光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

空に居るひと
at 2017-07-20 00:27
森の風、カラスの道
at 2017-07-09 01:38
事件と、至福
at 2017-06-29 12:11
手が作るもの、手が伝えること
at 2017-06-18 23:55
空に向かう日々
at 2017-06-11 23:50
時を旅したジーンズ
at 2017-06-04 00:21
手を伸ばせば、緑の時間
at 2017-05-29 23:43
初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45
花のように、風のように
at 2017-04-09 21:25
はじめての、沖縄
at 2017-04-04 13:50
メディスン・ホイールが教えて..
at 2017-03-29 01:02
1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31
止まらない、止まれない
at 2017-03-15 17:34
こんにちは、ちいさな神さま
at 2017-03-08 01:19
春の、気まぐれ
at 2017-03-02 19:35
おいしい時間は、元気のはじまり
at 2017-02-23 04:08

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2011年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

半年分の大祓(おおはらい)

青空の暑さに大地が悲鳴をあげていたら、雨が降り、雷が鳴っていた午後
-----お客さまと話しがはずみ、彼女が帰る夕暮れには青空が戻っていてホッとした

長野県の震度5には驚いたけれど、
2011年の半分が終わる1日、なんだか、地球は揺れている

30日は、夏の暑さに負けず、無事に過ごせるように祈るために
神社に造られる茅の大輪をくぐり、身を清める「大祓(おおはらい)」の儀式
c0113755_2348945.jpg
この写真を撮った日は、30日より前の設営日だったから、
神さまに遠慮して輪をくぐらず、横を通って参拝したけれど

いろんなことがあった6ヶ月だったから、元気で終えられたことに感謝して、
明日から始まる一年の半分を、新しい気持ちで過ごせるように

神社に行ったつもりになって(本当は行かなくちゃいけないのですが)、
自分なりに、夏の大祓(おおはらい)をしたのでした、合掌拝
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2011-06-30 23:53 | Trackback | Comments(0)

エネルギーの源泉

暑さに溶けてしまいそうな1日だったけれど、
8000メートルの氷壁にアタックするラインホルト・メスナーの映画「ヒマラヤ」を見ていて
心は熱くふるえながら、体は極寒の中にいるような感覚になっていた午後

ひとが何かに立ち向かうとき、
結末を決めるのは、そのひとの心のチカラだと、心の底から思っていた

見終わったときに、前の列に登山家の栗城史多さんの姿が見えたが
彼にとっては、映画の中のすべてがリアルに感じられたのだろうと想像する
c0113755_22503977.jpg
私がスノーボードで出会う山は、高さも厳しさもヒマラヤとは比べものにならないが、
暑い暑い午後に、雪の写真を見ていたら、少しだけ思考もクールダウンして

目を閉じて、映画の雪山を思い出していたら
何かに立ち向かうエネルギーの源は、
時には計画を壊しても山頂をめざす、本能にあることが理解できるような気がしました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2011-06-29 23:17 | Trackback | Comments(0)

私も、地球で生きる動物です

今まで見たことのない、『ライフ 』
動物たちの生きる、リアルな姿に近づける『ライフ』

『アース』『オーシャンズ』を越える、
BBC制作のネイチャードキュメンタリー映画『ライフ- いのちをつなぐ物語-』

地球を俯瞰で捉えるのではなく、動物と同じ目線で描いているから、
見ている私が動物になったような気持ちになって
いつのまにか、彼らと一緒に生きていることを、自然に受け容れている
c0113755_1455939.jpg
登場する動物をかたどった、オリジナルのアニマルバンド17種類は
全国共通の前売り鑑賞券(一般1300円)を買ったひとへの、数量限定プレゼント

ハリウッドで大人気!のアニマルバンドをヒントにして、
登場する動物たちをかたどった『ライフ』特別バージョンは、日本限定

この映画と出会う前から、地球が“いのち100%”の星であり、
すべてのいのちがつながっていることを、実感できるように作られた、気がする
c0113755_1522452.jpg
「ライフ〜いのちをつなぐ物語〜」は9月1日公開
予告編だけでもワクワクするので、オフィシャルサイトを紹介します
http://onelifemovie.jp/index.html
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2011-06-28 23:13 | Trackback | Comments(0)

SMILE AGAIN @いわき

ALOHA FUKUSHIMAプロジェクトが、
福島県いわきに支援活動に行くので、お手伝いに行ってきた

市内のドライビングスクールで開催された
いわきのNPO法人主催の『smile agein』のイベントが目的地
c0113755_22491419.jpg
ステージに掲げられたスローガンは、力いっぱいの心意気を感じる筆づかいが印象的

プロジェクトに賛同してくれた人たちから集まったもので開いたBe Alohaマーケットは、
服やタオル雑貨、食器やキッチン雑貨、おもちゃや本などを楽しく販売し、
売上げ全額と残った物資を主催者に寄付

ワークショップでは、ジェイク・シマブクロがライブで使用したウクレレの弦をリサイクル
-----ビーズと合わせてブレスレットやストラップを、キッズと作った
c0113755_22544932.jpg
「お絵かきは好き?」「何を描くの?」って話しながら、
真鍋太郎のウサギバッジで協力いただいたクレヨンサポートを、少しだけ
-----これからも、ALOHA FUKUSHIMAプロジェクトの一部として続けたいです

3月の大震災から3ヶ月半が過ぎたとはいえ、
市内を走ると道路のあちこちに凸凹が見え、ビルの土台の位置がずれている

津波の惨状が残る海岸線では、その寸前まで普通に行われていた生活のカケラが見えて
誰もが言うように言葉を失い、写真を撮る気持ちにはなれなかったが

いわきのひとたちが「smile again」と前を向いているのだから
いわきはきっと元気になる!-----明日を信じて、東京へと戻ってきました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2011-06-27 23:14 | Trackback | Comments(0)

エアコンのないパリのアパート

6月が想像以上に暑かった数年前、パリに一週間ほど滞在したことがある

マレに近いエリアの小さなホテルの屋根裏部屋にいると
ほんの少し、「暮らしている」気分になれた

屋根の上に丸い煙突があるが、四角い室外機は見つからなくて
-----パリの古い建物には、エアコンのない部屋が多いことに気づいた
c0113755_0502571.jpg
その6月の暑さは、パリに永く住む友だちにも耐えられず
扇風機を探しにデパートを数軒回ったけれど、どこも売り切れ-----

少し郊外の小さなショッピングモールで
なんともレトロな扇風機を見つけたが、値段が高かったと話していた

電力不足が心配される夏に向かって
エアコンの使用をできるだけ控えなくちゃと思っている、今年

エアコンがなく、扇風機も少ないパリのアパートを思い出しながら
大好きな街がシックなたたずまいを保っている理由の1つに気づいた、気がして

少し我慢をする「大人の美学」に近づけるかしら、と汗を拭きながら思っています
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2011-06-26 00:59 | Trackback | Comments(0)

豆腐屋さんのゴーヤカーテン

近所のおじさんに聞いたのだが、
角のお豆腐屋さんは、昔、お豆腐選手権でトロフィーをもらったことがあるらしい

木綿豆腐や油揚げをときどき買うので顔なじみ
そんなお店が近くにある、渋谷らしくないところが、私はとっても気に入っている

その店の角に、夏が近づくとゴーヤの種が植えられて、葉っぱが壁をつたい
やがて、グリーンのカーテンができていく
c0113755_137263.jpg
ここ数日、30度を超える暑さのせいか、ゴーヤの成長もグングングン!
3日ほど見なかったら、急にカーテン幅が広がっていた

あいにく、私の家はゴーヤのカーテンを作る壁がないので
エアコンの設定温度を26度にして、罪悪感を覚えながらスイッチをON、コマ目にOFF

風をかき回すサーキュレーターを併用し、ぬるめのお水を飲みながら
暑さに溶けないように、少しずつ、体を慣らしていかなくちゃ、です
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2011-06-25 01:50 | Trackback | Comments(0)

のんびりする、夢

夏になると、週末は逗子海岸〜葉山で遊んだ
今では伝説になってしまった、なぎさホテルがあった頃のこと

土曜日に行って海で泳ぎ、日曜日にチェックアウトしてからも
芝生で寝ころび、本を読んだり、花火を見たりしていた

太陽の下ではたくさんのことを考えることができないから
カラッポになった頭に、読んでいる本がどんどん吸収された、気がする
c0113755_5101198.jpg
結婚式で出かけたハワイでは、パラソルの下で過ごしたのは1時間だけ
海で泳ぎ、浜に上がって遠くを見ながら「のんびり」を忘れていることに、気づいた

のんびりしてもいいんだよ、って自分に言い聞かせても、なかなかそうはいかなくて
-----人生が後半になってきているから、生き急いでいるのだろうか?!

想像力が広がって、楽しいことによくばりになっているから、かもしれないけれど
のんびり、を自分に許して、読みたい本の表紙を開くことにしたいです
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2011-06-24 05:17 | Trackback | Comments(0)

センターコート

伊達公子さんと、Missビーナス・ウィリアムズとのセンターコートでのゲーム
-----ウィンブルドンからの中継は、目が離せなかった

途中で地震があったことも、メールが来たことにも気づかず
どんなによくできた脚本の映画より、心を奪われた

ボールへの、ゲームへの、2人の集中力は2時間半を越えても途切れなかったが
幕切れは一瞬-----足早にコートを去った伊達さんに敗者の影はなく、凛々しく輝いていた
c0113755_3401430.jpg
ウィンブルドンのセンターコートは、豪雨でも水たまりができることはないが
今の東京では、まとまった雨が降ると土の地面にユニークな模様ができる

空ばかり見上げて歩いている私だが
暑さの余り立ち止まり、季節の描く光景にハッとした

思いがけない悲劇もあるけれど、
同じ地球で起きているドラマや日常に目を向けて、
五感で感じられるように、心をクリアにしておこうと思います
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2011-06-23 04:57 | Trackback | Comments(0)

梅雨空のクラシック

雨が降りそうで降らない、梅雨模様の午後
数年ぶりのサントリーホールで
ピアノとヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの室内楽クラシック

シューマン、ドホナーニ、ドヴォルザーク
-----名前は知っていても、初めて耳にする旋律ばかりだったが
それぞれに響きあう音は豊かで、伸びやかで、心地良く、うっとり

時に瞑想(眠り?苦笑)に誘われるほど、別世界に心を運ばれた
c0113755_295155.jpg
小さなクマのモーツァルトは、ウィーンの博物館にもあったことを思い出し、
半年前なのに遠い日に思える、カフェの甘い記憶がよみがえった

外に出ると、小ホールで開かれているピアノ教室の発表会に出た少年少女が
ロングドレスや蝶ネクタイで、花束を抱えている

シューマンを演奏したヴァイオリニストやチェリストも、モーツァルトも
少年少女の時代に、どんな風に音楽と出会ったのだろう?

クラシックの余韻で
心の梅雨空は消えて、青空になっていることに気づきました
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2011-06-22 02:35 | Trackback | Comments(0)

愛から、はじまる

靑森の木村さんが無農薬で作るリンゴは、今では超有名になったけれど
10年以上前から直接お願いして送ってもらっているので、
9月後半から3月終わりまでは、木村さんが「樹の実」と呼ぶリンゴをいただいている

奥さんが農薬で体に不調を訴えたのが、無農薬栽培に挑戦する始まりだったが
7年もの間、花も咲かず実もならず、、、苦悩の日々が続いた話は
「奇跡のリンゴ」という本になり、「りんご」という舞台にもなった
c0113755_0413376.jpg
千駄ヶ谷に開店した“ロンハーマン”の中にある----Soaptopiaは、
カリフォルニアのヴェニスビーチうまれの、100%オーガニック素材にこだわったブランド

アトピーで肌が弱かったジョリーさんがご主人と素材を探し、製法を考えて
100% JUNK FREEのスキンケア製品を作りだしたというストーリーを聞いて

生まれてくるべきものが生まれてくる背景には、シンプルで強い愛があるのだと思いました
c0113755_0481451.jpg
オレンジ、レモンなどの植物は香りもイメージできるけど
レインボーって、どんな成分?どんな香り? 答えは、千駄ヶ谷のお店で見つかるはずです
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2011-06-21 00:53 | Trackback | Comments(0)