光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45
花のように、風のように
at 2017-04-09 21:25
はじめての、沖縄
at 2017-04-04 13:50
メディスン・ホイールが教えて..
at 2017-03-29 01:02
1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31
止まらない、止まれない
at 2017-03-15 17:34
こんにちは、ちいさな神さま
at 2017-03-08 01:19
春の、気まぐれ
at 2017-03-02 19:35
おいしい時間は、元気のはじまり
at 2017-02-23 04:08
春服を着た、招き猫
at 2017-02-17 12:37
笑って、リセット
at 2017-02-12 13:15
風が変わるとき、何かが起こる!?
at 2017-02-08 21:57
横浜の、新しい招きネコ!?
at 2017-01-24 02:10
前に進む力、いただきます!
at 2017-01-15 16:52
日々を重ねて、新しい明日へ
at 2017-01-06 02:42
新しい気持ちで、ありがとうご..
at 2016-12-31 19:42

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2012年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

絵から言葉が生まれる場所

昨年の震災で、いくつもの展覧会がキャンセルになった

その日のために用意されていた作品は、どこに行ってしまったのだろう?
そして、おそらく
同じ作品を発表することができなくなっているアーティストも多いだろう、、、
c0113755_1283496.jpg
靑山のディーズホールで、3月2日まで開催中の
尾関立子・銅版画展「場所」は、1年の時に熟成された作品が並んでいる

初めて出会った作品を見ていたら、「いつくしむ」という「慈」という文字が心に浮かんだ

尾関さん本人にもお会いして、話したら、
余計なモノをまとわない、作品のいさぎよさと重なって、さらに作品が好きになった
c0113755_1335865.jpg
入り口にある作品の前に立ってくれた尾関さんの、静かな笑顔と向き合ったら、
展覧会タイトルの「場所」という文字が見え隠れする、気がしました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-02-29 01:39 | Trackback | Comments(0)

心をつよくして、3月へ

表参道で耳にした、子供を抱いた親子の会話
父「この道は、たくさん人が歩いているね」----息子「この道は、人気者なんだね」

原宿駅では、アムネスティが『死刑』についてどう思うか?
YES, NO, わからない、にシールを貼ってほしいとアピールしている

買い物をする人、待ち合わせする人、公園に向かう人、公園で踊る人
走る人、笑う人、手をつなぐ人、メールしながら歩く人、人、人、人
c0113755_2362399.jpg
明治神宮の鳥居に向かう人も多い日曜日
今まで気づかなかった言葉に、目がとまった

急ぎ足で過ぎた1月、1日多いとは言え、もうすぐ終わる2月の今、
年の初めに誓ったことを思い出す、キッカケをいただいた

決心を揺るぎないものにみちびいてくれる、、、ように
心をつよく、しなやかに保ちながら、3月に向かいたいと思います
(ドーなることやら、、、ですが、、ゆっくりと)
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-02-27 02:43 | Trackback | Comments(0)

春の風が、吹いてきた

旅から帰ってきた甥っ子が、新しいバイトを始めると聞いて
新しい世界に、たくさん触れてほしいと思っていたら

初めてメールをもらったひとと、新しいプロジェクトが始まりそうで
私も、新しいトビラを開く予感がしたり

ずいぶん会っていなかった友だちとカフェをして、新しい夢の話を聞いた翌日に
何年も前から知っていたひとと、初めてゆっくりランチして友だちになれたり、
-----私の時間に、新しい風が吹いてきた、気がする
c0113755_2345327.jpg
三人官女がお内裏(だいり)様のお世話をして
食事を運び、身の回りに気配りをして働く“ひな祭り”の季節が近い

官女は、それぞれの持ち物を勝手に変えることはできないけれど
きっと、その仕事に誇りを持っている、はずだ

服や靴を取り替えるように仕事を変えることはできないから、
今の自分を、そのまま、丸ごと受け容れて-----

少しでも誰かの心に届くような言葉を紡いでいけるように、
心をしなやかにする体操をして、お風呂に入って眠ります

----あっ、決して、投げやりになっている、わけではありません(汗)
ていねいに、フレーフレー「ワ・タ・シ!」の春が近い、のです(笑)
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-02-25 00:12 | Trackback | Comments(0)

手をつなぐ

2011年、きずな、という言葉がたくさん使われた

2012年、きずな、を忘れずに具体的に動き続ける人がたくさんいる

天災や事故が起きなくても、もともと、きずな、は大切だったし
日本は、きずな、を大切にする国だったから
c0113755_15574769.jpg
大切な人と手をつなぎ、歩き続けられる今が
キラキラしている、と思うのは、私だけじゃない、と思う

その手の温かさを忘れないでいれば、きっと明日もだいじょうぶ

その手の柔らかさを覚えていれば、きっと、未来もだいじょうぶ
-----そう、思いたい

ニュージーランドで去年の今日、地震で友だちを失った高校生の
「あなたを忘れません」というスピーチを聞きながら、

東北の子どもたちが撮った写真展「希望」@銀座ソニービルに、
行ってみようと、思っています
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-02-22 16:11 | Trackback | Comments(1)

春を待ちながら

高校の同期会が横浜であり、出席した
160人のうち60人近い参加者があり、先生も数人出席されて、ワイワイと!

時を重ねて再会した同級生は、
思い出と、それぞれの今を話しながら、みんな楽しそうに笑っている

すでに亡くなったひとが数人いることを知り、
笑うとシワが気になる年齢でも、笑って会える幸せを痛感
c0113755_13493691.jpg
高校は外国語科だったので英語を活かした仕事に就いたひとも多いが、
たまたま話した男子は外務省に勤めているという

ブータン国王が来日した時も各地に同行したという話を聞き、
彼が赴任したアジアの国のことも、いろいろ質問して教えてもらったり

高校時代はキラキラした思い出がなくて不毛だったはずの、私だけれど
こっちが覚えていない相手から(ゴメン)
当時のニックネームで(笑)話しかけられたりして、照れたりもして、、、

時間は誰に対しても平等だから、時の流れを受け容れて
その流れの中で自分らしく楽しく生きようと、ニュートラルな気持ちになった1日でした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-02-21 14:11 | Trackback | Comments(0)

公園、再発見

風が弱かった午後、代々木公園を散歩していて、
今まで気づいたことのなかった石碑を発見
c0113755_23345233.jpg
東京でオリンピックがあったとき、
代々木公園が選手村だったことを記録したものだった
c0113755_23371775.jpg
そこに記されたメルボルン通りには、オーストラリア
ロンドン通りにはイギリス、メキシコ通りにはメキシコの選手村があったということ?

1964年の秋、この付近は外国の人々が歩いたりトレーニングしたり
笑ったり、泣いたり?していたのかなぁ、、、と想像して、少しワクワク
c0113755_23404022.jpg
オリンピックが始まった日と同じような青空を見上げて
ロンドンオリンピックの始まる季節が、楽しみになってきたのでした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-02-19 23:45 | Trackback | Comments(0)

ミッドナイトおしゃべり

10代も50代も、女だけで会うから女子会、というのはわかるけれど

女子会って、ちょっと照れるし、男女共学公立育ちの私なので
女子だけでご飯、おしゃべり、お茶する機会が少なかった

それが、2年前から、1つだけ、女子会のメンバーになった
会の名前は「オトナ女子B会」
血液型がBの40代と50代の3人で、おいしく食べて、ずっとおしゃべり、時に歌う
c0113755_123447.jpg
2人はお酒もぐいっと飲める大人の女性だが、
私は同じスパークリングでも、ミネラルウオーター

レストランの後、2人だけなら「もう一軒」はバーに行くのだろうけれど
私がいるから、カフェにつき合ってくれたりする

昨晩は、外に出たら雪が降っていたけど、もう少し一緒にいたくて
大人のTSUTAYAのラウンジへ-----ミッドナイトおしゃべりに時間を忘れた

大人になってからできた友だちって、特別なギフトだなって思いながら
-----手を降って、「じゃぁ、またね!」
雪がやんで寒くなった夜の中で、心はほっこりと温まっていました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-02-18 12:16 | Trackback | Comments(0)

ラルフ・ローレンスタイル

ニューヨークに行く楽しみに、
ラルフ・ローレン ラグビーでのショッピングがあった

東京にショップができたら、その熱は冷めてしまったけれど
原宿クエストビルにショップがあった頃からのラルフ・ローレン好きだったから

洋服はもちろん、食器からタオル、ベッドリネンやラグなど、
ラルフ・ローレンは30年近く、私の生活の一部になっている気がする
c0113755_18512197.jpg
友だちからあずかったラルフ・ローレンのテディ・ベアは
そのとき着ていたセーターに穴が空くほど時間が経ったけれど、

オックスフォードのボタンダウンシャツにレジメンタルのネクタイを締めて
ウールのパンツにレザーを編んだベルトを締めた、正統スタイルを今もキープ
c0113755_185517100.jpg
バレンタインの日にラグビーから届いたメルマガに、ちょっとなごみ、
これは、ローレン一家の愛犬かな?と想像をふくらませながら、

私が好きなのは、ファッションだけでなく、
ライフスタイルも提案してくれるラルフ・ローレンなのだと、思います
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-02-16 19:08 | Trackback | Comments(0)

雨の日のバレンタイン

ひと雨ごとに春が近づくと言われる2月の雨
----けれど、今日の予報は「さらに寒くなるでしょう」?!?!

傘をさしていても雨に濡れて、それでも、そのひとが出てくるのを待っている少女に、
遠い昔の自分が重なる、雨の日のバレンタイン
c0113755_14264559.jpg
缶が好きなひとのために、
中身より缶デザイン優先で、BABBIを選ぶバレンタイン

妹みたいな女子が、ポストにチョコレートを届けてくれるチョコレートを
シェアしてもらう、サンキュー・バレンタイン

前日にいただいたチョコレートケーキの最後のひと切れを、
キッチンで食べる、ラッキー・バレンタイン
c0113755_14134252.jpg
明日、てんきになぁあれ!
明日、光の中で手をつなぐ光景を想像しながら、お茶を飲むバレンタイン
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-02-14 14:42 | Trackback | Comments(2)

金龍山 浅草寺の意志

浅草寺にお詣りをして、友だちがおみくじをひいている間に
お札やお守りのコーナーを見ていたら

龍の刺しゅうをした厄除、心願成就、交通安全のお守りがあった
-----今年がたつ年だから、龍の刺しゅうなのですか?とたずねたら
-----浅草寺の山号は、金龍山だから、です、という答え
c0113755_23496100.jpg
お守りが入っている袋にも、金龍山 浅草寺の朱印があり
そのことを初めて知ることになった
c0113755_23523881.jpg
街のどこにいても見つけることができるスカイツリーが
浅草をさらににぎやかな街に変えていくのは確実だけれど
c0113755_2355544.jpg
ライトアップされた姿が神々しい五重塔は
これまでと変わらない姿で、平成の時代を見守り続け、
たつ年の空に、金の龍が昇る元気を祈り続ける!のだと思いました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-02-12 23:58 | Trackback | Comments(0)