光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45
花のように、風のように
at 2017-04-09 21:25
はじめての、沖縄
at 2017-04-04 13:50
メディスン・ホイールが教えて..
at 2017-03-29 01:02
1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31
止まらない、止まれない
at 2017-03-15 17:34
こんにちは、ちいさな神さま
at 2017-03-08 01:19
春の、気まぐれ
at 2017-03-02 19:35
おいしい時間は、元気のはじまり
at 2017-02-23 04:08
春服を着た、招き猫
at 2017-02-17 12:37
笑って、リセット
at 2017-02-12 13:15
風が変わるとき、何かが起こる!?
at 2017-02-08 21:57
横浜の、新しい招きネコ!?
at 2017-01-24 02:10
前に進む力、いただきます!
at 2017-01-15 16:52
日々を重ねて、新しい明日へ
at 2017-01-06 02:42
新しい気持ちで、ありがとうご..
at 2016-12-31 19:42

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

こわれない心なんて、ない

初めて訪問した石巻から帰ってすぐに書いたブログを読んだ知人から、

「石巻の訪問ありがとうございます。 雑草が生い茂っている場所が
 我が家があったところです… 全然進んでいないでしょ?」

というコメントをいただき、その場所に立った時の気持ちがよみがえり
「ただただ、合掌 拝」としか返せなかった、小さな私ですが

-----感じたこと全部は言葉にできないけれど、少しずつ記したいと思っています
c0113755_1511357.jpg
アメリカ北東部、森で暮らすインディアンは
自分たちの部族や家族の物語を象徴するトーテム・ポールを作ります

トーテム・ポールは木でできているので、やがて朽ちていく文化であり、
そうなることも含めて、命を語り継ぐ象徴でもあります

石巻でトーテム・ポールを思い出したのは、今こうして生きている私の命が、
太古からのすべての命とつながっていると、痛感したから
c0113755_1592558.jpg
科学未来館でのビョークのライブで、魂を振りしぼったような音楽から
命のリングが永遠だと感じたことも、あの場所で思い出したことの1つでした

石巻で感じた-----今、生きていることへの深い強い感謝を
あの高い空とつながっている、東京の町で思い出しながら

不安に押しつぶされそうになって、心がこわれそうなことがあっても
このいのち、生ききろうと思っている、夏の終わり、、、
c0113755_1536726.jpg
自分のことがせいいっぱいで、誰かに優しくすることができなくても
「忘れないでいる」「思い出して祈る」「想いを送る」
-----思い続けていたら、また訪ねるチャンスをもらえる気がしています

まだまだとりとめないけれど、感じたことが少しでも届いたら嬉しいです

ギラギラの暑さが残っていますが、やさしい9月に向かいましょう
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-08-30 15:58 | Trackback | Comments(0)

初めての街、松本

猛暑が続いています。と、天気予報が話している日に
中央道を長野に向かって走り、

松本市民劇場で、小澤征爾さんが音楽監督を務め、
バレエダンサーの首藤康之さんが出演している「兵士の物語」を見てきた

話題のドラマ「半沢直樹」に出演していた、石丸幹二さんが案内役を演じ、
悪魔に魂を売ってしまう兵士のたどる人生が、串田和美さん演出で描かれる
c0113755_2385967.jpg
初めて歩いた松本は、蔵作りのクラシックな街並みと
マクロビオティックなパンや野菜のお店が並び
c0113755_2442521.jpg
c0113755_2441210.jpg

c0113755_2452199.jpg
c0113755_245161.jpg
c0113755_2464677.jpg
c0113755_3521782.jpg
目についたお店や、食べたものを写真にしたら
なんだか同じ色合いの、大地の色で彩られたけれど
c0113755_2462947.jpg
松本美術館では、水玉アートのコーラ販売機や
空に向かって伸びる「幻の華」と題されたオブジェにクラクラクラ、、、
c0113755_2475989.jpg
強烈な草間ワールドの中で遊んでいたら、
魂を売ってしまいそうになる(苦笑)ほど、楽しい時間が過ぎていきました
c0113755_3523921.jpg

[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-08-28 02:56 | Trackback | Comments(0)

平泉の空、石巻の草原

東北道を北へ北へ-----休憩をはさみながら、6時間で平泉の中尊寺に到着
c0113755_14364857.jpg
義経と弁慶が頼った藤原家を祀る、金色堂がある東北の大本山は、
12世紀以来の奥州藤原文化を語り継いで、2011年に世界文化遺産に登録されていて
c0113755_14303252.jpg
松尾芭蕉が「奥の細道」で詠んだ、名句が生まれた場所でもある

 夏草や 兵どもが 夢の跡

 五月雨の 降り残してや 光堂

金色堂は、荘厳で豪華な印象があったけれど
実際に見るとマットな金に品格があり、螺鈿の装飾も含めてシックで豪華

平日とはいえ、まだ夏休みだから混雑しているけれど、静けさがあった

今回の東北は、石巻の仮設住宅の集会室におじゃまして
ウクレレサポート協会の方が、住んでいる方と一緒にウクレレを演奏し、

友だちの息子(小学校5年生)が落語を一席させてもらうことになっていて
私は、往復のドライブサポーターという、プチ応援で参加
c0113755_14424771.jpg
初めて訪れた石巻は、震災の年に訪ねたいわきとは違い、
時を経ているがゆえの印象が強く、深くて、言葉にできない感覚につつまれた

たくさんのひとが山に登り、難を逃れた日和山神社では、
今回のお世話をしてくださったTさんが、その時の様子を
涙を浮かべて話してくださるのを見て、安易に泣いてはいけないと思ったけれど
c0113755_14482699.jpg
海に近く、今は住んではいけないエリアになった場所は草が生い茂り、
その草の高さが、時の経過を物語っているのを感じて、静かに泣いた

 夏草や 時を集めて しなやかに
c0113755_14521953.jpg
被害が一番ひどかった場所にできた献花台のアスファルトには
-----復興するぞ!の白い文字が、強い意志の象徴として記されている

仮設住宅は、空きが出るのを待っている入居希望者が多いようだが
復興のための住宅は、建設するための土地探しが難航していると聞いた

運転サポーターでしかない私にも野菜やお菓子のおみやげをいただき
感謝いっぱい、恐縮してばかりの訪問だったけれど、

2年半が過ぎて、仮設を訪ねてくる人も減っていることなども聞き、
ウクレレや落語の、なごみの時間を喜んでくださって、本当によかったと思う
c0113755_1595885.jpg
帰り道の東北道は、夏のなごりの夕焼けが広がり、
まだまだ言葉にできない想いを抱いて走る私に、なんだか、とってもやさしかった
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-08-23 15:15 | Trackback | Comments(0)

野生の、美しいチカラ

盆栽のように手をかけて剪定されているわけではなく

イングリッシュガーデンのように、俯瞰でデザインされているのでもなく

毎日のように庭で水をやり、枝切りされているわけでもないのに

-----通りすがりの街角で、毎年、決まって花をつける木の
野生のチカラに、毎年、同じように感動してしまう
c0113755_0171277.jpg
誰かが空を見なければ、この花は
そこに存在したことさえ知られないまま、コンクリートの道に散ってしまう
c0113755_019219.jpg
海水浴場からはずれた砂浜では、ウチワサボテンが群生中

かろうじて2輪だけ、黄色い花が残っていたが
ここも、私たちが通らなければ、誰にも見られることのない場所だし、

犬のお散歩で誰かが通ったとしても、
サボテンと気づいたら、トゲがこわくて近づくひとはいないだろう

放置されている土地に根を下ろした植物、
だからこその強さがけなげで、せつなくて、凛々しくて、美しい

大地に根を張る言葉を紡いで生きていけるように、
自分本来の力を増殖できたらなぁ、、

なんて、、、野生の花やサボテンの群生を見て思う、残暑の午後でした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-08-21 00:27 | Trackback | Comments(0)

夏の空、夏の大地

暑さは、まだまだ続きそうだけど

少し足を伸ばしてみると、空も大地も少しずつ秋に向かっていた
c0113755_14243449.jpg
風が強くて波が高かった海は、
5時を過ぎるとライフガードが帰るので静かになる
c0113755_1423141.jpg
夕焼けの光を、太郎の頭に集めたら、ダイアモンドヘッドになった
c0113755_14261434.jpg
富士山は見えなかったけれど、
夏の虫たちも元気に草の中を跳ねて、踊って、遊んでいた
c0113755_14271939.jpg
見えなかった富士山が存在する方向に沈む太陽からは
大きなエネルギーをキャッチしたような、気持ちになった
c0113755_14293818.jpg
大きな花火が最後の輝きを残して消えるように
暑さにめげることなく、大好きな夏を最後まで楽しみたいと思う

季節は確実に動いているけれどと、
熱中症には気をつけて、8月を元気に走り抜けたいですね
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-08-19 14:33 | Trackback | Comments(0)

北欧の赤

フィンランド航空でヘルシンキに行き、
マリメッコの本社見学もしてきた、アクティブ友だちが

私へのおみやげに選んでくれたのは、赤いボタンのアソート!
それはもう!嬉しくて、ありがとう“LOVE”です

普通のニットカーディガンの衿周りに、グルリと貝ボタンを縫い付けちゃう
私のことを、おもしろがってくれている、証明!?だと思うと
ウフフな気持ちになって、夜が更けていく〜〜〜
c0113755_1525894.jpg
嬉しいので、しばらくは眺めていたくて、ガラスビンに入れて
今年の夏の、我が家のヒット「スイカジュース」と並べてみた

ペンドルトンの古びたウッドの看板や、イームズチェアもボタンを歓迎!

-----どんな風に使おうかなぁ、、、

想像力のスイッチ“ボタン”は、もちろん、ONになったままです、、、、
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-08-16 15:14 | Trackback | Comments(0)

大地の色、夏のギフト

神奈川県に畑を借りている友だち夫婦が、夏の収穫を届けてくれた

朝6時から畑で始めた農作業をお昼前に切り上げて、
東京に帰ったら熱中症寸前?!?!頭痛がして、午後は寝込んだというから

-----決死の覚悟での収穫
大切にいただかなくてはバチが当たります
c0113755_022990.jpg
おなじみの男爵とメイクイーン以外の2種類は
写真では黒く見えるシャドークイーンと、赤いスタールビー

友だちはお料理上手なので、
シャドークイーンでビシソワーズを作った写真をfacebookにアップしていて

あまりの美しさに、うっとりしてたらヨダレが出ちゃいそうだったけれど(汗)
c0113755_0243213.jpg
我が家にはポテトサラダ好きがいるので、
シャドークイーンとメイクイーンで、クイーンズサラダ

冷蔵庫にあったキュウリを入れただけという、シンプルすぎる作り方でトホホ、、ですが

今まで食べたことのない色合いと、ふっくらとした味わいに大満足〜〜〜
カラダを張って収穫してくれた友だちに、
心から、大きな感謝を捧げたくなったのでした〜〜ごちそうさま!LOVE
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-08-15 00:39 | Trackback | Comments(0)

海風に吹かれて、サマソニ

日曜日の東京は1日中、30度を超える暑さだったというニュース

幕張のサマソニに行く前に、若い友だちが心配して
「マジで暑くてヤバイです。しっかり熱中症対策してきてください」とメールをくれた
c0113755_2292751.jpg
遊びに行って倒れるわけにはいかないので、、、お昼を過ぎて出かけたら
空は湿り気を帯びていて、途中、空にイナズマが何度も走るシーンも?!
c0113755_2343415.jpg
サマソニはいくつもの会場があるけれど、私たちは海風が吹くスタジアムが好き

シンディ・ローパーやEarth Wind &Fire、pet shop boysも気になるけれど
室内会場、、なのでパスすることに決定です〜〜〜
c0113755_235520.jpg
といっても、スタジアムのフィールドに降りる無茶はいたしません
c0113755_375646.jpg
甘い誘惑には無駄な抵抗をすることもなく、
ヘッドライナーまでのんびりと、持参したおにぎりを食べながら、プチピクニック気分
c0113755_2411222.jpg
日が暮れて、細い月が出る頃に始まったMuseは
ビジュアルも含む音楽世界が自然に心とカラダをつつみこみ

気づいたら立ち上がって、踊り出してる〜〜〜〜〜単純な私、でした
c0113755_2491168.jpg
前夜に先輩の家から見せたもらった花火のように
音楽も、終わってしまえば、形は残らない-----けれど、

形では見えないからこその美しさ、すばらしさにうっとりしながら
その音楽の海で心地良く泳ぎ疲れた、1日でした
------来年もまた行きたいなぁ、、、、ありがとう!!
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-08-12 03:13 | Trackback | Comments(0)

夏を、いただきます

暦の上では、秋がはじまったけれど
午後に近くの郵便局とマーケットに出かけたら、汗汗汗

まだまだ、激しい残暑お見舞い申し上げます
c0113755_0132964.jpg
-----今年の夏の大ヒットは、友だちから届いたスイカで作る、スロージュース

カットして種をのぞいて、ゆっくりモーターのジューサーで作ってみたら
想像をはるかに超えたおいしさ

いつもフルーツをいただく友だちとシェアしたくて、
スイカとスロージューサーを持参して作り、スーパー美味に乾杯!

元気に過ごすために、夏をおいしくいただきたいです
c0113755_017544.jpg
夏と言えば、すだちそば
すだちの香りが溶けこんだおつゆは、飲みほすほどの滋味いっぱい
c0113755_0203874.jpg
毎夏の楽しみだった冷やしそばのお店が消えてしまい
今年は自分で作ったり、放浪していたのですが

ヘルシーな中華のお店でお願いしてみたら、、、
なんとも爽やかなおいしさの冷やしそばを作ってくれて、感謝多謝

30度を超える暑さが続きますが、
さっぱりとした夏を味わいながら、くれぐれも無理なくお過ごしください
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-08-09 00:29 | Trackback | Comments(0)

マハラジャの恋。浜口先生の声が聞こえる

野宮真貴ちゃんが「ナレーションを担当したから見てね」
とつぶやいていたので、録画してみたら浜口庫之介先生の番組で、嬉しいビックリ!

実は先生の長男、浜口茂外也さんと一緒にラケットボールをしていた縁で
先生のお家におじゃまして、作詞修行をさせてもらっていたことがあったのです

「夕陽が泣いている」「涙くんさよなら」「空に太陽がある限り」
「夜霧よ今夜も有難う」「バラが咲いた」「人生いろいろ」などなど
c0113755_344243.jpg
昭和のヒット曲やCMソングを数多く作られた先生から教えていただいたことは、
今でも心にしっかりと刻まれていて、時々思い出すこともあるのですが、

そういえば、先生作曲+藤原ようこ作詞、嶋村かおりの歌う2曲が、
1991年の3月にリリースされていたので検索してみたら、、YOU TUBEで発見
「マハラジャの恋」
http://www.youtube.com/watch?v=RrFcT9W75fg
「一夜物語」
http://www.youtube.com/watch?v=R1UHm9EomYg

先生は、この2曲が作られた年の12月に亡くなられ、
お葬式で列席者の皆さんと「バラが咲いた」を歌ったことを思い出しながら

最後にお電話で話したときに言われた
「10年、20年経っても、自分が作ったものに責任を持てるものを作りなさい」
という言葉が、
先生の声で聞こえてくるような気がしたのは
お盆が近くて、天国のドアが開いているから、でしょうか 

あいにく私の作詞でヒットした曲は、まだないので、
まだまだ修行、ということですね、先生、、、合掌 拝
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-08-06 03:06 | Trackback | Comments(0)