光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31
止まらない、止まれない
at 2017-03-15 17:34
こんにちは、ちいさな神さま
at 2017-03-08 01:19
春の、気まぐれ
at 2017-03-02 19:35
おいしい時間は、元気のはじまり
at 2017-02-23 04:08
春服を着た、招き猫
at 2017-02-17 12:37
笑って、リセット
at 2017-02-12 13:15
風が変わるとき、何かが起こる!?
at 2017-02-08 21:57
横浜の、新しい招きネコ!?
at 2017-01-24 02:10
前に進む力、いただきます!
at 2017-01-15 16:52
日々を重ねて、新しい明日へ
at 2017-01-06 02:42
新しい気持ちで、ありがとうご..
at 2016-12-31 19:42
心がまっすぐじゃないと、届かない
at 2016-12-25 03:21
12月の真ん中、光の中で
at 2016-12-18 00:07
未来からのメッセージ
at 2016-12-11 01:21
フルーツとパンがあれば、生き..
at 2016-12-05 03:11
I have an Appl..
at 2016-11-28 00:15
自分を受け容れる、勇気
at 2016-11-24 15:13
パンを売る弟のこと
at 2016-11-21 00:18
見慣れた場所で、視点を変えて
at 2016-11-14 01:31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

夜明けに生まれた

風が激しく吹いている

桜の花が笑っている

誕生日おめでとう!の電話をくれた母が
「あなたは、夜明けと同時に生まれたのよ」と話してくれる
c0113755_13333368.jpg
昨晩の前夜祭的ごはん会で、ひとあし早くお祝いしてくれた
みかんのお祝いは、お気に入りコーナーに飾り、
c0113755_13334658.jpg
いつもと同じ朝のプレートは
ニンジンとリンゴのスロージュース、母の黒豆を入れたヨーグルト、

今日は、サンデーベイクショップの春スペシャル、桜のスコーンがあって
少し贅沢なお祝い膳!?

メールや手紙、FACEBOOKに
HAPPY BIRTHDAYのメッセージが思いがけずたくさん届いて
いつもとちがう、誕生日
c0113755_13334314.jpg
テーブルには、太郎からのプレゼント♡♡
この太陽は、母さんの話とつながっている、気もして、ありがとう!

昨日と今日は同じじゃないから、今日は背筋を伸ばし、
いつもよりていねいに生きようって、思います

それは難しいことですが、
思っていれば、少しずつ、できるようになる気がして、、、

消費税のように3%アップは無理ですが、、笑
ていねいな生き方、1%アップでも、めざしたいと、思います

桜の季節を楽しんで、やさしい愛と、やさしい春のまんなかへ〜〜〜





[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-03-31 14:11 | Trackback | Comments(0)

三つ編みのメッセージ

友だちに「宇宙語」を話せる女子がいて
ときどき、宇宙からのメッセージを届けてくれます

そんなことを誰かに話すと、何それ?と言われることが多いのですが
彼女の言葉は私にまっすぐに、
少しの混じり気もなく送られている、という印象なのです
c0113755_12131363.jpg
今日届いた手紙には、
彼女が私に手紙を書いているときに届いたメッセージが記されていて

「YOKOさんがいつも髪を編んでいる三つ編みの3本は、
愛と本質と勇気、その3つを編んでいる」っていうじゃありませんか!?!?
c0113755_19580810.jpg
不思議だったのは、その手紙を読んでいたら涙があふれてきて、止まらなくなり
涙が止まったら、気持ちがサラサラしていた、ということです

誕生日が近づくと、何かが変わる予感がして
光や風にも敏感になってしまいがちな、3月の終わり

友だちや太郎にも笑われそうですが
髪を三つ編みにするときの意識が少し変わりそうで、
少しだけ、自分にワクワクして、ウフフ、の春のはじまりです







[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-03-29 20:35 | Trackback | Comments(0)

風になる。山の一部になる。

アラスカに暮らしていた男友だちが、ピザ屋を開かなければ、
北海道の千歳空港からバスで3時間もかかるニセコまで
来ることはなかった、だろう
c0113755_23091045.jpg
ニュージーランドとオーストラリアの人によって再発見された
パウダースノーの素晴らしさとも出会ってしまったせいで?!?!

今年も!
雪の季節のニセコに来てしまいました
c0113755_23064273.jpg
永遠のへなちょこスノーボーダーを自覚していますが、
誰かに頼まれたわけでもないのに@笑

昇っては滑り降り、昇っては滑り降り、、をくり返していると
いつの間にか、風になっていることに気づいて

山の一部になっている、ような
ここでしか感じることのできない世界の中へ--------
c0113755_23085346.jpg
今回は、ニセコのブランドコンセプトや
キャッチコピーを一緒に考えてしまったり?!?!

ピザ屋の未来図を話したり、友だちを紹介したり
この土地とのつながりが深まっている、気がします

東京に戻っても、空を見て、ニセコのことを思うだけで
そこに吹いている風を感じることができる、気もするのです


 


[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-03-24 23:45 | Trackback | Comments(0)

イチゴのリゾットとタンポポの春

食べたことのない料理を作ってみようと思ったのは
材料と作り方を教えてもらいながら、想像ができなかったから、かもしれない

イタリア料理の先生が口にした「イチゴのリゾット」
私なりに作ったので、盛り付けもオリジナル、、、(だいじょうぶかな?)
c0113755_01050450.jpg
本当は白米の無洗米を使い、イチゴとチーズを混ぜていくので
もっと淡い桃色になるのかもしれないけれど

家にあった無洗米が玄米だったので、ちょっとワイルドな色合い、、、
教えてくださった先生が見たら、大笑いされるかもしれないけれど

スープとチーズの海の中で、玄米と混ざり合ったイチゴのツブツブがが
ときおりプチプチと口の中で「私はイチゴです」と主張します
c0113755_01050040.jpg
いろいろなことを考えたくない1日だったので、
キッチンで久々に長い時間を過ごしてみたのでしたが

これでいいのか?という疑問を抱きつつ、食べてみたら
正解は不明のままとはいえ、
「おいしいよ」と、言ってくれる人が1名いたので、、、

近所の友だちにもデリバリーしちゃいました、、、
だって、2合のお米がすごい量になっちゃうのですから、、、笑
c0113755_01045796.jpg
お腹がいっぱいになったので散歩をしたら、太陽がまぶしい午後

芝生の緑はまだまだととのっていませんが、
土手の端っこに咲くタンポポには、春の風と光がそそがれていました

やさしい気持ちで深呼吸して、
新しい春のまんなかへ、新しい気持ちで、はじめの一歩







[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-03-17 01:33 | Trackback | Comments(0)

イチゴのリゾットとタンポポの春

食べたことのない料理を作ってみようと思ったのは
材料と作り方を教えてもらいながら、想像ができなかったから、かもしれない

イタリア料理の先生が口にした「イチゴのリゾット」
私なりに作ったので、盛り付けもオリジナル、、、(だいじょうぶかな?)
c0113755_01050450.jpg
本当は白米の無洗米を使い、イチゴとチーズを混ぜていくので
もっと淡い桃色になるのかもしれないけれど

家にあった無洗米が玄米だったので、ちょっとワイルドな色合い、、、
教えてくださった先生が見たら、大笑いされるかもしれないけれど

スープとチーズの海の中で、玄米と混ざり合ったイチゴのツブツブがが
ときおりプチプチと口の中で「私はイチゴです」と主張します
c0113755_01050040.jpg
いろいろなことを考えたくない1日だったので、
キッチンで久々に長い時間を過ごしてみたのでしたが

これでいいのか?という疑問を抱きつつ、食べてみたら
正解は不明のままとはいえ、
「おいしいよ」と、言ってくれる人が1名いたので、、、

近所の友だちにもデリバリーしちゃいました、、、
だって、2合のお米がすごい量になっちゃうのですから、、、笑
c0113755_01045796.jpg
お腹がいっぱいになったので散歩をしたら、太陽がまぶしい午後

芝生の緑はまだまだととのっていませんが、
土手の端っこに咲くタンポポには、春の風と光がそそがれていました

やさしい気持ちで深呼吸して、
新しい春のまんなかへ、新しい気持ちで、はじめの一歩







[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-03-17 01:33 | Trackback | Comments(0)

霧雨の香りを抱きしめて

気まぐれな3月の空に、南の風が春をはこんできました

忘れてしまいたいことがある一方で、忘れてはいけないこともあり、
心が四方に広がってしまう、3月11日が過ぎて、、、

考え始めると涙があふれたり、胸がいっぱいになることがあっても
お腹はすいてしまうものです、、、

そういえば、あの日も、同じことを思いながら、ごはんを炊いて
自分の家に帰れなかった友だちと一緒に食べたことを思い出しました

年度末の3月は別れの季節ですから、大好きな家族や友だちとも、
一緒にいられる時間は永遠ではない、と気づくときでもあります
c0113755_20310675.png
私は、その年度末の3月31日生まれなのですが、
遠くから帰ってきている友だちから、早めのプレゼント!!

初めて手にするJO MALONE、
ロンドンの夜明けの霧雨をイメージしたという「レイン・アンジェリカ」

シュッと香った瞬間、
彼女も私も大好きなユーミンの「霧雨で見えない」が聞こえてきました

♫♫♫♫♫♫♫
なつかしさに ぼんやりバスを降りた
橋の上 霧雨の水銀灯

探しはしないと誓った  忘れた日はなかった
まつげに停まった光が ふるえて 見えない

歩きだせば 追い越すヘッドライト
長い影 うまれては消えてゆく
(中略)
時よ 遠く流れて  雨よ 低く流れて
淋しさを呼びさます この世界を どこかへ消して
(後略)
作詞;松任谷由実
♫♫♫♫♫♫♫♫

忙しい彼女と一緒に
ロンドンの雨の中を歩く日は夢のように遠いかもしれませんが、

このやさしい贈りものが
いつかそんな日が来る予感を届けてくれたような気がして、

香りを抱きしめている、春の夜です
ありがとう




[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-03-12 20:57 | Trackback | Comments(0)

アートは、身近な場所にありました

東京駅のステーションギャラリーで、3月9日まで開催中のプライベートユートピア展


ブリティッシュ・カウンシルの友だちに誘ってもらい、行ってきました

c0113755_02242666.jpg
喜劇と悲劇の間に、というコーナーで、心をギュッとつかまれたのは、
このジャック・ラッセルくんのせいですが
c0113755_02243461.jpg
後ろ姿も、まるで生きているようで、ドッキリ
c0113755_02243133.jpg
ローリング・ストーンズの「LET IT BLEED」というタイトルが付いた
回らない赤いターンテーブルに、思わず耳を傾けて、WOW!!

タペストリーになったクイーン・エリザベスは、さすが英国系です

c0113755_02253789.jpg
「プライベートユートピア」というタイトルからは
誰もが自分の居場所を探している、という意味合いが感じられましたが

アートを楽しんだせいでしょうか????
先に外に出た太郎の胸に、ビルの光が投影されて見えたので、ドキ!
c0113755_02375317.jpg
反対側の窓からは、夕焼けがうっとりする色で染めた空が見えていました
見下ろすと、美しい東京駅のコンコースの真ん中で、太郎が手を降っていて
c0113755_02440556.jpg
近づいてみると、
c0113755_02244400.jpg
c0113755_02244419.jpg
バットマンに変身?!しようとしていました
見上げると、うっとりするほど美しい天井が
そんな太郎と、階上から彼を見ている私を笑っているような気がしましたが、、、

アートは、
見つけようとする人の近くに在ること

自分の居場所は、
楽しいと感じられる瞬間を、誰かとシェアできる場所のことかしら?
天井を見上げながら、思っていました







[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-03-09 03:02 | Trackback | Comments(0)

梅はまっすぐ、時もまっすぐ

青空に向かって、
ツンとかかとをあげるようにまっすぐに、梅の枝が伸びていた
c0113755_02194080.jpg
青空に雲が描いた曲線に沿うように、
しなやかな枝を伸ばす梅もある
c0113755_02195085.jpg
桜の開花が3月末と予想されているので
♪♪梅は咲いたか、桜はまだかいな♪♪と歌うまでもなく

春の足取りがあまりにゆっくりな3月
c0113755_02220761.jpg
明治神宮の散歩途中で見上げた看板の、お言葉に立ち止まり、
その日に初めて会ったひとのことを考えました

誰もが、自分の持っている「光」に気づいて
自分らしい輝きを放つために生きているのだとしたら、

今日の出会いを大切にして、
自分をもっと磨くために、精進しなくちゃと思います
c0113755_02312806.jpg





[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-03-06 02:32 | Trackback | Comments(0)

3月うまれ

3月うまれは気まぐれ、って誰かが言った

ピチカートファイブの歌「3月うまれ」にも、そういう歌詞があったけれど

温かくなるかと思ったら寒さが戻ってきたりする
不安定なお天気のせいで、気まぐれって言われるのかもしれないと、

お天気のせいにしている勝手さは、
3月うまれ、というわけじゃなく、私だけの「3月性」かなぁ?
c0113755_02174090.jpg
私の誕生日は3月の終わる31日、ですが、
先輩マダムと、2月&3月うまれの合同誕生会に、WOW!!!!!

一緒にお祝いしてもらった先輩は
自分に正直に、凛とした生き方をしているひとばかり

私もそうでありたいと思えるひとたちと
同じテーブルで同じ時間を過ごせることが、ギフト、だと思う夜
c0113755_02120980.jpg
少女マンガのような三つ編み少女のプレートでお祝いしてもらって、
照れちゃうけど、嬉しい前祝いナイト

キラキラとした光の中で、心にもやさしいお料理をいただきながら
大きな声で笑ったり、しみじみと話したり、の時間でした

おひな祭りの月曜日からはじまる一週間が
おだやかな光とやさしさにつつまれる日々でありますように








[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-03-03 02:40 | Trackback | Comments(0)

ストーンズ、ウォーホル、ロシアンアート

ローリング・ストーンズが東京にやってきた!!
初日の東京ドームに行った人の興奮がFACEBOOKに次々とアップされて

最終日を待っている私たちの好奇心と期待がマックスになっているから、
大好きなアートワークのアルバムを出してみたり、、、
心の準備を進めています
c0113755_23193988.jpg
自分の絵にミックが文字をデカデカとのせたことに
ウォーホルがガッカリした!?というエピソードもある、アルバムジャケット

1976年のパリと1977年のトロント公演を収録したLPレコードは
アンディ・ウォーホル展に行った後、太郎が引っ張り出してきた1枚です

森美術館の展示は、国内史上最大の回顧展、といわれる通り、
作品数の多さも、時代のとらえ方も、探究の深さもワクワクするウォーホルワールド
c0113755_23192904.jpg
  
最低でも3時間は鑑賞に必要と思われ、、、、
5月6日までに、また来るね!アンディ、と美術館を後にしたのですが

その後で、オリンピックの閉会式を録画で観るチャンスがあり、
シャガール、カンディンスキーと並び、

ロシアを代表する三大アーティストとして紹介された
カジミール・マレーヴィチ、に興味を持つことになってしまいました
c0113755_23151421.jpg
20世紀初頭に描かれたBlack Square」
白地の上の黒い正方形と呼ばれる1m四方の抽象画は

もしも売りに出されたら100億円!?なんてことも驚いただけれど
革命のロシアで生きていたために
長い間、世界の美術史から封印されたという物語に興味が深まり、、、

そのひとがどんな時代を生きたかで
アーティストの運命は大きく左右されることを痛感したのでした

そして、あまり知らなかったマレーヴィチと出会わせてくれた
ソチオリンピックの閉会式を観ながら、

東京オリンピックで、日本は何を誇りとして伝えられるだろう?
そんな未来へと想いを飛ばせてしまいました







[PR]
by tokyoyokan1212 | 2014-03-01 00:11 | Trackback | Comments(0)