光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

いくつになっても「人生はじめ..
at 2017-09-19 01:26
上野の森に、nukumoriの風
at 2017-09-11 00:31
さよなら@サマー
at 2017-09-01 02:03
嵐のち、夏の果実
at 2017-08-23 02:05
祈りの場
at 2017-08-15 00:53
夏の、地球で、心呼吸
at 2017-08-08 02:07
オキーフは、笑わない!?
at 2017-07-29 17:19
太郎と、TARO
at 2017-07-26 12:40
空に居るひと
at 2017-07-20 00:27
森の風、カラスの道
at 2017-07-09 01:38
事件と、至福
at 2017-06-29 12:11
手が作るもの、手が伝えること
at 2017-06-18 23:55
空に向かう日々
at 2017-06-11 23:50
時を旅したジーンズ
at 2017-06-04 00:21
手を伸ばせば、緑の時間
at 2017-05-29 23:43
初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大根とパンケーキ

山の友だちがくれた立派な大根は
千日修行をなさった阿闍梨様からいただいたので、葉っぱも立派
c0113755_13295466.jpg
まるで精進料理みたいなごはんで始まった1週間
c0113755_13314693.jpg
久しぶりに会った友だち犬、ハリボくんが私のヒザでうっとりしているのは、
私の心がおだやかだから、かもしれません(笑)
c0113755_13334195.jpg
雨の朝、明治神宮の西参道をグルリと走ったら、
色づいた葉が落ちる光景にうっとりしているタクシーに会いました
c0113755_13433143.jpg
そして、私は、雨にも負けず、
友だちのカフェでミラネーゼの友だちと会って
c0113755_13345464.jpg
小さなフワフワのパンケーキに、うっとりしたのでした
*****
やさしい秋、おいしい秋を、ご一緒したいですね



[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-11-26 13:50 | Trackback | Comments(0)

ゴローさんの空、鹿の山

原宿のGORO'Sにゴローさんはいなくなったけれど、
GORO'Sのフェザーを身につけていれば、いつも、心は一緒に旅を続けています
c0113755_02003565.jpg
ゴローさんのメモリアルの真ん中にあったのは、メディシンホイール
4つの色が、4つの方角を示す形

真ん中には、スー族の儀式で授けられた名前であり、
今も、そして永遠のトレードマークでもある、イエローイーグル
c0113755_02233530.jpg
入口には、愛犬スノーを乗せて走っていたバイクと一緒に
大きなポートレートが飾られていて、ホントに、声が聞こえる気がしました

「Tシャツ、ゆかた、ワンピース、何を着る日もフェザーと一緒」と話す私に
「ようこちゃんがフェザーと旅してくれたら、魂が一緒に旅することになるんだよ」

c0113755_01571134.jpg
メモリアルの前の夜、空を見上げて、ゴローさんとのそんな会話を思い出していたら、
大きな角の大きな牡鹿と遭遇!?!?!

ライトを消したら、目が合った瞬間、林の中に走って行きましたが
牡鹿の前には角のない牝鹿か、小鹿らしき姿も!

あんなに驚き、心臓がバクバクバクして、興奮したことはなくて
なかなか眠りにつけませんでした

北海道の友だちからもらった鹿のスカル

酋長が、森の中で見つけた、山の鹿の角
c0113755_16403553.jpg
誰にも作ることができない、繊細な命のアートを眺めていたら
頭でわかっていたことが、心の真ん中にストーンと落ちて、わかったのです

私が、
鹿の世界の侵入者だということ

山の友だちが鹿に作物を荒らされたり、大変なことも聞いていますが、
鹿も人も、林も森も、空も大地も、生きているということ

そういう、あたりまえのことを
言葉ではなく、形にして届けてくれたのがゴローさんだったのかもしれないと

冬の星座は見えない東京の空を見上げて、思っています
ゴローさん、大好き、ありがとう!!








[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-11-24 02:56 | Trackback | Comments(0)

非日常だから見えてくること

短い旅時間がくれたのは、たくさんの発見と嬉しい出会い

日本らしい色や形に目が向いて、心が動いて、今回も、写真をいっぱい撮りました

これはほんの一部ですが、秋の色は、秋の旬の色でもあることを
錦市場で痛感したので、私が歩いた順に並べてみることに〜〜〜
c0113755_02594986.jpg
c0113755_03002482.jpg
c0113755_03005750.jpg
c0113755_03013990.jpg
c0113755_03015530.jpg
c0113755_03021044.jpg
c0113755_03025830.jpg
c0113755_03032824.jpg
写真を見ていたら、お腹がなりはじめたので、このへんで、、、笑

東京の築地市場は広すぎるけど、
錦は小さな通りなので、2つ3つ、つまみ食いしながら通り抜けると、

お買い物バッグが重くなっているのでございました
ごちそうさんです



[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-11-21 03:10 | Trackback | Comments(0)

宇宙の中の、地球の中の、小さな細胞としての、私

なんだかタイトルがおおげさになっちゃいましたが、、、

秋の京都を歩きながら、
ずっとずっと前から思っていたことが、確信になってしまいました
c0113755_23274460.jpg
何百年も前のひとが見ていたのと同じ庭を見ていたりすると、
目には見えない時間の流れが
自然の中で見えることに、ザワザワと心は揺れてきます
c0113755_23311578.jpg
ところどころ紅葉が始まっている庭を歩いていると

葉の色も、昨日と今日と明日では変わっていくことが
いとおしく思えたりするのは、年齢を重ねたせいかもしれませんが

自然をそんな風に感じてしまうと
太古からの地球の時の流れの一部である自分と出会う気もして

重ねている時間、重なっている年齢さえ愛おしく思えてきます
c0113755_23345255.jpg
ティム・バートン展でも一番大好きだった渦巻の形は、
私にとって無限の世界への入り口であり、宇宙そのものでもあるのですが

東福寺の禅庭で見た渦巻は、
心の重力の正しい置き方を感じさせてくれました
c0113755_23530001.jpg
大地に落ちた葉に影を映しながら、
地球の一部になっているような、心地良い浮遊感を楽しんで

小さな小さな細胞としての自分を
誰よりも強く抱きしめたくなっていたのでしたよぉぉぉ






[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-11-15 23:57 | Trackback | Comments(0)

富士山、おだやかでいてくださいね

仕事でご縁をいただいたセンパイから
忙中閑ありで、ゴルフに行ったとメールをいただきました
c0113755_22071594.jpg
「富士山の横に、真昼の月を見つけました。M.S.」

そんなメッセージに、
大きな大きな空間をデザインする彼女の
こまやかな心くばりと、オーガニックな感性を感じます
c0113755_22094217.jpg
今年の干支の馬の絵が好評だったので、再び依頼されたスポンジワイプ

来年の干支、羊の絵にも、真鍋太郎は富士山を描きました

伊勢丹の「北欧展」で友だちが見つけてくれて、
FACEBOOKでアップしてくれたのですが、

スポンジワイプは、スウェーデン生まれのエコフキンだから、なのです
c0113755_22143160.jpg
もう一つのデザインにも、富士山と太陽
羊の年の新しい風が、クルクルとハッピーを連れてきて

富士山も太陽も、おだやかな1年であればいいな、と思います
c0113755_22184448.jpg
シンプルでおいしくて、美味で滋味
そういう食事で身体も心もキレイにして

まだ50日間ある馬の年の日々を走り抜けたら
青空に月が輝いていますように

寒くなってきましたが、
おだやかな日が続く1週間がはじまりますように





[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-11-09 22:35 | Trackback | Comments(0)

5年ぶりの、ティム・バートン

夢を見ることは誰にでもできるけれど
夢が本当になるまで見続けることは、誰にでもできることじゃありません

でもね、私の夢がかなったのです!
それは、とっっても嬉しいことなので、、、5年前の写真を少し公開しちゃいます
c0113755_01092875.jpg
ブログを書き始める前、2009年11月、ニューヨーク近代美術館 MoMAで見た
「ティム・バートン展」が東京にやってきました!
c0113755_01124438.jpg
c0113755_01160734.jpg
マンハッタンの空を見ていたバルーンボーイは
六本木の森アーツセンターギャラリーでは、入り口で迎えてくれます
c0113755_01185662.jpg
ワンダーランドの空気に包まれていた
2009年のニューヨーク近代美術館MoMAの入口は、こんな感じ
c0113755_01210637.jpg
2009年のMoMAでは、幸運なことに
プレスプレビューで見せていただけたので、写真も撮ることができたのですが

今回の展示で再会できた作品も、いっぱ〜〜〜いありました
(写真は、2009年@MoMA)
c0113755_01245698.jpg


c0113755_01251495.jpg
c0113755_01253043.jpg
c0113755_01260696.jpg
ただ、5年の間にセレクションにも変更があり、
ジョニー・デップ主演の映画「シザーハンズ」の衣装は展示されていませんでした
c0113755_01301747.jpg
でも〜〜〜〜〜私が一番好きな作品、
グルグル渦巻の「The Last of Its King:絶滅寸前」とは、今回も会うことができました

それは、最後の1つになっても生きている、命の愛おしさ
私には、真っ赤なグルグルが終わることのない、命のエネルギーに感じられるのです
c0113755_01322155.jpg
実は、5年前、ニューヨークから帰ってすぐに
森ビルの友だちと一緒の時にお目にかかった森美術館の偉い方に

初のお目もじだというのに、
「ティム・バートン展、東京に呼んでください!お願いします」

ニューヨークから持ち帰ったMoMAのエネルギーの勢いを借りて
そんなお話しをしてしまったのですが、、、

いつかきっと!いつかきっと!
そう思っていた夢がかなったのは、本当に夢のようです

同じ作品を、東京とニューヨーク、違う展示で見ることができたのも興味深くて、
たっぷり2時間見ても、まだ足りないくらい!!

アートの刺激がグルグルと止まらなくなる
「ティム・バートンの世界」展、はじまりました
c0113755_01440467.jpg
グッズ売り場のレジにも遊びがいっぱい〜〜
来年のお正月、1月4日まで無休ですから、何回でも行けそうです!!
c0113755_03025035.jpg
2009年のティム・バートン、
取材に応えるシーン@ニューヨーク近代美術館 MoMA、
ガーデンの木々の紅葉もキレイでした


[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-11-02 01:57 | Trackback | Comments(1)