光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45
花のように、風のように
at 2017-04-09 21:25
はじめての、沖縄
at 2017-04-04 13:50
メディスン・ホイールが教えて..
at 2017-03-29 01:02
1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31
止まらない、止まれない
at 2017-03-15 17:34
こんにちは、ちいさな神さま
at 2017-03-08 01:19
春の、気まぐれ
at 2017-03-02 19:35
おいしい時間は、元気のはじまり
at 2017-02-23 04:08
春服を着た、招き猫
at 2017-02-17 12:37
笑って、リセット
at 2017-02-12 13:15
風が変わるとき、何かが起こる!?
at 2017-02-08 21:57
横浜の、新しい招きネコ!?
at 2017-01-24 02:10
前に進む力、いただきます!
at 2017-01-15 16:52
日々を重ねて、新しい明日へ
at 2017-01-06 02:42
新しい気持ちで、ありがとうご..
at 2016-12-31 19:42

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2012年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

トラと少年

空港に早くチェックインできたときの楽しみは、人間観察

ひとり1人に家族があり、帰る家があると思いながら見ていると
ひとり1人の笑顔や涙まで勝手に想像できて、時間はあっという間に過ぎていく
c0113755_16323081.jpg
ママは泣き叫ぶ弟にかかりっきりだし、
もう一人の弟は静かにパパの隣に座っているから、長男の彼はロビーをウロウロ

お菓子やオモチャ売り場が気になって、少しもジッとしていない彼の背中で
トラのぬいぐるみが、右へ左へ揺れている!?!
c0113755_16361311.jpg
ボーディングタイムが近づいても、トラは背中で揺れていて
そのまま飛行機に乗り込む様子が、誰よりもカワイイ!!

隣に座れたら、彼がなぜトラが好きなのか??きいてみたいし、
ワイキキに着いたら、背中のトラと一緒に泳ぐの???なんてことが気になって、
私は、彼から目を離せません(苦笑)

彼を見ていたら-----大海原で遭難して、トラと一緒に漂流することになった16歳の少年、
パイの227日を描いた映画“ライフ・オブ・パイ”の試写を、
東京に戻ったら、絶対に見に行きたくなったことを告白しておきましょう
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-11-30 17:02 | Trackback | Comments(0)

ワイキキに、火山灰?!

ハワイ島からオアフ島に着いた日に、迎えに来てくれた友だちから
ホノルルにはハワイ島の火山灰の影響で、ぜんそくの人が多いと聞いた

ハワイ島では、火山は圧倒的なエネルギーを発していて、
地球がマグマを内に抱えて生きていることを再確認させてくれたけれど

桜島の噴火で、鹿児島の人が洗濯も干せないと嘆いていたことを思い出して
自然が、人間の思い通りにはならないことを痛感した
c0113755_12111072.jpg
11月のハワイは初めてだったけれど、
そんな視点で見ると、太陽が雲に隠れたワイキキの空は重々しく見えてくる
c0113755_12153298.jpg
とはいえ、海で泳いだりサーフィンする人は多くて
ダイアモンドヘッドが見えるワイキキのビーチは、笑顔がいっぱい!
火山灰のことも忘れて、、「泳ぎたかったねぇ、、」(笑)

ハワイ島では、古い時代の文化と大きくてなまなましい自然のエネルギーにつつまれ、
ホノルルでは、いつもより肌寒い風に吹かれながら
東京で聴くよりパワフルだった!ジェイク・シマブクロの音楽に心から感動した

旅から現実の日々に帰ってきたら、時差ボケは少しあるけれど、
なんだかシンプルになっている自分に気づいて、、、元気な東京時間がはじまりました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-11-29 12:37 | Trackback | Comments(0)

ミュージアムで、レジェンドのアロハ展

ホノルルのビショップ・ミュージアムに行けば、
ハワイアンのネイティブな世界に触れることができるけれど
今回のおめあては、別館で開催中の“HI FASHION”-----アロハウエアのコレクション
c0113755_19591092.jpg
ハワイ初のメーカーとしてアロハシャツを製作販売したアルフレッド・シャヒーン社の
デザイナー、シャヒーンはアメリカ本土の高級店に顧客を持っていて

1952年からテキスタイルもデザインして、アロハシャツの販売をスタートしたが
時代のスタイルを取り入れたコレクションは、想像以上に膨大で、奥が深い!
c0113755_203853.jpg
メンズのアロハシャツはもちろん、すぐにでも着たいドレスもいろいろ〜〜
アメリカの切手にもなった上質なデザインは、今も新鮮に感じられる
c0113755_2011455.jpg
この展覧会を記念して、プレスリーが映画で着たアロハシャツのように、
数点が復刻されて販売されているので、コレクターのため息が聞こえてきそう、、、です
(ホノルルのビショップ・ミュージアムで、2013年2月4日まで開催)
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-11-26 20:20 | Trackback | Comments(0)

ハワイシアターで、ジェイクのライブ

ジェイク(Jake Shimabukuro)のウクレレを初めて聴いた時の驚きは、今でも忘れられない

はじまりはママの教えてくれたハワイアンだったけれど、彼のテクニックはどんどん進化!!

超絶奏法なんて言葉では言い尽くせないくらいのすばらしさにありながら、
さらに高みをめざしているエネルギーを、いつも感じる

日本では、映画「フラガール」で有名になったけれど、
ウクレレで世界を変えられる!って信じている彼のスピリットは、全米4のツアーでも拡大中
c0113755_3584559.jpg
90年の伝統があるハワイアンシアターでのライブも、SOLD OUT

日本では何度も聴いているクイーンの“ボヘミアン・ラプソディ”や
ジョージ・ハリソンの“While My Guitar Gently Weeps”を、いつもより熱く感じたのは
自分の家族や友だちがたくさん見守る中での演奏だったから、かもしれないが
ハワイでしか見られないジェイクの世界に魅せられた
c0113755_431634.jpg
終演後、2階のバルコニーに上がってみたら
観客たちの興奮がまだ残り、劇場をあたたかい空気でつつんでいた
c0113755_454523.jpg
ビーチサイドに戻ると、昨日まではサンクスギビング!!だった街が変身!!

サンタがサーフボードに乗ってくる肌寒い街を歩きながら、
ジェイクのウクレレがいつまでも聞こえてくる気がする、しあわせな夜でした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-11-26 04:22 | Trackback | Comments(0)

火山の神さまに会いました

BIG ISLANDと呼ばれるハワイ島は、BIG NATURE ISLAND
今まで見たことも歩いたこともない道が「こっちへおいで!」と呼んでいる
c0113755_16551489.jpg
火山の噴火がおさまり、温度が急激に下がった岩の表面を見ながら
“溶岩トンネル”を歩くだけでも、気分はインディ・ジョーンズ!?!
c0113755_16583326.jpg
噴煙と雲がひとつになる空を見ているだけで、
地球という星が生きていて、そこに生きる自分の命を感じて、ドキドキ!!
c0113755_16573858.jpg
友だちにはキラウエア火山の溶岩トレッキングをすすめられたけれど
-----今回は、展望台から小さく見える人影に手を振るだけにして
c0113755_1705763.jpg
溶岩が髪の毛のように見える火山の神、ペレの絵を見ながら
ハワイの自然が好きになっても、畏敬の念を忘れてはいけないと思いました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-11-24 17:14 | Trackback | Comments(0)

サンクスギビングデーの誤算

泊まったBBは広い敷地の中に野菜や果物を育て、タマゴを産むニワトリも飼っていた

昨日のパンプキンパンケーキがあまりにおいしかったので、今朝も楽しみにしていたら、、、
c0113755_1702597.jpg
期待を大きく超えるおいしさの野菜とスパイスのキッシュに
ブラウンポテトをナチュラルなまま添えて、サーブされて
-----大地のおいしい実りに、心から感謝する1日がスタート

ハワイ島に来ることを決めたとき、気にしなかったサンクスギビングデーだけれど

いざ、その日に旅することになったら、実は問題もいろいろ
c0113755_172510.jpg
自然の中に出かけるなら問題はないのだが、
小さな町も大きな街も、ほとんどのお店はCLOSEしていて、途方にくれた(涙)

  ハワイ島にはアメリカで最大級の牧場があって
  そこの肉はほとんど全部が本土に運ばれるから、、ハワイの人はスパムを食べるんだよ

そんな話をしながら、パーカー牧場のバンダナをお土産にしてくれた大先輩を思ったり、
その広大な敷地を走る馬たちを見られなかった残念をかみしめたりしながら

ヒロの街まで走ってくると、朝はコナの海に停泊していた船に似た巨大な物体!?
c0113755_17101068.jpg
聞けば、マイクロソフトの役員がハワイの島を移動している豪華客船だそうで!?!

ファミリーで過ごすことが多いサンクスギビングの夜
-----ファミリーレストランでささやかな食事をした私には想像できない
豪華なお料理を楽しんでいるのだろうと、考えてみたりしながら

旅をプランしたときには思いもよらなかったアメリカの休日のせいで
目的のひとつは果たせなかったけれど-----

テーブルが家族の笑顔でつつまれる光景を見ることができたのは、嬉しい誤算でした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-11-23 17:27 | Trackback | Comments(0)

ネイティブなハワイアン文化の中へ

ハワイに来てもネイティブのカルチャーに興味が走ってしまうのは
アメリカインディアンのスピリチュアルな世界とアートが好きだから

溶岩トレッキングより先に向かったのはコナコーストの南にある国立歴史公園
c0113755_186561.jpg
タヒチから旅してきたネイティブたちが神をかたどったTIKIと呼ばれる木像たちは、
アメリカ北西部の森のインディアンが作る、トーテムポールと同じスピリッツを感じる
c0113755_1893165.jpg
クルマを北に向けて走らせて、巨大ホテルの開発したリゾートを抜けると
その裏手に、すれちがうひともいない圧倒的なラフトレイルを発見
c0113755_18222837.jpg
1400年から1800年代のハワイアンの人たちが岩に記した“ペトログリフ”は、
旅の軌跡や祈りを今に伝えていて、ワクワク!
c0113755_18225618.jpg
溶岩の大地に流れる時間を、東京よりもゆっくりと感じながら
初めて見る木々の葉や、香り立つ花が野生で育つ島の空気を心に深く呼吸中〜〜
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-11-22 18:31 | Trackback | Comments(0)

大地は生きている

初めての場所なのに、どこか懐かしさを感じるのはなぜだろう?

ハワイ島の海が見える山の中にあるBBにたどり着いたら
友だちの家に遊びに来たようにくつろいでしまった
c0113755_217697.jpg
ドアのない入り口で靴を脱ぎ、オーガニックティを飲んでいると
メディテーションをするつもりはなくても「のんびり」のスイッチがON

ローカルの町までクルマで走る道の両側には、溶岩の大地が広がって、
遠い昔に噴き出した山の『神さま』に守られている、気がしてくる
c0113755_2192564.jpg
ビーチまで足を伸ばしたら、遠くからは見えなかった溶岩が海にも広がり
くもった空に落ちていく太陽のおさえた光がやさしくて、

大地も空も生きていることを感じる旅が、はじまりました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-11-22 02:23 | Trackback | Comments(0)

それぞれの秋色

豪邸で生まれても、小さなお部屋で育っても、
太陽と月と星は誰にも同じように与えられているから、

環境のせいにして、何かをあきらめたくはないな、って
ゆるやかな坂道をのぼりながら、思った
c0113755_121443.jpg
同じ街で、太陽と月と星の力を同じように与えられ、
雨に降られて、風に踊っているというのに、なぜこんなにも色が違うのだろう?

それは1本1本の木の、もともと持っている生命力の違いかもしれないし、
風の向きや車の排気ガスの量のように、目に見えない要素が重なった結果?

それにしても、信号なら、注意と進めの違いってことになるのだから、、
黄色と緑ではあまりに違いが大きいというもの、、、

そんなことドーでもいいから、自分の仕事をしなさいね、って
イチョウの声が聞こえたような気がして、目的の場所に急いだけれど

そんなドーでもいいことが気になってしまうから、
人生はちょっとだけ楽しいのですよ、と、空の声も聞こえた気がしたのでした(笑)
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-11-20 01:32 | Trackback | Comments(0)

すばらしき還暦・お祝い

3回目の二十歳、つまりは還暦お祝いのパーティにお招きされて
華々しくて楽しくて、ずっとずっと笑っていたサタデーナイト

集まったゲストを楽しませようとしてくれる主役が
心からポジティブで、みんなに愛されている!っていう愛に満ちた空間で
c0113755_23523540.jpg
大きなハート形のケーキを作ったのは、テオブロマの土屋公二シェフ

フルーツが入ったショートケーキの真ん中でキスを待つ唇は、チョコレート味!

真っ赤な衣装を何度も着替えて、歌い、踊り、話して、、笑いあり涙あり?!
すごいゲストの歌や演奏、ダンスのお祝いの3時間以上が過ぎて
c0113755_23572244.jpg
お開きになった会場の出口で渡されたおみやげが
唇の形の大人のショコラ〜〜主役からの愛を受けとってしまった(笑)

4回目の二十歳も楽しくお祝いできるように(笑!?!)
お互いに元気で笑って過ごしましょうね〜〜MERCI BEAUCOUP××××
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-11-19 00:01 | Trackback | Comments(0)