光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31
止まらない、止まれない
at 2017-03-15 17:34
こんにちは、ちいさな神さま
at 2017-03-08 01:19
春の、気まぐれ
at 2017-03-02 19:35
おいしい時間は、元気のはじまり
at 2017-02-23 04:08
春服を着た、招き猫
at 2017-02-17 12:37
笑って、リセット
at 2017-02-12 13:15
風が変わるとき、何かが起こる!?
at 2017-02-08 21:57
横浜の、新しい招きネコ!?
at 2017-01-24 02:10
前に進む力、いただきます!
at 2017-01-15 16:52
日々を重ねて、新しい明日へ
at 2017-01-06 02:42
新しい気持ちで、ありがとうご..
at 2016-12-31 19:42
心がまっすぐじゃないと、届かない
at 2016-12-25 03:21
12月の真ん中、光の中で
at 2016-12-18 00:07
未来からのメッセージ
at 2016-12-11 01:21
フルーツとパンがあれば、生き..
at 2016-12-05 03:11
I have an Appl..
at 2016-11-28 00:15
自分を受け容れる、勇気
at 2016-11-24 15:13
パンを売る弟のこと
at 2016-11-21 00:18
見慣れた場所で、視点を変えて
at 2016-11-14 01:31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2012年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

チビネコ、里親募集中

愛の深さをどう言えばいいか、、、うまく伝えられないけれど

私が子ども用のプールのだとしたら、彼女はシンクロのプールぐらい!?!
その愛は深くて広くておだやかな、女友だちがいる

今までに何匹もの大型犬を保護して里親に託したり、自分で飼ったりする
彼女の暮らしぶりを見ていると、きれいごとじゃなく
-----いのちの大切さを教えられる
c0113755_17121891.jpg
今は、隣の家でヘソの緒を付けたまま助けを求めていたネコを保護して、
最初は注射器、今は小さなほ乳瓶で授乳中

40日くらい経って、元気に育っているネコに名前を付けないのは
名前で呼んじゃうと愛着が湧いちゃうので、、、という理由に納得しながら

私は勝手に「チビコ」と呼んで、遊んでもらった
c0113755_17144674.jpg
動く小動物は写真を撮るのが難しいけれど
1枚、静止した写真が撮れた〜〜青い瞳も見えるかなぁ、、カワイイです!

彼女に見つけてもらって幸せだったね、って話しかけたら
「そうなの!」って言わんばかりに近づいて、、、思いっきりブレました(苦笑)
c0113755_17272495.jpg

[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-10-30 17:29 | Trackback | Comments(0)

ハワイとタヒチに、心を飛ばして

現代的な計器は使わず、
太陽と月、風と波、光と闇の中で星を見ながらルートを見つけて旅する船、
ホクレアのことを知ったのは、15年以上前のこと

昔々、タヒチからハワイへと移住してきた先祖の旅を復活させた人々は
今でもスターナビゲーションによる船旅の技術と文化を伝承している

先月、ニュージーランドからタヒチに向かう船のチームの一員として
葉山で生まれ、高校卒業後にハワイに渡った友だちが乗っていた
c0113755_2322995.jpg
その船がタヒチに到着したニュースを見た翌日、
友だちが出演する“サンディーズフラスタジオ”の発表会へ

サンディーが師匠から受け継いだ大切なカヒコ(古典)を歌うと、
神聖な空気がステージをつつみ、短い時間、ハワイと心がつながった、気がした
c0113755_23251722.jpg
タヒチアンは、激しい動きの中で笑顔がはじけるステージ!

踊った友だちには申し訳ないボケボケの写真で、ゴメン、、ですが、
その笑顔を見ていたら、タヒチにいる友だちの笑顔も見えるような、気がしたのでした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-10-29 23:37 | Trackback | Comments(0)

女王様の紅茶

お会いする機会などあるわけないけれど
英国のロイヤルファミリーは、世界で一番有名な家族だと思う

イギリスからのエアメールはエリザベス女王の写真だったし、
在位60周年を記念したショートブレッドの缶は
麻布のナショナルマーケットでも売っていて、缶好きの太郎さんが購入(苦笑)
c0113755_19342498.jpg
ロンドンの友だちが見つけたティーバッグセットは、
女王の下にチャールズ皇太子とカミラ夫人、その下はお騒がせ王子と
ラブラブのウイリアムズ王子夫婦が並ぶ、あっぱれなデザイン

ロイヤルファミリーが、どれほど紅茶がお好きか!!-----を物語ります

一番下に描かれた絵のように、カップに入れてお湯を注ぐと
ファミリーの1人1人が、紅茶のお風呂に入っているように見えちゃいませんか!?!

チャーミングなおみやげを見つけてくれる友だちのセンスに、ありがとう!

私は女王とフィリップ殿下のティーバッグをいただいたので、
わが家の殿下と2人で(笑)、優雅なお茶の時間を楽しませていただきます〜〜
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-10-25 19:48 | Trackback | Comments(0)

いただきます

秋はアート?スポーツ?いえいえ、やっぱり味覚の秋!

山梨では東京のマーケットでは見たことのないブドウをいただき、
東京に戻ったら、実家から届いた栗をお福分けしてくれる友だちがいて
c0113755_12542634.jpg
渋皮煮とか栗ご飯にする裁量がない私は、
とにかく茹でて、半分にカットして、スプーンで中身をパクパク!

大きな木の枝にぶら下がっていた栗が、木を離れて
ここまで旅してきた時間を少しだけ想像しながら、控えめの甘さをいただきました!
c0113755_1373287.jpg
ハロウィンが近いから、カボチャもおいしい季節ですが、
この写真は、ベトナム出身の僧侶であるティク・ナット・ハン師の本の1ページ

次のページには、こんな言葉が続きます
  私たちは、肉体が私たちのためにしてくれた
  あらゆることに、感謝すべきではないですか

  少しの間も休むことなく、動き続ける心臓に感謝してください。
  (中略)
  美しい色と、驚くべき世の中の姿を見させてくれている、目に感謝してください。
c0113755_1312399.jpg
キング牧師により、ノーベル平和賞にも推挙されたことがあった
ティク・ナット・ハン師は、ダライ・ラマ法王のように『行動する仏教者』の1人

フランスに亡命後、仏教の団体を開き、
難民の支援をするだけでなく、農園を営み、生活と一体になった瞑想を実践中

-----何があっても、どんなときでも、自分をそっと抱きしめてあげましょう

友だちからの栗をいただきながら、暮れていく一日の終わりに
自分で自分を抱きしめる時間が少しでもあれば、

明日はきっと、今日より少しやさしい気持ちで過ごせそうな気がしてきます
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-10-23 13:32 | Trackback | Comments(0)

たいせつなものは、近くにある

コットンからウールへ、半袖から長袖へ

太陽の光から美しい月夜へ、ひとりから二人へ

少しずつ動く時の流れを、ゆっくりとかみしめている余裕がないくらい
今年は突然!季節が変わって秋になったので、心が少しザワザワしていたけれど
c0113755_23545946.jpg
いつもは運転席の私が、今日は1日中助手席に座って
空や光や風の動きを眺めることができたせいか、やさしい季節を実感

橋を渡るとき、遠くに見える川面の光がやわらかく揺れていて
あした、きっと、いいことがあるような予感

友だちと笑い、カフェをして、ご飯を食べて、また笑った
-----おだやかな秋の時間は、キラキラの宝もの

もっともっと!と両手を広げなくても、
たいせつなものが近くにあることに気持ちほっこりとして、しあわせな1日でした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-10-21 00:06 | Trackback | Comments(0)

山梨の、“有機の郷”宣言

完全無農薬でリンゴを作るなんて、とんでもない!

10年近く、花も咲かず実もならないリンゴ園で、
地元の人から非難されながら、まさに「奇跡」を起こした木村さんは、

肥料も農薬も除草剤も与えない畑から、今年もリンゴを届けてくれる
c0113755_2351816.jpg
全国で有機と自然農業に従事する人たち500人余りが甲府に集まった
やまなし発!有機の郷 推進交流大会「有機・自然共生農業を考えるつどい」で

基調講演をした「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんに会うことができた
c0113755_0383370.jpg

控え室では笑顔の木村さんだったが、

「自給率が低い日本の農業は、はさびしいです。農業は楽しくて熱いことを知ってほしい」

「私の自然栽培はすべてが正しくはないけれど、少しでも多くの人が取り組むことで
 より安全で豊かな農業が広がっていくことを信じています」

「私の畑でリンゴが実るのは、多様な生物が自然のままに生きているから」

「答は本の中にはなくて、虫や雑草が教えてくれた」

靑森のなまりが少し入る、切々とした口調には魂がこもっていた
c0113755_2347435.jpg
その木村さんの話を受けて、全体の進行役を務めたのは、菅原文太さん

3年前から山梨県北杜市で農業生産法人を設立し、有機農業に取り組む菅原さんは
県知事との交流から農業アドバイザーとして、この大会の実現に奔走したそうだ

トラック野郎がトラクター野郎に-----そんな見出しで報道された菅原さんも
木村さんのスピーチには感銘を受けたようだったけれど
進行の言葉選びからも農業への本気が強く伝わってきて、素晴らしかった

すべてがリアルな木村さんの話で、私の心に一番響いたのは
「目には見えない“土の声”を聞く」という、静かだけれど熱い言葉でした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-10-19 00:41 | Trackback | Comments(0)

星になった犬

山梨で一緒に遊んでいた犬のブッチがいなくなってから5年が過ぎた
友だちだったコテブは今も元気で遊んでくれるけれど、

透き通った空一面に広がる星を見ていると、ブッチは空にいる、気がしてくる
大好きだったひとたちと一緒に、空で遊んでいる、と思いたくなる
c0113755_2381071.jpg
町の人が山の中に置き去った犬の一匹だった彼は
ケンカっ早くて、しょっちゅうケガをしていたやんちゃだったから
山の中を探検していて迷子になったのか、イノシシやシカ、クマの罠にかかったのかも?

鎖につながれることなく、村の中で自由に生きていた犬だから
動けなくなったことが信じられなくて、悔しかっただろうなぁ、、、

空を見上げて、流れ星を見つけたときは、
ブッチが空から挨拶してくれたのかも?って思うことがあって、ちょっと嬉しい
c0113755_23263291.jpg

ひとり残されたコテブは、少しずつ老いているけれど、まだまだ元気

星になるには重すぎるから(笑)、まだまだ一緒に遊ぼうね!
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-10-16 23:27 | Trackback | Comments(0)

ルイ・ヴィトンで、体験するアート

空一面に「秋だあぁ〜〜〜〜!」と描いたような雲が広がる夕暮れに
表参道のルイ・ヴィトン7階にある、アートスペースで
ブラジルの現代美術家、エルネスト・ネトの展覧会“Madness is part of life”
c0113755_1203615.jpg
見るというより、体験する、アスレティックアート!?という感じ
c0113755_1234978.jpg
靴を脱いで、天井から吊された巨大な網のオブジェの中に入っていくと
c0113755_125348.jpg
グラグラ揺れるワンダーランド-----下から見上げると、かなりの高さ!
c0113755_1244744.jpg
ゴールには、お昼寝をしたいようなオアシスが待っています
c0113755_1264362.jpg
オアシスの真下は、こんな感じで
プラスチックのボールが詰まっているのが、よく見える?!
c0113755_1363050.jpg
作家が描いた全体図を見ると、
自分のカラダの中を巡る血脈や腸の中を歩いた気分になって、、、
c0113755_1295380.jpg
窓から雲の動きを見ていたら、「われわれは生という体の一部」という
タイトルの意味が、体で理解できた気がしました

*展示は来年1月6日まで----体験することで楽しさが倍増するアートです
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-10-14 01:46 | Trackback | Comments(0)

願いごとの虹

春は満開の桜が咲き誇る上野公園に、短冊の花が咲いていた
c0113755_32853.jpg
募金をした人たちが、それぞれの願い事を書いた短冊が
秋の桜並木に、幾重にもつながって、揺れている

そんなときに限って時間がなくて、願い事は書けなかったけれど
見上げる空に向かって、ひとつ1つの祈りが昇っていくような光景だ
c0113755_323536.jpg
「みんながしあわせにすごせますように」
「PEACE」「絶対合格!」などに混ざって
「AKBになりたい」という幼い文字も発見して、思わずウフフ

「再稼働反対」「原発いらない」「NO NUKES」「MORE TREES」
そんな願い事も見つけながら、短冊の下を歩いていたら

希望の種がつながって、虹がかかっているように見えました
c0113755_352091.jpg
今日も、心おだやかで、佳い一日でありますように
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-10-12 03:10 | Trackback | Comments(0)

19才のアートの森

芸大の建築科に通う一年生と、知り合いになった

ご飯を一緒に食べたら友だちになれそう、な気がしたけれど
すごい年の差だから、
彼女の方は、私を友だちとは認識していない、かもしれない(苦笑)
c0113755_0391839.jpg
6月からの課題で作った椅子を芸大美術部の絵画館1階に展示します!
-----そんなDMが届いたので、初めて芸大に、コンニチハ!!
c0113755_0345063.jpg
明るい光が差し込むアートスペースには、ひとクラスの15人くらいが制作した椅子が並んでいる
c0113755_0482813.jpg
アアルトが好きで横尾忠則が好き、という男子の椅子は
「好き」というまっすぐな気持ちで、オーガニックなラインを描く
c0113755_0363267.jpg
友だちの作った椅子は「りぼんいす」という名前が付いて
キッズが座ると快適で楽しそうなデザインが、彼女らしさにあふれている

実際に座ると、大人には少し不安定な気がしたけれど
子どもは座ってみたくなる!と思って、ワクワク!!

上野公園の緑に囲まれたアートの森は
19才の夢を育て、楽しい空間や時間を創造するエネルギーに満ちている、気がして
1年先、2年先も楽しみにしたいと思っています
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-10-10 00:52 | Trackback | Comments(0)