶滅危惧種になったのは

他の大陸からやってきて、
彼らを「インディアン」と呼んだ人たちだったことを

こんな絵を見ながら、思ったりしています
c0113755_00300501.jpg
そして、同時に、この絵のように、
馬に乗って弓を射ることが、どれほどスゴイことか!_?

道場に通い始めた今、いたいほど、わかったりもするのです
そして、
c0113755_00172809.jpg
雨にも負ケズ、
道場に向かう道で、鳥居をくぐったら

できるだけ仕事や日常を忘れて、
何も考えないように歩いているつもりなのですが、、、
c0113755_00173016.jpg
鳥居の先で、
こんな凛とした言葉と向き合ってしまうと

まだまだ覚悟が足りない自分を思い知って、トホホ
だったりもしております
c0113755_00173713.jpg
けれど、
雨が上がって青空を見上げる日には

迷っているより、修練を続け、形を体にたたきこみ、
それが自然な動きになったときに

細くても、なにかしらの道が見えてくるのかも?
なんて、思ってみたりもするのでした

「修練日記:1回〜7回)」
修練はご挨拶からはじまり、
弓を持って道場内をひたすら歩く日々から

弓を持たずに、
8つの連続した動きを覚える日々を経て

弓を持って、8つの動きができたときは嬉しかったのですが、
いざ!!矢を持つ段階に進んだ途端、

あまりに勝手が違いすぎて、立ち止まり〜〜〜〜
これも、すべて

体が形を覚えていないから起きることだと思い知って
激しく落ちこみながらも、

心と体のバランスの大切さを
痛感している日々、でもあるのでございます、、、、

弓の道 入口に立ち 春おぼろ
ようかん

誰かに言われたわけでもなく、自分で始めたことですから、ね〜〜
ゆっくりと、がんばることにいたします(苦笑)









[PR]
by tokyoyokan1212 | 2015-04-17 01:29 | Trackback | Comments(0)

明るく生きる

東京に暮らしていたときの母が
目黒不動に、毎月のようにお詣りしていたことを思い出して

そのすぐ近くに在るお寺に誘い、
尊敬する師のお墓にお詣りした記念に、シャッターを押したら
c0113755_00040460.jpg
「苦しさに負けず いつも心明るく 最善を尽くす」
今まで気づかなかった、言葉と出会いました

後ろの黒板には、ダライラマ法王の
「よい執着は持っていい、生きる楽しみ、支えになるなら」

浄土真宗僧侶の
「執着しなければ、悩みは残る。ただし、前進している事が前提」

そんな言葉を読みながら
私の未来に立っている母が、明るく生きることを祈りました
c0113755_00042769.jpg
ランチに食べた花ズッキーニが、うまれて初めて!だったらしく
「初ものを食べたら3年長生きするのよ〜〜」なんて笑う母と

これからの3年、春になったら
花ズッキーニのフライを一緒に食べられるように、私もがんばろうっ!と

明るく生きることを心に誓う、娘の1日、なのでした(笑)

ランチとカフェを母につき合ってくれた
中学校からの友だち2人にも、感謝いっぱい〜〜

大地震があるという予言に心がざわついて、
41階のレストラン予約をキャンセルしたのですが、、、、

異変がなくて安心〜〜〜〜
おだやかな日が続く1週間でありますように










[PR]
by tokyoyokan1212 | 2015-04-13 01:07 | Trackback | Comments(0)

散歩のごほうび

バスに乗っても電車に乗っても、歩いても時間が変わらないときは
大雨でない限り、歩くのが大好きです
c0113755_00482643.jpg
椿の花に誘われて、
長い長い階段を昇ってみたり
c0113755_00513039.jpg
時間に余裕があるときは、
こんなところに?!?と、道端の花を見つけて驚きの声を上げたり
c0113755_00441812.jpg
足元に咲く小さな花たちの、それはもう!色とりどりに
野生の強さと、けなげさを感じることも、散歩の楽しさです
c0113755_00442424.jpg
そして、公園近くでは、
アメリカうまれのバンダナが、花咲いたようなお店にも遭遇したり
c0113755_00442835.jpg
時には、アリスのワンダーランドに
「遊びましょ」と誘われたりもするのですが、、、

今日は先を急ぐので、あきらめました〜〜〜涙
c0113755_01040128.jpg
少しずつ違う季節や街の変化を楽しめるのが、
散歩の小さなしあわせ、かもしれませんね〜〜




[PR]
by tokyoyokan1212 | 2015-04-09 01:17 | Trackback | Comments(0)

入門しました

4月1日、新学期がはじまる日
桜の花の道を歩いて、新しい世界に入門しました

子どもたちの入学式や入社式のように
立派な写真はありませんが、志を持って、道場へ
c0113755_14461335.jpg
ご挨拶の作法から教えていただき、
それだけを繰り返して練習、、、いえ、この世界は修練、というのだそうです

ご挨拶の所作のひとつ1つに意味があるのですが、
これが、なかなか、マジで、できません、、、、、

それらの動きが滞ることなく、流れるようにできるまで
実際の修練はできませんが、なんだか、くじけていない私がいるのでした
c0113755_14461858.jpg
大人になって新しいことをはじめると
昨日までできなかったことが、今日はできるようになる喜びがありますが

できるようになるまでに、おそらくは1年以上かかるのでは?
と思われます、、、、

細かなルールは言葉ではなく、見て覚えなさい、
という空気がありまして、、、、(ピシッ!!)

道場ではおしゃべりすることもなく、センパイに厳しく苦言を呈されながらも
1番新入りの立場をわきまえて、礼を尽くしつつ、お稽古する所存です、、、、
*****
こんな姿になれるのは、夢の夢の夢、来世になるかも?!しれません、
ふぅぅぅぅぅ〜〜
↓↓↓↓↓
c0113755_14374574.jpg
ブログに書いちゃうと、途中でやめられなくなるから
書いておくことにしました@苦汗



[PR]
by tokyoyokan1212 | 2015-04-03 15:03 | Trackback | Comments(1)

新しい春

毎年、三月終わりから咲き始める桜が
四月になって咲き誇ると、どことなく気持ちが華やぐ気がしませんか

その季節に誕生日を迎える幸運を、
今年も抱きしめて歩いている、四月一日
c0113755_16530932.jpg
少し雨が落ちてきた桜道で
お花見の計画変更を検討している人もいそうですが
c0113755_16560338.jpg
室内で花を愛でながら
おいしい時間を過ごすのも楽しいですし、
c0113755_22551957.jpg
雨が枝を揺らして、花びらを落としたら
川面が淡く色染まって揺れる景色を楽しめそうです

桜は、
花が咲いて初めて存在を知らされる木ですが

今年もきれいに咲いてくれたことに、
感謝いっぱい♡♡

咲いている時間が短いからこそ、
その美しさと潔さに、心がキュッと引きしまる気もします

思いがけない場所で出会う桜の木を見上げながら
おだやかな春を、ゆるやかに楽しみたいと思いま〜〜す






[PR]
by tokyoyokan1212 | 2015-04-01 17:07 | Trackback | Comments(0)