光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45
花のように、風のように
at 2017-04-09 21:25
はじめての、沖縄
at 2017-04-04 13:50
メディスン・ホイールが教えて..
at 2017-03-29 01:02
1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31
止まらない、止まれない
at 2017-03-15 17:34
こんにちは、ちいさな神さま
at 2017-03-08 01:19
春の、気まぐれ
at 2017-03-02 19:35
おいしい時間は、元気のはじまり
at 2017-02-23 04:08
春服を着た、招き猫
at 2017-02-17 12:37
笑って、リセット
at 2017-02-12 13:15
風が変わるとき、何かが起こる!?
at 2017-02-08 21:57
横浜の、新しい招きネコ!?
at 2017-01-24 02:10
前に進む力、いただきます!
at 2017-01-15 16:52
日々を重ねて、新しい明日へ
at 2017-01-06 02:42
新しい気持ちで、ありがとうご..
at 2016-12-31 19:42
心がまっすぐじゃないと、届かない
at 2016-12-25 03:21
12月の真ん中、光の中で
at 2016-12-18 00:07
未来からのメッセージ
at 2016-12-11 01:21

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2012年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

愛に近道はありません

ヒョウという字は、雨の下に「包」という字を書くことを
ヒョウが降った日に知った、5月

雷が怖くて家を出られず、打合せに遅れた5月

放っておいても緑がグングンと伸びて、森を作っていく5月
c0113755_13491458.jpg
レディ・ガガのライブがパワフルだったせいか、
その後で見たチューリップが、フェイクなのに妙に鮮やかだったこと

ジョニー・デップとティム・バートン監督の記者会見で、
信頼できる相手と一緒に仕事する幸運について考えたこと

運動会で元気に走る甥っ子を、母と一緒に大声で応援したこと
c0113755_13523710.jpg
何度も往復していた代々木公園の道は、気づくと目にも眩しい!ツツジピンクだった

人生初の金環食、人生初のフリマ出店、
生きていると、まだまだ「人生初」の体験ができるのだと思った5月

毎日が続いていることを奇跡だと誰かが言ったけれど
そんな日々の中で、誰かを愛おしいと思うことも「奇跡」かもしれません

明日からの6月も、愛にあふれていますように----------
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-05-31 14:08 | Trackback | Comments(0)

遠足は、東をどり

ご近所で外国の女性に日本語を教えている、すてきな日本人女性がいる

ご近所なので、突然ピンポーン!とおじゃまして、お茶なんかのんだりして
おしゃべりにつき合ってもらったりしているのですが

「明日の遠足で新橋にクラスの方と「東をどり」を見に行くけど、
 一緒に行きませんか?}という、うれしいお誘い
c0113755_22265717.jpg
外国人女性が8人も一緒だと聞いたので、東をどりが88回目を迎えることや
演目について、少しばかりの予習をして新橋演舞場へ

1幕目の『静幻想』は、義経の幻が出てくるが、
新橋芸者衆が演じているので、当然ながら、女性が演じているわけで
幕が下りると、内容を質問されて、、、

「これは、カマクラ・サッド・ラブストーリー。愛し合っているけど別れる運命の二人なの』
なんて、あまりにも簡単な説明しかできないことに、トホホ、、でしたが
c0113755_22311543.jpg
幕間のお茶席では虎屋のお菓子とお薄のお茶がふるまわれたりして
新橋花柳界の「開かれた」シーンの中で、一瞬、現実を忘れて

日本の文化を、外国のひとの視点で楽しむという
初めての貴重な体験をさせていただいた、幸運な『遠足』、でした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-05-29 22:39 | Trackback | Comments(0)

今年も会えたね

山道を走ったら、今年も花がいっぱい咲いていた
c0113755_22582963.jpg

綿毛になったタンポポは、緑の風に吹かれて
どこまでも遠くへ飛んでいきそうな、やわらかなスマイル
c0113755_22592315.jpg
大きな異変があったからこそ、去年と同じ場所で、同じ光景に出会えることが
とってもとってもうれしい、山の春
c0113755_2332362.jpg
東京から甲府までやってきて、植樹をしていた友人から
帰りに寄った善光寺の話を聞いて、閉門後だったけれど訪ねてみた

枯れていた木々が緑につつまれ、
誰も通る人がいなければ見られることがない花たちも咲いている、山の春のまんなかで
今年も元気で笑って、この風景に出会えたことに、ありがとう!です
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-05-27 23:08 | Trackback | Comments(0)

ファラフェルとハンバーガー

旅先で覚えていることはいっぱいあるけれど
そのとき、その場所で食べていたものを思い出すと
そこに吹いていた風や、光の鮮やかさまでよみがえってくること、ありませんか?
c0113755_23454447.jpg
東京ではなかなか食べることができないファラフェル
お肉を食べない私には、豆腐と野菜の組合せがうれしかった

ピタパンの中に好きな具材を入れればよいので
自分で作ることもできるけれど、、、、おいしいピタパン、これがなかなか見つからない

だから、外国で見つけると、ついつい頼んでしまうメニュー
-----外国だからっておいしいとは限らないけれど、、、このファラフェルはおいしかった
c0113755_234958100.jpg
私がベジメニュー的なものを頼むとき、太郎さんが頼むのはハンバーガー
たっぷりの野菜サラダ添えは目にもおいしそうで、グッドバランス

泊まったホテルの隣のホテルのレストランで
のんびりとランチをした日から、そろそろ1年が過ぎようとしている

それからの日々に起こったことを思うと、
おだやかな今に感謝したくなって、、、、お腹がすいてきました

おいしい一週間が、元気ではじまりますように、、、、
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-05-26 23:57 | Trackback | Comments(0)

今も生きている、昔の言葉

お蕎麦を食べに行った近くに、昔からの氏神様の神社があった

神社で出会う言葉は、そのときの私自身へのメッセージ、だと思うので

なにげなく、写真を撮った
c0113755_2313126.jpg
化粧品や漢方薬の解説で、「和漢」という言葉を耳にすることはあるが
『和魂漢才』は、初めて出会う言葉だったから、何かが胸に引っかかった

「日本固有の大和心の精神と、中国伝来の学識を兼備するたとえ」
というのが、辞書が教えてくれた答えだけれど

日本人としての意識を大切にしながら、西洋の文化に目を向けて、
佳きところを受け容れ、進化していく---と勝手に解釈している『和魂洋才』の方が、
私にはリアリティがあるようにも感じられて

『和魂』を失うことなく、『漢才』も『洋才』も磨くことができればいいなぁ、、
なんていう気持ちを再確認するきっかけをいただいた、のかもしれません
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-05-25 23:32 | Trackback | Comments(0)

みどりのセザンヌ

お父さんが天国に逝ったら、ようことルーブル美術館に行きたいわ
-----そんな話しを笑ってしながら、父の看病を献身的に続けた母さん

「父さんを見送ったら、パリまで行く元気はなくなっちゃった」
なんて言いながら、少し気弱になってしまった母さん

パリから東京にやってきたルノワールを見たのは2010年だったが
今回は、セザンヌが展示されている国立新美術館へ一緒に出かけた
c0113755_22413058.jpg

---フランスの人は沐浴するひとをよく描くわねぇ、、、
---あらまぁ、10頭身はあるんじゃない?このひと、、、
---フランスの田舎って、岡山と変わらないわねぇ、、、

---ルーブルだったら日本語解説はなかったでしょ?
  だから、東京で見られてヨカッタわぁ、、などと、独自の感想を述べる(汗)
c0113755_2245688.jpg
『みどりは最も目に良い色である』というセザンヌの言葉が書かれた部屋は
すべての壁が、ポスターのような緑色で塗られていたけれど

-----青空の外に出て高い木を見たら、セザンヌの言葉は真実だと思いました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-05-23 22:51 | Trackback | Comments(0)

ムラサキと赤のダイアモンド

金環食で、なんとなくザワザワしていた街が
午後になって、少し静かになった気がした1日

宇宙の神秘にウットリしていたら、、
センパイから、ムラサキのカーネーションの花束が届いて、ビックリ!
c0113755_231927100.jpg

 サントリーフラワーズ(株)とオーストラリアのフロリジン社とが
 遺伝子組み換え技術を用いて、世界ではじめて共同開発したもので
 名前は『ムーンダスト』、花言葉は「永遠の幸せ」-------

幸せを願う青い花、月のように華麗な花びらが、永遠の幸せをもたらすように・・・
-----夜になって、メールでメッセージが届いた

遺伝子組み換えの食料は食べないようにしているけれど、
「永遠の幸せ」を願ってくださるセンパイのピュアな気持ちに感謝いっぱい!
c0113755_23222694.jpg
夕方のポストには四国のお友だちから、ダイアモンドリングを刺しゅうしたポーチ!
金環食の当日に届くように送ってくれたのかなぁ、、、と想いながら

ムラサキや赤の贈りものが届けてくれた大きなエネルギーに感謝、いっぱい

宇宙の一部である自分の命を、大切に生きよう〜〜なんて、
ショータイムが終わった夜空を見上げています
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-05-21 23:30 | Trackback | Comments(0)

1等賞の運動会

子どもの頃、
運動会の徒競走では、1等賞!でテープを切ることが、必須条件だった

ビリになることはなかったし、かけっこは早かったけれど
1回か2回は、母さんの機嫌が悪かったから、1等賞じゃなかったのかも?!?(笑)
c0113755_056598.jpg
甥っ子の運動会応援に、今年は岡山から母さん(甥っ子にはおばあちゃん)が上京
去年は地震が心配だったのであきらめたから、2年ぶりに一緒に応援した

去年の秋に病気と闘った甥っ子だが、今年はリレーの選手に初めて選ばれたから
「叔母」としても、黙ってはいられない!!!!
c0113755_102689.jpg
---------- photo by Keisuke,thank you

運動場を一周する彼が走っている間、ずっと大声で叫びながら(心で泣いて)
青空に向かって、神さまに感謝していた

その大空に飾られるのは万国旗ではなくて、子どもたちの絵のパレード
c0113755_133983.jpg
小さな一年生から、大人みたいな六年生までがカラダでぶつかり、
ゲームじゃなくて遊ぶ----- 一生懸命な1日は、まちがいなく、「1等賞の運動会」だった
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-05-20 01:15 | Trackback | Comments(0)

吾輩は「パン好きな」ネコである

夏目漱石の『坊ちゃん』に描かれているマドンナは、
僕の母の従姉という説があるんだよ、、、、という話しを聞きながら
松山を歩いたことがあった

当時の市長の娘だった従姉さんの写真を見てみたいなぁ〜〜、と思いながら
道後温泉のお風呂上がりに
小部屋に飾られた漱石の写真がステキだったことを覚えている

そういえば、漱石が好きだったネコはどんなネコだったのかなぁ、、、
c0113755_0193245.jpg
友だちのお店“パンとごはん”に飾られた、真鍋太郎のネコの絵をぼんやりと眺めながら
どうでもいいことを考えちゃうのは

俳句の季語にもなっている「ネコの恋」の季節のせいで、
最近、ネコの鳴き声が気になっているからかもしれません

このネコが招きネコパワーを静かに発揮してくれたら、
おいしいパンと、おいしいごはんに出会える人が増えるのになぁ、、、

“招きネコ、がんばって!」って話しかけてから
c0113755_0243688.jpg
今日は何をいただこうかしらと、黒板のメニューを眺めている、おだやかな夜
明日の朝のパンも買って帰ろう!!って思います

*“パンとごはん” パンの販売 + ランチも夜ごはんも営業中
 世田谷区 代沢3-12-20 03-6450-9818 火曜日お休み
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-05-18 00:38 | Trackback | Comments(0)

ニンジンに恋をした

真鍋太郎がウサギの絵ばかり描いて、個展をしたのは去年の今ごろ
表参道のジャイルに、二人で毎日通ったことを思い出す

震災の後で、灯が消えたようになっていた表参道で
60点のウサギを展示することができたのは、
「再生」とか「献身」の象徴とも言えるウサギのエネルギーをもらったから、かもしれない

以来、ニンジンのスロージュースを毎朝飲むようになり、
ニンジンのファイバーで常備菜を作ったり、ニンジンと暮らしている
c0113755_22571043.jpg
三浦半島に実家がある方から「そら豆を送ると、父が言っています」と連絡があり、
楽しみに待っていたら、そら豆だけじゃなくて、
ピーターラビットがかじっているような、細長〜〜いニンジンも!!!

きれいだし、おいしそうだし、愛おしくて、思わず“LOVE”な写真を撮った
そして
そら豆は茹でてサラダと一緒に、ニンジンは葉っぱも一緒にスープでいただく

今ではニンジン無しに生きていけなくなったウサギ男、真鍋太郎と
ニンジン畑でかくれんぼしている夢を見そうな、雨の夜です
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-05-15 23:04 | Trackback | Comments(0)