光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

祈りの場
at 2017-08-15 00:53
夏の、地球で、心呼吸
at 2017-08-08 02:07
オキーフは、笑わない!?
at 2017-07-29 17:19
太郎と、TARO
at 2017-07-26 12:40
空に居るひと
at 2017-07-20 00:27
森の風、カラスの道
at 2017-07-09 01:38
事件と、至福
at 2017-06-29 12:11
手が作るもの、手が伝えること
at 2017-06-18 23:55
空に向かう日々
at 2017-06-11 23:50
時を旅したジーンズ
at 2017-06-04 00:21
手を伸ばせば、緑の時間
at 2017-05-29 23:43
初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45
花のように、風のように
at 2017-04-09 21:25
はじめての、沖縄
at 2017-04-04 13:50
メディスン・ホイールが教えて..
at 2017-03-29 01:02
1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2013年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

思い出したいひとがいます

一緒に笑った、話した、ごはんを食べた、空を見た

空に旅立ってしまった大好きなひとを思い出すとき
いつも思い浮かぶシーンがある

そのひとは、
本を読んでいた、ワインを飲んでいた、笑っていた
c0113755_111491.jpg
庭に咲いている白いアジサイを、
彼は空から見に来ているだろうなぁ、、

そんなことを思いながらシャッターを切ったら、ちょっとブレた(涙)
柏餅をお供えして、近況をレポートしたら、おなじみの笑顔が見えた、気がする

思い出して、そのひとのことやいろんな話をした午後、
「偲ぶ」、という字は、
人偏に思う、と書くことに、深く納得してしまった、春時間、、、合掌 拝
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-04-28 01:24 | Trackback | Comments(0)

美を追い求める84歳のニューヨーカー

フランスの清掃員が着るブルーのジャケットを着て
自転車でマンハッタンを走りながらも、シャッターを切り、

ニューヨークのストリートでファッションを撮り続ける、ビル・カニンガム
c0113755_355435.jpg
80歳を過ぎても、そのスタイルは変わらない

「美を追い求める者は、必ずや、美を見出す」

フランスの文化勲章授賞式でのスピーチは、ファッションに限らず、
自分の道を歩こうとする人への強くてやさしいメッセージ
c0113755_362351.jpg
フィルムで撮った写真は、ビルが選び、レイアウトも細かく指示されて
NEW YORK TIMESのON THE STREETに掲載される
c0113755_364191.jpg
「ファッションとは、身体に装いを凝らす芸術」
「ファッションは鎧なんだ、日々を生き抜くための」
「自由より価値のあるものなんか、ないよ」

品格ある人間としての彼の言葉と、
カメラを持ってストリートで写真を撮る姿、そして

ワクワクするようなファッションシーンと出会える映画
「ビル・カニンガム&ニューヨーク」http://bcny.jp/
c0113755_37784.jpg
働いているのではなく、好きなことをしているだけだと語るビルの生き方は、
本当に好きなことを見つけたら
迷うことなく、まっすぐに、自分の心と身体を注ぎ込めばよいのだと語っていて

私はまだまだ、まだまだ、何もしていないなぁ、、と思いながら、
元気で歩き続けていれば、
いつかはきっと、何かが見えてくるような心持ちになったのでした(希望)
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-04-26 03:14 | Trackback | Comments(2)

山から春がやってきた

冬に逆戻りしたような寒さに、カラダがおびえてしまった週末

月曜日の朝、玄関のドアを開けるのが少しドキドキしたけれど

火曜日の朝、山里のウドが大地の春の息吹を届けくれた
c0113755_3203531.jpg
一緒に届いた手紙には、
突然の夏日が大地を目覚めさせ、ウドが早めに育ったと書いてある

つつんである新聞紙を開くと、フッとそこだけ「春の野生」が香り
土から採ってくれた友だちに、心から感謝したくなる
c0113755_3252977.jpg
うすぐもりの公園では、
緑の葉をつけた木の足元で、何色ものツツジが言葉少なに咲いている

流星群を見せてくれなかったうすぐもりの空のせいで
ツツジの花は色鮮やかではないけれど、、、、

正真正銘の春がそこに在ることを、花も草も木も空も土も教えてくれるから
大きく呼吸して、その空気を、抱きしめたいと思います
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-04-24 03:44 | Trackback | Comments(0)

ルヴァンの日々

真鍋太郎“PAINT IT LOVE”プチ展が、楽しく終了
-----来てくださったみなさん、ありがとうございました!

大好きな天然酵母パンの老舗、富ヶ谷のルヴァンのカフェで
ほぼ毎日、パンの焼ける匂いにつつまれた、幸せな20日間
c0113755_338126.jpg
クルミとレーズンがミックスされたメランジュをはじめ、
c0113755_3374119.jpg
何種類ものパンが、7,8人のスタッフの手で作られる場で
プチ展ラストを飾る、楽しいハプニングが始まっていました!
c0113755_3413184.jpg
スタッフの「太郎さぁ〜〜ん!」という声で製造現場に現れたかと思ったら、
「何か描いてください」というリクエストに、ナイフを動かし出して〜〜〜
c0113755_3432086.jpg
描いたのは、外看板にもした、ネコボディ〜〜〜!
クリアに見えないかもしれないけれど、
c0113755_4153847.jpg

焼きあがりは、なんとなくネコだとわかる絵になったでしょうか!?!
c0113755_4112664.jpg
ネコパンを抱いた太郎さんと、パンの父:甲田さんを
おいしいパンの匂いで幸せそうだった犬とネコが、やさしく見守っている気がしました

またまた!?寒さが戻ってきたので、
ちゃんと食べて、ちゃんと歩いて、元気で春のまんなかへ向かいたいですね〜〜

みなさま---------ありがとうございました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-04-21 04:25 | Trackback | Comments(0)

操上和美さんの目で切り取った、ニューヨーク

敬愛する写真家、操上和美さんが
「ニューヨークに行って来たよ」とおっしゃるので
どんなお仕事だろう?!と思っていたら

新しく5月に発売されるコンパクトデジタルカメラ
-----ペンタックスリコーの“GR”を手にして
ニューヨークを操上さんの『目』で切り取ってくる旅だった
c0113755_2132238.jpg
『俊敏な肉体と精神を持っていないと、写真は撮れない』

『なにも自分が反応しなかったら、1枚も撮らない』

-----操上さんのリアルな言葉と写真で構成されるカタログの表紙を飾るのは、
“GR”を手にした〈写真家・操上和美〉自身の、手のリアル
c0113755_2192226.jpg
ホテルにチェックインしてすぐに街にくり出して、
気づいたら5時間歩き、食事時間以外はずっと撮影、という日々を過ごし、

東京より寒かった街を歩き続けて、帰国された操上さんは
“GR”が、自分のリズムに応えるカメラだと話してくれた
c0113755_21103788.jpg
そんな、操上さんの感覚を刺激したニューヨーク写真が見たくて!!

撮影風景やスナップショットをまとめたムービーが披露される
新製品発表会に出席させていただきました!
c0113755_21173833.jpg
実は私、RICOHのCXシリーズがお気に入りなので、大好きなデザイン!

機能は使いこなすのは私には難しいかもしれないけれど
「ほしいものリスト」の上位に置いてしまおうと、、、思っています-----!

*写真は、発売前日までに予約するともらえる、オリジナルREDリング付き
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-04-17 21:47 | Trackback | Comments(0)

トンネルを抜けると、、、

青空の日が続くと、山の空気を吸いたくなる

公園を歩いていると、雑然とした木々の立ち並ぶ、山が恋しくなる

大きく深呼吸して、心呼吸すると

いのちが芽生えてくる山の気につつまれて、カラッポになりたいなぁ、、、
c0113755_14395762.jpg
東京の桜が葉っぱの緑でキラキラする頃
山の桜はまだ咲いていて、花が開いて初めて桜だと気づいてもらえる、そういう季節

無農薬のリンゴを育てる木村秋則さんが
「ドングリの木が、山の中で、誰も手を掛けないのに実を付けるのを見て
 リンゴも、リンゴが実を付けたくなるような環境を作ってあげれば成ることに気づいた」
と話しているように

自分が自分らしく生きられる場に居られることが大切だと、
-----山に教えられる季節、でもある
c0113755_1448425.jpg
昨年の事故以来、走るのがこわくなっていたけれど

トンネルを抜けると、春の山
-----そういう時間の中へ走って行きたいなぁ、、、、

その前に、
今の仕事と向き合って、自分の「場」を大切にしなくちゃ、ですが、、(笑)
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-04-16 14:58 | Trackback | Comments(0)

犬が好き、ネコが好き

3月の真鍋太郎“PAINT IT LOVE”展は靑山のギャラリーで
犬とネコを約40点、展示させてもらいましたが

それがご縁で、4月は富ヶ谷にある天然酵母パンのルヴァンのカフェで
“PAINT IT LOVE”プチ展として、2日から20日まで展示中

最初の1週間が過ぎて、カフェのお休みの日に
仕事部屋にいた太郎くん〜〜〜何をしているのかと思ったら
c0113755_1102249.jpg
犬ボードとネコボードを作っていました!_!

手に持って、自分の顔を出して撮る人がほとんどですが、
YちゃんとYちゃんママは、顔を全部かくしちゃいましたぁ、、

このあと、犬ボードを高く上げて、ワー!って叫んだ写真は
かわいすぎてお見せできないのが残念ですが
c0113755_01012.jpg
20日までに遊びに来くださったら、
犬になったりネコになったりすることが?できます!!(笑)

寒さが戻ったりしていますが、おいしくて元気の出るパンを食べて
春時間をゆっくりとお楽しみいただけると思います

お会いできれば、とっってもうれしいです!!
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-04-13 01:34 | Trackback | Comments(2)

雨のち晴れる

めちゃくちゃ凹んでいるひとがいる

激しく凹んだメールが、届く

言葉を返せないので、会いに行って

ただ、抱きしめたい
c0113755_1431336.jpg

少し前までにぎやかな笑い声がしていた桜の公園

小雨の午後に、人影はない

けれど、
c0113755_14331380.jpg

風が吹いて、雨雲を飛ばしてしまえば

-----凹んだ心は、いつか凸(ふく)らむ

目には見えなくても、太陽は、そこにある

そう思っていたら、空が〜〜晴れてきました

おだやかな日々が、続きますように
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-04-11 14:39 | Trackback | Comments(0)

1920年、30年代のセレブたち

エドワード・スタイケンの写真を初めて見たのは、
初めて行った、ニューヨーク近代美術館 MoMAだった

そこに写っているのが誰か知らないのに、妄想で会話したり(笑)して、、
モノクロームの写真の前で長い時間を過ごしたことを覚えている

アメリカ写真界の巨星と言われるスタイケンが
1920年~30年代にVOGUEやVANITY FAIRで発表していた写真、 約200点の写真展
c0113755_23363799.jpg
雨と嵐に負けずに、最終日前日の世田谷美術館に行った甲斐があった

当時のセレブ:女優や俳優、ダンサー、政治家や音楽家、脚本家や詩人たち
チャプリン、グレタ・ガルボ、ゲイリー・クーパー、コレット、チャーチル、ガーシュインが、

シャネルやランバン、スキャバレリなどのハイファッションにつつまれて
モノクロームの世界で、生き続けているように見えて、うっとり〜〜〜

1枚1枚の写真の前に立ち、スタイケンが彼らの前でカメラを構えていた
そのときの、スタジオの空気を想像したりして、、、90年以上前の時間に旅をした

スタイケンは1947年にニューヨーク近代美術館の写真部長となり、
世界で900万人を動員した写真展「「ザ・ファミリー・オブ・マン」を企画したことでも有名

今回の写真展は、2007年パリを皮切りに世界各地を巡回してきた展覧会
-----7日が最終日ですが、、、、未見な方には、おすすめしたいです!

http://www.setagayaartmuseum.or.jp/
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-04-07 00:05 | Trackback | Comments(0)

TRUE TO YOURSELF.

明治学院大学の教室で
サティシュ・クマールさんのDVD上映を見るチャンスがあった

そして、英国で平和と環境の活動を続けている思想家、
サティシュさん、本人のパワフルなお話を聞くことができた
c0113755_2535113.jpg
一番大切なことは何ですか?という質問に-----LIVE SIMPLE.という答え
さらに、
「EAT WELL, LIVE WELL.」

「耳が二つあって口が一つあるのは、聞くことが大切だから」などなど

いつも思っていることがサティシュさんの言葉で語られると
朝起きたばかりの体で飲む水のように、しみてくる----やさしく、おだやかに

「世界を変えたいなら、まず自分が変わりなさい」という
同じインド出身である、ガンジーの言葉が繰り返されるのが印象的

そして
「誰にでもガンジーやマザーテレサになれる「可能性」があるのです」

「TRUE TO YOUR CULTURE,YOUR LAND,YOURSELF」

「自分自身と自分の国に自信を持つことが、世界における日本人の役割」

すべての言葉が力強く、まっすぐに心と体に入ってきて
自分の小さな可能性を信じてみようかしら?なんて思ったりしたのでした

下記のYOU tubeで、予告編を!
http://www.youtube.com/watch?v=M6wMzJTbIyw
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2013-04-06 02:58 | Trackback | Comments(0)