光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

祈りの場
at 2017-08-15 00:53
夏の、地球で、心呼吸
at 2017-08-08 02:07
オキーフは、笑わない!?
at 2017-07-29 17:19
太郎と、TARO
at 2017-07-26 12:40
空に居るひと
at 2017-07-20 00:27
森の風、カラスの道
at 2017-07-09 01:38
事件と、至福
at 2017-06-29 12:11
手が作るもの、手が伝えること
at 2017-06-18 23:55
空に向かう日々
at 2017-06-11 23:50
時を旅したジーンズ
at 2017-06-04 00:21
手を伸ばせば、緑の時間
at 2017-05-29 23:43
初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45
花のように、風のように
at 2017-04-09 21:25
はじめての、沖縄
at 2017-04-04 13:50
メディスン・ホイールが教えて..
at 2017-03-29 01:02
1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

別の顔を持つということ

世界的なベストセラーミステリー、「ミレミアム」は
原作が生まれたスウェーデンで、すでに3本の映画になっているけれど

2月10日に公開される「ドラゴン・タトゥーの女」は、
その「ミレニアム」3部作の1作目を
デヴィッド・フィンチャー監督がハリウッドのスパイスで作り上げた最新作
c0113755_173583.jpg
*写真はⓒsony picturesから転載しました

ヒロインの天才ハッカー、リスベットの頭の回転スピードでリズミカルに描かれる物語が
カラダもココロも--------スウェーデンの冷たい空気の中に、放り込む

クールで孤独でスタイリッシュなリスベットは最先端のダークヒロインだが
演じているル-ニー・マーラの素顔は、とってもシャイなお嬢さま
c0113755_1781058.jpg
*写真はⓒsony picturesから転載しました

「自分とは全く別のキャラクターだから演じるのが楽しかった」
ジャパンプレミアでの質問に正直に答えたルーニーも
孤独を抱えながら生きるリスベットも、ウソがなくてチャーミング!!!!!

主演のダニエル・クレイグはもちろん最高!だったけれど
相手がルーニーだったから、この映画がパーフェクトになったのだと思う

本日解禁のオープニング映像を見るだけでも、ゾクゾク〜〜〜
ちょっと怖いところもあるけれど、友だちにはオススメしたい1本!です
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-01-31 17:25 | Trackback | Comments(0)

スヌーピーのメッセージ

銀座の地下街を歩いていたら、スヌーピーと友だちが、LOVEの道を作っていた
c0113755_23565843.jpg

バレンタインのチョコレートを探す人や、
待ち合わせに遅れそうで走る人は気づかないようだったけれど

スヌーピーのぬいぐるみをおねだりした昔、なかなか気に入った顔と出会えなくて
横浜でやっと見つけるまで、いくつものショップを歩き回ったくらい好きだったから

懐かしい友だちに会ったみたいで嬉しくて、しばらく立ち尽くしてしまった
c0113755_23571520.jpg
バレンタインのプロモーションだから
“LOVE”にまつわるメッセージが書かれているのも、ワクワク

-----LOVE IS WALKING IN RAIN TOGETHER.
柱には、日本語訳がちゃんと書かれているけれど、
これって-----大好きな人が困っていたら支えてあげよう、っていうこと?

子供の頃には気づかなかったメッセージを受けとった気がして
スヌーピーの仲間に会いに、もう一度、本をを読みたくなりました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-01-30 00:14 | Trackback | Comments(0)

パン友だちに、ありがとう

ウィーンの朝ご飯を妄想するブログを、facebookにもアップしたら
-----今朝、神戸から、クルミの入ったライ麦パンが届いた!!
c0113755_1465878.jpg
YOSHIEは年に2回、東京で会う友だちのサポーターで、欧州風体軀の美人
どこか浮世離れしているのは神戸人だから?なんて思っていたけれど

私と同じようにパンが好きで、気に入ったパンはまとめて買っちゃって、
冷凍庫に保存するパン党であることがわかり、今日から『パン友だち』だよ!!
c0113755_1473363.jpg
ウィーンではコーヒーとミルクのハーフ&ハーフだったけれど
東京では、ニンジンとリンゴのスロージュースと一緒にいただく

スロージュースを勧めてくれた駒ちゃんYUASAも
ライ麦パンを送ってくれたYOSHIEも、「好き」をシェアしてくれてありがとう!!
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-01-28 14:16 | Trackback | Comments(0)

妄想の朝ご飯

毎朝、スロージューサーでニンジン+リンゴのジュースを飲んでいる
毎朝、バナナとヨーグルトとシリアルを食べている

その朝ご飯に満足しているし、毎朝「おいしいね」と思っている
けれど、ふと、いつか食べた、あの日の朝ご飯を夢に見る
c0113755_058327.jpg
ウィンナーコーヒーが存在しなかったウィーンのホテルで
流行っていたハーフ&ハーフは、カフェオレよりもっとミルクがたっぷりで
c0113755_059518.jpg
ライ麦たっぷりのクルミ入り黒パンにオーガニックなジャムをつけて
ナチュラルなゆで卵を食べるだけで、大満足だった

ハーフ&ハーフは作ろうと思えば作れるけれど
かたくなくておいしい、ライ麦の黒パンとは出会えない

東京には世界中の食材があると思っているので、まだ出会っていないだけ?
どなたか、おいしいライブレッドをご存知なら教えてください、どうぞよろしく!
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-01-27 01:04 | Trackback | Comments(0)

雪の公園

夜が明けたら青空だったが、
街全体が冷蔵庫のように冷たい朝は、屋根にも道にも雪を残した

代々木公園を歩いたのはお昼に近くなったけれど、
雪の日にしか見られない、白いシーンが広がっていた
c0113755_21383037.jpg
道路から上がっていけない場所は、真っ白が残っていて
c0113755_2138473.jpg
犬は喜び、駆け回り、一緒に遊ぼうと誘ってくれる
c0113755_21395696.jpg
さすがに、ベンチで待ち合わせするカップルもなく、
c0113755_21404591.jpg
カラスがモノクロームの世界を描き、
c0113755_21412081.jpg
見上げると、雪の花が咲いていた
c0113755_21442083.jpg
「課外授業が雪の日になるなんて、ラッキーだよね」って話しながら、
c0113755_21433496.jpg
雪国の人には申し訳ないけれど
1番!楽しんでいたのは、ウサギ男の太郎だったかもしれません(笑)
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-01-24 21:49 | Trackback | Comments(0)

雪の降る道で

雨音が聞こえなくなって、静かになったと思ったら
雪が降っていた

シンシンと降る雪を、暖かい部屋の中から見ているだけは飽きたらず
夜更けの道に出てみたら
c0113755_2317463.jpg
車の通った後も白くなりそうな勢いで、まだまだ降り積もるようだ

通りかかる人などいないと思ったら、ヒールを履いた女性が家の前で
「こんばんはぁ〜」と笑顔で声をかけて通り過ぎた

雪が降っていなければ、交わすこともなかった挨拶に
一瞬、心があったまって、私もニッリしながら「お気をつけてぇ〜」
c0113755_23194540.jpg
引っ越したときに先輩からいただいた植物が、
積もった雪の重さで押しつぶされないように、少し払いながら

明日は早起きをして、代々木公園に行ってみようかなぁ〜〜〜
朝の通勤や通学に影響が出ないことを祈りながら、、、おやすみなさい
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-01-23 23:25 | Trackback | Comments(0)

縄文時代の入り口

初詣以来の代々木八幡神社で、
前からウワサを聞いていた、竪穴式住居跡を見学してきた
c0113755_21292635.jpg
4500年ほど前の石器時代に栄えた遺跡が発見されたのは
1950年、渋谷区史を作るための発掘研究のとき

この場所は見晴らしがよくて、前は沼で後ろはシカやイノシシも住む森で
人が永く住んでいた形跡が残っていて
地下30cmのところに土器や石斧、石槌、石棒、石鏃などが見つかったようだ
c0113755_2134087.jpg
その家の入り口を見ていたら、縄文の人に手招きされているようで
フッと、気持ちだけワープしたような錯覚

遠い昔に、この場所に立っていた人に
今の時代はどんな風に見えますか?と、たずねてみたくなりました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-01-22 21:39 | Trackback | Comments(0)

真冬の花火?

東京の雪は積もることなく、静かな雨に変わった

札幌からやってきた友だちと会ったので、心はあたたかったけれど
寒さがシンシンと体にしみる1日

夕方になって、地下鉄を乗り換えて、新木場のライブハウスへ
-----その途中、橋を歩いていたら、遠くに花火?!
c0113755_13345583.jpg
観覧車の灯りが、雨の上がった空にぼんやりと広がるのが見えた
その光は白い太陽のようでもあり、不思議な光景
c0113755_13375791.jpg
寒い夜の街を歩く人影は緑色になり、街の灯りも寒さに震えて、にじんで見えて

友だちに誘われたFLEET FOXESは、土臭さと洗練された世界の柔らかいブレンド
星降る夜に心地良いものだけを抽出したような音楽の中で、気持ち良く心が揺れた

誰かに、何かに、媚びることなく、
自分にウソをつかないで音楽を続ける彼らに、静かな勇気をもらった、夜でした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-01-21 13:53 | Trackback | Comments(0)

正しいことばかり選べない

アンコールの最後の最後に「TOKYO」を歌って、YUIのコンサートが終わり
武道館の外に出たら、雨が降ってきた

乾いていた心はYUIの歌でうるおい、
乾燥しきっていた肌と体は、冷たい雨にやさしくつつまれていた
c0113755_1434255.jpg
1曲目から、ほぼ全員が立ち上がって盛りあがった武道館は
入り口で渡された赤と白のフラッグを手旗信号のように振って踊る曲でピークに!

2006年に初めて会ったときと変わらない透明感をたたえながら
時を経た分、大人の強い表情も見せるYUIは、
おそらく永遠に変わることのない「愛おしいほどの無器用さ」で、まっすぐに歌う

そして、アンコールの最後
 ♪何かを手放して、何かを手に入れる、そんなくり返しかな♪

 ♪正しいことばかり 選べない それくらいわかってる♪

「TOKYO」の中でも特に胸に刺さる歌詞に、涙があふれてしまったのは、
歌う途中に大粒の涙を流した24才の純心に、心がふるえてしまったから
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-01-20 02:32 | Trackback | Comments(2)

真っ白くなる

青空が続いていて、寒さが続いている、冬らしい1月
神戸に祈り、東北に祈り、
祈りを強くするためには、自分の心を強くしなくちゃ、と痛感する

真っ白い雪は、スノーボーダーには宝石のように嬉しいけれど
自分の家をなくして仮住まいのひとには、ただの寒さの象徴に違いない
c0113755_13241465.jpg
真っ白い世界に行くと、自分と雪と山と風しか感じなくて、
自然の一部になってカラッポになれるのが、最高のギフト

スノーボードをしたい!とか、山に行きたい!という気持ちが起きないのは
東京にいても、ときどきリセットしてカラッポになれるからだろうか?

自然とつき合うには、自然をコワイということを忘れちゃいけないよ
----大きな自然と向き合った、星野道夫の言葉が聞こえる1月です
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2012-01-17 13:25 | Trackback | Comments(0)