光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

いくつになっても「人生はじめ..
at 2017-09-19 01:26
上野の森に、nukumoriの風
at 2017-09-11 00:31
さよなら@サマー
at 2017-09-01 02:03
嵐のち、夏の果実
at 2017-08-23 02:05
祈りの場
at 2017-08-15 00:53
夏の、地球で、心呼吸
at 2017-08-08 02:07
オキーフは、笑わない!?
at 2017-07-29 17:19
太郎と、TARO
at 2017-07-26 12:40
空に居るひと
at 2017-07-20 00:27
森の風、カラスの道
at 2017-07-09 01:38
事件と、至福
at 2017-06-29 12:11
手が作るもの、手が伝えること
at 2017-06-18 23:55
空に向かう日々
at 2017-06-11 23:50
時を旅したジーンズ
at 2017-06-04 00:21
手を伸ばせば、緑の時間
at 2017-05-29 23:43
初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

夏の落書き“ROLLING STONE”

エアコン要らずの山の時間はテレビもないし、携帯もなかなか通じないので
インターネットもお休みにすることが多い

何も話すことなく、見上げている空が
母の住む岡山、フジロックの苗場、友だちが旅をする英国の田舎、

ニューヨークのマンハッタンの空とつながっていると思いながら
本を読んだり、クマ(ぬいぐるみ)を洗濯したり、石ころに落書きしていたら
c0113755_149191.jpg
太郎が古いレコードを持ちだして、
ローリング・ストーンズの“ワイルド・ホース”を聴いている

『スティッキー・フィンガーズ』は、1971年の4月にリリースされたアルバムで
アートワークをアンディ・ウォーホルが手がけた

オリジナルのジャケットには本物のジッパーが取り付けられていて、
開くと、ブリーフが印刷されたカードボードが出てくるデザインだったみたい!?!

レコードが回ると、40年を越える時間が逆回転で回り始めて、、、
入道雲の空が
遠い遠いその頃ともつながっているような、不思議な午後になりました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-07-30 02:11 | Trackback | Comments(0)

鎌倉から、人生を楽しむ“TOOL”発信

渋谷で偶然再会した坪井くんから
-----鎌倉で新しいお店を開きます、というお知らせが届いた

七夕の日のOPENには行けなかったけど、7月中に!と思って
夏の日差しと海からの風を心地よく感じる夕方、訪ねてきた
c0113755_17583312.jpg
海沿いの道を右折したら見えるように、大きな文字で、自分で!描いた
「Losango」の隣には、Market for the Quality of Life

店の名前は、ポルトガル語で菱形、という意味だと聞いて
「ダイヤモンドだね?」って言ったら、その意味もある1とのこと〜〜
c0113755_183308.jpg
グリーンでクリーン、楽しくて心がユラユラしてきそうな入口から
OPENして何年も経ったような、心地いい風が吹いてくる
c0113755_187524.jpg
日本のヤカンと、ポルトガルの器が一緒に並び、
c0113755_186372.jpg
隣の棚には、英国で閉館される図書館からやってきた本が鎮座する
c0113755_1861818.jpg
ライフスタイルをちょっとしたセンスで自分らしく彩るためのいろいろがあり、
c0113755_18124312.jpg
ガーデニングや自然の楽しさを日常に取り入れるいろいろもラインアップ!
c0113755_181353100.jpg
坪井くんが長く働いていたF.O.B COOPのDNAを感じるものも、発見

彼が新しい視点で提案していく、LIFE & TOOLSを楽しみに、
今年の夏は、ときどき鎌倉まで出かけようと思っています
http://losango.jp/
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-07-26 18:22 | Trackback | Comments(0)

花咲く山から、ペンギンアイランドへ

夜の中央フリーウェイを走って、山梨の小屋へ行って来た

真夜中の東京に星はなかったけれど、山梨の空では星がチラホラ

ぐっすりと眠ったら、朝の風はサラサラとして、
ザワザワしていた心がみずみずしく、すっきりとしている
c0113755_19582598.jpg
ヒメシャラの花に遊びに来ている虫の名前はわからないけれど

この花が「小夏椿」とも呼ばれることを知って、少し豊かな気持ちになった
c0113755_201422.jpg
太郎がどこからか持ち出したモノが、太陽の光で浄化されるテーブルで

小さなMacがあれば、そこは仕事場-----大きな空の下で、言葉にも力が宿るかなぁ?
なんて非日常の時間を過ごし、丸一日で東京に戻ってきた
c0113755_2053680.jpg
そして翌日、神田小川町で開かれている高砂淳二さんの写真展
「ペンギン・アイランド」で、サラサラ〜〜スイスイ〜〜の午後

ペンギンと同じ視点で撮影している高砂さんを想像しながら、

ペンギンたちがひとに見えてしまったり、
夏の空に逝った写真家、星野道夫を思い出したりもして、、、
c0113755_20133693.jpg

電話で話したばかりの母に、この写真集を送って涼を届けようと思いました

暑さは暑さで受けとめながら、気持ちはサラサラの日々でありますように〜〜〜
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-07-22 20:27 | Trackback | Comments(0)

クールに生きたければ、とジョニーは言った

ジョニー・デップがアメリカインディアンのことを語るのはめずらしくない

自分が監督した映画「ブレイブ」では、主人公のインディアンを演じているし

8月2日公開の新作「ローン・レンジャー」でも、
アメリカのドラマで一番有名なインディアンの1人、トントになりきり、
c0113755_17533378.jpg
魂の案内人をイメージして、頭にカラスを飾ったメイクで登場し、
これでは、ジョニーってわからないからイヤ!っていうファンもいるみたいだけど
c0113755_17563235.jpg
リビングに、ビーズの刺しゅうを施した水牛のスカルのオブジェを飾る私には、
聖なる力を持つトント、というキャラクターが今から楽しみで仕方ない
c0113755_17593799.jpg
記者会見で写真はNGだったので、©オフィシャルの写真

映画の話は公式サイトでチェックできるけれど
c0113755_1823488.jpg
記者会見で、ジョニーが語った言葉でグッときたのは
「"COOLに(カッコよく)生きるには、UNCOOLに(カッコ悪く)生きろ」というひとこと。
そして
「僕は長い間、いつもホームレスのようなカッコ悪いスタイルだし、
 世界中の皆さんが僕についていろいろ言うことをなるべく無視している」

「COOLに生きたければ、自分らしく生きろ、ということかな?」と
初めて、生き方のようなことを語ったことでした

アメリカの西部劇ドラマとしてはあまりに有名なシリーズだけど
日本ではジョニーが新しい形で紹介してくれる「ローン・レンジャー」

私が大好きな白い馬に乗る、大好きなジョニー・デップに会えるのが楽しみ!楽しみ!!
http://www.disney.co.jp/loneranger/home.html
8月2日から全国公開です
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-07-18 18:12 | Trackback | Comments(0)

福山正和@水上の、新しいライフスタイル

京都で初めて会ってから、気づいたら20年近い時間が流れたけれど、
そういえば、向き合って話したこともなかったなぁ、、、
c0113755_529371.jpg
でも、彼が無器用だけど頑固に、正直に自分の道を歩いていたこと
クールに見えて七転八倒しながら、その道を進んでいることは知っていた

いつもは福ちゃんと呼んでいる福山正和が、新しい季節を楽しんでいる
c0113755_531456.jpg
知り合ったときはスノーボーダーだった彼が、その後は世界を広げて、今は、
ファッションの提案もする、MofMというブランドのクリエイティブディレクター
c0113755_535062.jpg
設立10周年を迎えて、東京の代官山から群馬県のみなかみへ、本拠地を移転
----お披露目をするというので、お祝いパン・ド・カンパーニュを届けてきた
c0113755_537314.jpg
私がスノーボードを始めた頃からずっとエクストリームな男たちが、
今でもヘナチョコスノーボーダーの私たちを、笑顔で迎えてくれた
c0113755_5425970.jpg
星が降ってくる音が聞こえてきそうなテントで眠ったら
c0113755_546214.jpg
この写真の石川健二くんのように、自由に雪と遊ぶ夢を見そうですが、、、

集まってくれた人たちに感謝を語りながら、福ちゃんの心が向かっているのは
今は緑が眩しい山が真っ白につつまれる、冬の真ん中、なのだと思いました
c0113755_5492931.jpg
自分で作ったボードやウエアを自分で試しながら、
ファッションの提案も続ける福ちゃんの、新しいクリエーション

新しいライフスタイルからの発信が、今からとっても楽しみ&楽しみ!!です
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-07-15 05:59 | Trackback | Comments(0)

“オン・ザ・ロード”

出版されたのは1957年
作家の名前は、ジャック・ケルアック

出版後、ビート・ジェネレーション文学の代表作として語り継がれ、
ボブ・ディランが、「僕の人生を変えた本」と言った1冊

“On the Road 路上”という小説は、
今でもヒッピーの教科書みたいに言われているが
c0113755_4174622.jpg
文学少女ではなかった私が読みもしない原書を買ったのは、
大好きなジョニー・デップやサム・シェパードの世界の中で出会ったからで

ビートニクとか、ビート・ジェネレーションのことは、深くはわからないけれど
c0113755_4275214.jpg
映画になった“On the Road”は、メチャクチャな男たちがカッコイイ

ペンギンブックスの表紙では右側にいるジャック・ケルアック自身を
映画では、左側のサム・ライリーが演じているのだが、

ナレーションも担当する彼のかすれ気味の声が、2時間超えの物語をリアルに伝える
そして
狂おしいほど心惹かれた友だちのことを書き続けた、言葉の力が押し寄せる

小説の主人公は、映画では右側の男ディーン(本の表紙で左側が実在のモデル)だが
私が気になったのは、
彼に振り回される------せつないけれど、したたかで、強くてあっぱれな女たち!!
c0113755_4583660.jpg

ニューヨークで知り合い、コロラドからサンフランシスコへ向かい、
テキサスやメキシコまで南下し、またニューヨークへ戻る車の旅は、ホコリまみれ

彼らの旅を追いかけるように描いた映画を見ていたら、

明日のことなんて考えず、答えなんか探さないで
迷うことなく勝手気ままに生きる季節が、人生の中にあってもいいと思ったりして

見終わったら仕事に戻らなくちゃ、、の現実を忘れるほど、引き込まれてしまった

-----8月下旬に公開されたら、もう一度映画館で観たい作品
http://www.ontheroad-movie.jp  
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-07-11 05:07 | Trackback | Comments(0)

花に願いを

駅のホームで少女が短冊が吊された竹を持って電車を待っている

ショッピングモールの七夕コーナーでは、願い事がエアコンの風に揺れている

空を見上げて未来に心を飛ばしていると、選挙演説の声が横切っていく午後、
c0113755_181720.jpg
梅雨明けの代々木公園にできたアースガーデンは、ハンモックのリズムが心地よくて、
芝生の上で、お昼寝をするひともチラホラリ
c0113755_19658.jpg
大好きなオリジナルの花飾り“CHACO”のブースを見つけたら、
デザイナーのワコちゃんと友だちのまつゆうが、100%の笑顔で迎えてくれた!
c0113755_1112963.jpg
さわやかなシンプル系の花たちは、髪に飾っても胸元につけてもキ・レ・イ
c0113755_1123318.jpg
あざやかなカラフル系の花たちは、つけるだけでプチヒッピー気分!?
c0113755_1165975.jpg
私は麦わら帽子にグルリとリースを巻いてもらったけれど、
いつもと同じ笑顔のワコちゃんの心をシェアしてもらった気がしました
c0113755_1271377.jpg
代々木公園以外でも、“CHACO”のマークを見つけたら、
ハッピーなワコちゃんの、夏の笑顔とも会えますよ〜〜
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-07-07 01:33 | Trackback | Comments(0)

代官山の、ノルウェー

ご近所のカフェ「FUGLEN」は、50年の歴史があるノルウェーの老舗
おいしいコーヒーとおいしいお酒が夜更けまでいただける、ウフフなお店

昨年ニューヨークと東京にできた支店は
日本でノルウェーデザインに出会うことができる、うれしい空間でもあるのですが
c0113755_0402131.jpg
7月7日まで、代官山のヒルサイドフォーラムで開催中の
「NORWEGIAN ICONS TOKYO 知られざるノルウェーのデザイン展」では、
c0113755_0453473.jpg
1945年から1975年を中心に、当時のアイコンとなったノルウェーの
家具、食器、インテリアアイテム、工芸品、ジュエリー、写真をはじめ、
c0113755_0461153.jpg
ノルウェーの国民的な画家、エドヴァルド・ムンクの作品も含め
ヴィンテージデザインを展示・販売中というので行ってみました
c0113755_0471027.jpg
ほしかったものは、すでに購入サインが記されていて、、、TOO LATEだったけれど
初めて出会うデザインから、ノルウェーの文化と暮らしが少し見えてきて
c0113755_0491955.jpg
ヤカン以外にもほしい食器や木のオブジェが
私の家のテーブルに置かれる妄想を楽しんだのでした
c0113755_0513539.jpg
この器で、冷たいスープや素麺を食べたいなぁ、、、
c0113755_0514849.jpg
このプレートに、たっぷりの野菜をのせたいなぁ、、、
c0113755_0532497.jpg
黒く塗った竹を仕切りに使った見せ方に、一瞬、蒸し暑さを忘れて、
日本文化との心地良い交流も感じながら(無料)、ノルウェーへの興味が深まり
おいしいコーヒーもいただける(有亮)展覧会でした
http://www.norwegianicons.com

c0113755_1684689.jpg
これは、私の勝手な解釈かだから???ですが、
アメリカのアラスカやイヌイットのインディアンアートに通じるウッドワーク
c0113755_1683288.jpg
大きな大地と静かな森の世界が見えてきそうなデザインにも心惹かれて、、、
行ってみたくなってます-------ノルウェー!
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-07-03 01:15 | Trackback | Comments(0)

梅雨の晴れ間の山時間

雨が降りそうで、降らない一日

山の時間はゆるやかに流れている

山の犬を撫でていると、こっちまで気持ちがホッコリ
c0113755_145057.jpg
実は心臓を脂肪が圧迫しているので、
マッサージはその周りをしてやってほしいと

この犬が村に捨てられたときから予防接種をしたり、怪我の手当てをしている
育てのママが教えてくれたので、その当たりをなでなでなで〜〜

c0113755_1465562.jpg
夏が近いのに肌寒い日もある山の上では
まだまだタンポポが咲いていて、虫たちにミツを与えている

山の時間の中に居ると、「ゆっくり生きていいんだよ」って
空からの声が、ささやくように語りかけてくるような気がして

「のんびり」が苦手な私も、お昼寝なんてしてしまうのは
体と心が疲れているから、でしょうか?!

犬と遊び、花と遊び、どうにか雨を呼び込まなかった空を見上げて
2013年の半分が終わった

新しい半分は、自分の心の声をよく聞いて、
新しい自分を、あわてずさわがず、見つけていけますように(自省をこめて)

新しい未来に向かって、おだやかな日々が続きますように------
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-07-01 14:31 | Trackback | Comments(0)