光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45
花のように、風のように
at 2017-04-09 21:25
はじめての、沖縄
at 2017-04-04 13:50
メディスン・ホイールが教えて..
at 2017-03-29 01:02
1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31
止まらない、止まれない
at 2017-03-15 17:34
こんにちは、ちいさな神さま
at 2017-03-08 01:19
春の、気まぐれ
at 2017-03-02 19:35
おいしい時間は、元気のはじまり
at 2017-02-23 04:08
春服を着た、招き猫
at 2017-02-17 12:37
笑って、リセット
at 2017-02-12 13:15
風が変わるとき、何かが起こる!?
at 2017-02-08 21:57
横浜の、新しい招きネコ!?
at 2017-01-24 02:10
前に進む力、いただきます!
at 2017-01-15 16:52
日々を重ねて、新しい明日へ
at 2017-01-06 02:42
新しい気持ちで、ありがとうご..
at 2016-12-31 19:42
心がまっすぐじゃないと、届かない
at 2016-12-25 03:21
12月の真ん中、光の中で
at 2016-12-18 00:07
未来からのメッセージ
at 2016-12-11 01:21

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2014年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

甘い誘惑

雨が突然降ってくる夜は、甘いお菓子に誘われる
いえいえ、
深夜にお菓子が食べたい理由を、雨のせいにしているだけだとわかってはいるのです
c0113755_04344109.jpg
けれど、金沢の、能登のお茶には「コレ」しかないとすすめられた
金沢のあんころ
(石川県人は、あんころ餅とは言わないらしい)
c0113755_04344173.jpg
あんころをおみやげに持ち帰ったら家で待っていた
四谷の若葉の鯛焼きの、
内側からあずきがはじけそうに叫んでいる、凛々しい姿!>!
c0113755_04422590.jpg
夜遅くのごはんの締めに、フルーツをおねだりしたら
テーブルに登場した、スナックパイン

トウモロコシを食べるように少しずつ実をはがしながら、
ア!!!!!!ッという間に、3人でいただきました
c0113755_04344115.jpg
夕方にフランス映画を観た後のローズベーカリーでは
夏限定のパイナップルキャロットケーキ

キャロットにパイナップルをプラスして、エッセンスに柚子を加え
カールしたココナッツでシャギシャギの食感を楽しませてくれる

どこにいても、
おいしくて甘い誘惑からは逃れられない運命なのかなぁ、、、

7月は健康診断のシーズンだから、
心もカラダも調整をして、夏に向かおうと思いますので

お友だちの皆々さま、
私を甘いお菓子で誘惑しないようにしてくださいね〜〜〜〜〜

よろしくお願いいたします
(と、建て前としては言っておきましょう、笑)












[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-06-28 04:50 | Trackback | Comments(2)

時を味方にできるかな?

時を重ねることの魅力に、圧倒されることが続きました

丸の内の明治生命館の
80年の歴史を重ねて着たたたずまいは

足を踏み入れる私の背筋を伸ばしてくれそうな、
凛として、モダンな威圧感、発信中!です
c0113755_03223426.jpg
見上げるだけで昭和の時代に旅するような、幻想的な建物の中で

時を重ねたからこそ書くことができた、スタイリストの
えなみ真理子さん著「40歳からのおしゃれ読本」〔大和出版)
出版をお祝いする会が開かれたのですが

時の流れを味方にし、自分らしさを大切にして、
今をきちんと生きたいな、と、まさに!背筋が伸びる時空間、なのでした
c0113755_03223474.jpg
その後に向かったd銀座のビルの1階で、静かに展示されていた、
40年前のポルシェにうっとり

丸みのあるシェイプは、エレガントそのもので
四角いクルマが好きな私なのに、思わず足が止まり、

初めて、乗ってみたいなぁ、、と思ってしまいました〔笑)
c0113755_03223401.jpg
思いきり手足を伸ばすように、
中央分離帯でツルを伸ばす緑の葉も

鉢植えしかない小さな玄関先のスペースで
ちゃんと花を咲かせてくれたサボテンも
c0113755_03353448.jpg
建築やクルマのデザインとは対極にありながら、
時の流れを味方にして、美しい姿を見せてくれる「いのち」に、今日も心からありがとう!

今週も、時の流れに流されることなく、あらがうことなく、
それでも、自分らしい花を咲かせられたらいいなぁ、、、と思っていた数日です







[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-06-23 04:00 | Trackback | Comments(0)

川沿いの道

初めての道を、ひとりで歩いた

6月の雨のない木曜日、夕暮れ前の明るい時間
c0113755_01482155.jpg
水かさの低い川沿いの道で、歩くペースは自然にゆっくりになり

六月の 川の流れに あらがわず
(ようかん)
そんな俳句、がうまれたりした
c0113755_01401261.jpg
犬のお散歩時間は、子どもたちの遊び時間には遅すぎるのか
それとも塾やレッスンに忙しくて遊ばないのか、、、無人のすべり台が妙にシュールだ
c0113755_01404778.jpg
2階を見上げるとすでに明かりが灯っているのは、
由緒正しいお屋敷だろうか
c0113755_01404954.jpg
芭蕉の葉が両手を広げている光景は、
空を飛ぶ翼がグググンと伸びている、ように見えてしまったり
c0113755_01405104.jpg
自転車で急坂を登る男の前を、
ランドセルの少女が歌を歌いながら登っていくのを見上げて

パイナップル、チヨコレート、グリコ、なんて遊んだ頃を思い出す

初めて歩いた川沿いの道は
小学校一年生だった昔につながる、非日常の道

気づいたら、頭がカラッポになっていて
心が浄化された、気がしました







[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-06-20 01:56 | Trackback | Comments(0)

絵と話すひとたちを、見ているしあわせ

c0113755_01062475.jpg
c0113755_01062443.jpg
c0113755_01090489.jpg
 このネコが好きだよ、って教えてくれた少年少女

c0113755_01114381.jpg
静かに見入ってくださった、オトナ先輩
c0113755_01221053.jpg
歌舞伎帰りの妙齢のご婦人、雑誌編集長、Tシャツを気に入ってくれた幼稚園先生、
c0113755_01183093.jpg
c0113755_01114025.jpg
休日のプロデューサー、寝起きのこどもを抱いたパパ、
熱心に表現方法を太郎にきいている夫婦、
c0113755_01062569.jpg
c0113755_01062532.jpg
c0113755_01062591.jpg
c0113755_01463233.jpg
c0113755_01462394.jpg
好きな絵の前の息子を撮る母、
時々立ち止まる忙しいビジネスマン、
絵と話しているようなアーティスト夫人などなどなど、
後ろ姿からも何かが聞こえてくる時間にあふれていた、
真鍋太郎のCAT'S LOVE「猫に、恋」展でした
c0113755_01062513.jpg

 c0113755_01461350.jpg







c0113755_01062424.jpg
雨の日が多かった9日間でしたが、
遊びにいらしてくださった方たちの「カワイイ」や「楽しい」、
「ハッピー」なエネルギーをいっぱい!!!いただきました

また会えるのを楽しみにして、
6月の太郎まつりは、これにて閉幕〜〜〜、さて、
仕事とサッカーモードに戻りましょう(笑)ありがとうございました!!!


[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-06-17 01:39 | Trackback | Comments(0)

みんな少年、いつまでも少年

6月10日が時の記念日になったのは1920年で
東京天文台と、生活改善同盟会が共同で制定したのだそうですが

時間は
誰もが自分で使える、大切なギフトで

時間は
誰にも平等に与えられている、生きるエネルギーなのだと思います
c0113755_01444176.jpeg
真鍋太郎の「猫に、恋」展に遊びに来てくれる
1歳、2歳、3歳、4歳、、少年のひとりひとりは

生きているギフトのかたまりみたいにいとおしく、
未来を作るエネルギーが静かに育っているのを感じられて

「男の子」の頼もしさの種を、体内に持っているように見えるのです!!
c0113755_01445992.jpeg
まだ1歳、されど1歳の感性を持ち、
2歳は2歳の体内と脳内で個性が育っている彼らを見ていると

かつて少年だった男たちが
時間を重ねても少年のカケラを失うことなく

大人げないと言われながらも夢の話をして、
淡々と、未来につながる種まきをしているのは、なんていとおしいのでしょう
c0113755_03331885.jpg
このネコに「トロン」という名前をつけたのは
科学の中には人間の知恵が生きていて、知恵が愛を育て

大切な人を大切にするエネルギーに変換すると感じたから!

そんなPEACE & LOVEのエネルギーを持っている男たちは
いつまでも
脳内少年細胞が元気なのかもしれないと思ったりする、6月10日

今日もワクワクしながら、楽しい時間を過ごせますように




[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-06-10 13:04 | Trackback | Comments(0)

私が「こども」でいられる時間

甥っ子の運動会応援で、岡山から母が来ています

新幹線に乗って品川へ、そしてJRとバスを乗り継ぎ、
弟の家のドアを「ピンポーン」とノックするまで、1人

という話しをすると、近所の友だちに驚かれるようですが
かつて住んでいた東京だから、それができるのだと、母は笑っています
c0113755_00313335.jpg
その母を
六本木アーツギャラリーセンターの「こども」展に誘いました

ピカソもルソーもルノワールも、自分のこどもを描きたかった
-----そんな想いから生まれた絵を見ながら

母と過ごす時間は、
私が「こども」でいられる時間だとシミジミ、、、
c0113755_00313767.jpg
なんにでも好奇心いっぱいの母なので、
ヒルズカフェの前にいたワールドカップのマスコット?と一緒に、パチリ
c0113755_00583121.jpg
東京タワーを懐かしそうに見る瞬間を、パチリパチリと
写真を撮りながら、

これって、
私の未来図かもしれない?!?なんて思ったりして〔笑)

「お母さんありがとう」と、心の中で何度も語りかけていた
6月の、真夏日の、午後でした






[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-06-05 01:09 | Trackback | Comments(0)

生まれ変わったら、パイロット

映画「ライトスタッフ」を見たときに
サム・シェパードに恋をしたことは覚えていたけれど

生まれ変わったら、パイロットになりたい
と思ったことは忘れていた

ブルーインパルスを見るまでは、、、、、
c0113755_04005846.jpg
国立競技場が解体される前に開かれたファイナルイベントの一環で
競技場では、森山良子さんが「今日の日はさようなら」を歌い、

最後は芝生のピッチに降りることもできたらしいけれど
私は代々木公園の陸橋で空を見上げて、5機の飛行機が描く雲の行方を見つめていた

神宮の森を壊してしまう新しいデザインのことを
一瞬だけ、忘れてしまうほどの、興奮を覚えながら

生まれ変わったら、パイロットになりたい、と
心から思った

FACEBOOKにそのことを書いたら、友だちが
「私も同じことを考えていたので、次の世では空で会おうね!
c0113755_04005300.jpg
次に生まれたときも女がいいので
未来は、女のパイロットが空を飛んでいる、というわけです、ウフフ

新しいデザインについての意見交換が
ネット上では熱く繰り広げられているので、広がりを信じて

次にブルーインパルスが飛ぶときの国立競技場は
空と大地の間のバランスを考えたモノになっていると思いたいです!!





[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-06-01 04:16 | Trackback | Comments(0)