光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31
止まらない、止まれない
at 2017-03-15 17:34
こんにちは、ちいさな神さま
at 2017-03-08 01:19
春の、気まぐれ
at 2017-03-02 19:35
おいしい時間は、元気のはじまり
at 2017-02-23 04:08
春服を着た、招き猫
at 2017-02-17 12:37
笑って、リセット
at 2017-02-12 13:15
風が変わるとき、何かが起こる!?
at 2017-02-08 21:57
横浜の、新しい招きネコ!?
at 2017-01-24 02:10
前に進む力、いただきます!
at 2017-01-15 16:52
日々を重ねて、新しい明日へ
at 2017-01-06 02:42
新しい気持ちで、ありがとうご..
at 2016-12-31 19:42
心がまっすぐじゃないと、届かない
at 2016-12-25 03:21
12月の真ん中、光の中で
at 2016-12-18 00:07
未来からのメッセージ
at 2016-12-11 01:21
フルーツとパンがあれば、生き..
at 2016-12-05 03:11
I have an Appl..
at 2016-11-28 00:15
自分を受け容れる、勇気
at 2016-11-24 15:13
パンを売る弟のこと
at 2016-11-21 00:18
見慣れた場所で、視点を変えて
at 2016-11-14 01:31

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2010年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今年の桜時間、延長中

山道を車で走っていると、うぶ毛のような緑の中で揺れている、花の色が目に飛び込む

その桜は、花咲く日まで、そこにあることを知る人はなく
人が見ていようがいまいが、かまうことなく、咲きたいから咲いている

代々木公園の桜に人が集まるのも、3月から4月の花の季節だけ

花が散ったら、そこに桜があったことさえ、人は忘れてしまうのだから、
「花の命は短くて」-----桜のように潔い人生を送れたら素敵だとさえ思ってしまう
c0113755_2333743.jpg

-------去年の今日は、こんなに咲いていたというのに
開花宣言があってから寒さが戻ったせいで、今年の桜はとまどっている
思わせぶりなつもりはなくても、満開までの時間が長いので、花見客も風邪を引きそうだ

けれど、桜は、花を見る人のためではなく、
咲きたいときに咲き、散りたくなったら散る花だと思うから

咲くまでの時間を楽しみ、咲いてからの時間を遊び、散っていく時間を眺めるのも悪くない

いつもより長く桜時間を与えてくれる花たちに感謝して、春を一緒に歩く誰かを誘うことにしよう
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-03-30 23:59 | Trackback | Comments(2)

トラをペットに?!

チェンマイに行った友だちが、トラの背中でお昼寝してきた
----ウッソォォォオオオ!って思っていたら、写真が届いて、驚いた!

金額によって一緒に遊べるトラの大きさが変わるらしいが、彼女は巨大なトラを選んだのだ
c0113755_1145948.jpg

ブログに載せてもいいよと言ってくれたけど、美人の彼女に人気が集まると困るので
小さめにアップするが、なんとも心地よさそうな表情で横たわっている
-----この写真が送られてから、私が彼女に尊敬の念を抱いたことは言うまでもない

一方、インドネシアでは、絶滅の危機に瀕するスマトラトラを保護するために
トラをペットにする計画が進行中だと、新聞が伝えている
c0113755_1223432.jpg

10億ルピア(約990万円)の保証金と、5000平方メートル以上の飼育場所
---そんな条件を満たす人が名乗りを上げるのを、30頭のトラが待っている

毛皮や漢方薬目当てに殺されたり、トラの生息する自然が荒らされているらしく
1970年代には1000頭いたスマトラトラが、今は400頭というから、確かに激減だが-----

ペット計画の前にハンティングを取り締まるなど、他に対策はないのだろうか?!?
捕鯨船に体当たりするシーシェパードは、この話に何も抗議しないのだろうか?!?
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-03-30 01:49 | Trackback | Comments(0)

歌う、弾く、笑う、ボブ・ディラン

昨年の11月、ニューヨークのユニオンチャーチでボブ・ディランのライブを見た
場所は156st あたりで、大きさは渋谷のccレモンホールくらいだった

その同じメンバーで日本にやってきたボブ・ディランのライブを
幸運なチケット(感謝!)で、見ることができた
c0113755_0453121.jpg

この写真は、ニューヨークでの1枚だが、
セットデザインもメンバーも同じだったので、まさに!この感じ
c0113755_048614.jpg

ニューヨークでは、パンツのサイドに入ったリボンラインと同じ赤いバンダナを首に巻いているが
今夜は、黒にゴールドのラインが入ったパンツに合わせて、首にはシルバーのバンダナだった

ディランを気づかうようにギターを弾く、チャーリー・セクストンがすばらしく、
おそらく日々進化しているライブの要となっていることを、確信

あまりにクールで洗練された音と姿に、思わず「チャーリー〜〜〜〜〜〜!!」と叫んでしまう
-------まさか「ディラ〜〜〜〜ン!!」とは、畏れ多くて叫べませんから、、、ね

バンドの紹介をする以外は何も話さなかったディランだが
双眼鏡で見ていたら、時々白い歯が見えていたから、ゴキゲンがよろしかったのだと思う

窓の開かない部屋には泊まりたくないというウワサが本当なら
どこかの小さなホテルから散歩に出てきて、
桜の木の下を歩くディランの姿を見かける幸運がある?!かもしれない
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-03-29 01:15 | Trackback | Comments(4)

タイガースじゃなく、イーグルスでもない

銀座を歩いていたら、青いスーツを着た、鳥人間に遭遇した
---というのは嘘で、
鳥人形5体が、するどいクチバシで道行く人にアピールしていた

何コレ?誰コレ?と思わず足を止め、携帯やデジカメで写真を撮る人、多数
c0113755_314720.jpg

なんとも不思議な雰囲気を放つコーナーは、ヤマノ楽器店の入口にあり、
立ち止まってよく見ると、ジュリー with ザ・ワイルドワンズの文字が見える
----てことは、この5体の中身は沢田研二とワイルドワンズ!?

一昨年、東京ドームでの還暦コンサートで、ジュリーのスイートな声を再発見したが、
彼らがジュリー with ザ・ワイルドワンズとしてアルバムをリリースし、
PVもこの姿で演奏していることを知らなかったので、ワシタカの頭はあまりに唐突だったけれど

グループサウンズ全盛時代のイメージをモダンにアレンジしたスーツは、スマートな印象
“渚でシャララ”というシングルのPVを見ると、彼らも楽しそうだ

新曲でファンの心をワシヅカミしたい!想いが、ワシタカの頭から伝わった、ような気がする
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-03-28 03:04 | Trackback | Comments(0)

國母カズ、初優勝!

バンクーバーオリンピックでは思わぬことで話題になった、スノーボードの國母和宏

彼が、3月16日〜21日にアメリカ・バーモント州ストラットンでの
2010 BURTON USオープン・男子ハーフパイプで初優勝!!というメルマガが届いた
c0113755_1213585.jpg
ⓒburton 

オリンピックで、もし着地が決まっていたら2位になっていた、といわれた
FS900メランコリー→マックツイスト→FS1080テール→CAB1080メランコリー
→ダブルコーク1080という、スーパーな技を見事に決めたのだから、スーパースゴイ!!

トリノのフィギュアスケート世界選手権で高橋大輔が日本人男子で初めての優勝を果たしたが、
28年の歴史があり、世界で最も権威あるスノーボードイベントであるUSオープンで
日本人として初めて頂点に立った國母のためにも、今こそ、記者会見を!!

金メダルのショーン・ホワイトは出場しなかったが、
銀メダルのピロイネンなど世界の強豪に勝った彼の、負けない心身に、大きな拍手を送っていたら
スノーボードに行った8歳の甥っ子が
「一人でリフトに乗れたよ!」と言ってきたので、もっと大きな拍手を送ってしまう叔母バカでした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-03-27 01:45 | Trackback | Comments(3)

チョキチョキします!

理容師と美容師の違いは、顔そりをするかしないかだと聞いたことがある
ホントかもしれない、と思うのは
近所の美容室では顔そりをしているのを見たことがないけれど
理容室(床屋)の前を通ると、必ず顔そりをしてもらっている姿を見るからだ
c0113755_243168.jpg

床屋と言えば、昔から、お店の前で赤と青と白のストライプがグルグル回っていたが
偶然に見つけた、このマークは、なんだか、ちょっとチャーミング

右手にハサミ、左手にクシを持ち、テキパキとヘアカットしてくれそうなデザイン
名前を付けるなら、イージーだけど「チョキチョキくん」それとも「チョッキー」?!

10分カットで1000円、みたいなお店ではなく、
外からのぞいて見た印象では普通の床屋さんにかかっていたので、一般的なマークだろうか?

髪を短くして新生活を始める人も多い季節、
こんなマークのお店が近くにあったら、爽やかヘアにしてくれそうだ
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-03-26 03:02 | Trackback | Comments(2)

キリンのように、遠くを見たい

ゆりかもめに乗っていると、どうしても、キリンに見えてしまう
あれは、正確には何と呼ばれているのだろう?

工事現場で存在感を放つ、クレーンみたいな物体の数々
あれをキリン以外の名前で呼ぶなんて、考えられるだろうか?!?
c0113755_0385198.jpg

夜になると目を覚まして遊び始める、トイ・ストーリーのオモチャのように
このキリンたちも、真っ暗な夜の海に足を踏み出して、
向こう岸の横浜のキリンと遊んでいるかもしれないなんて考えると、ちょっとワクワク
c0113755_0411312.jpg

そんなことを思っていたら、キリンくん、日本橋まで遊びに来ていた!?

こちらは、王冠をかぶり、優雅な姿で立つブロンズのアートだが、
ゆりかもめでキリンを見ていなかったら、見逃していたくらい、街に溶け込んでいる

なぜ、このビルのエントランスにキリンがいるのか、その理由はわからないが
草食で、遠くを見るチカラを持つキリンとなら、友だちになれる、そんな気がする午後だった
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-03-25 00:50 | Trackback | Comments(0)

秘密の花園で、秘密のライブ

桜が咲き始めると、決まって雨が降るのは
雨が桜を応援しているのか、花びらを散らそうとしているのか、どちらだろう?

しとしと雨が降る夜に、麻布のとあるビルの地下に出かけたら
金髪の日本女子が集まり----「カワイイ!」が飛び交う、甘い花園だった
c0113755_1318565.jpg

それは、109で人気のブランドのパーティだと聞いて、すごく納得!
カワイイだけじゃなく、大人カワイイとか、激カワ!なんて言葉が行き交っている

ガールズコレクションのプチバージョン的ショーが始まり、終わった瞬間
ステージに現れたのは、15歳のディーバ♥★♥★♪♪
c0113755_12574929.jpg

ビヨンセやアリシアに次いで大ブレイク中の、キアーナが
バックダンサー2人を従えて、歌い始めた!?!

「カワイイ〜〜〜〜!!」という声が最大に盛り上がり、携帯のシャッター音が爆裂
フツーのライブでは考えられない光景が、目の前に繰り広げられる

アメリカ人だが、ジョニー・デップと同じチェロキーインディアンの血も流れるという
黒髪が、エレガントでもあり、「オトナカワイイ」をひと目で理解できるルックス

自分の美しさに気づいているようで、まだ自覚が浅い、少女ならではの魅力は今だけの宝もの
---その貴重な瞬間に居合わせた幸運を、誘ってくれた剛くんに感謝して
着うたで1位をマークしている、歌詞をチェックしてみようと思う
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-03-24 13:15 | Trackback | Comments(0)

父の空と、母の庭

今年も桜の開花宣言が出て、本格的な春がやってくる

母の庭には、白い木蓮の花が咲き、
白の色が朽ちてくると、赤い木蓮が花咲き始めた
去年と変わらない時が刻まれているけれど、その花を父が見ることはない
c0113755_115926.jpg

去年と変わらない時が刻まれて、太陽は小さな庭にほほえみかけている
激しい風が吹いた後だから、光はとびきり!鮮やかだ

太陽の沈む西方浄土に手を合わせて、私は、母と一緒に空を見上げる

初めての墓参りを終えて
東に向かって乗る新幹線が「のぞみ」であることに、救われる

太陽が元気を届けてくれますように-----明日も、空を見上げよう
そして、希望の種を植えることにしよう
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-03-23 01:21 | Trackback | Comments(0)

桃太郎が、いっぱい

紡績の街だった名残がアイビースクエアに残る、倉敷の美観地区には
昔ながらの家並みが広がり、観光客を集めている

今回はキッズが一緒なので、桃太郎と遊ぶ世界を楽しんだ

昔ばなしの語り部によると、桃太郎のお供はキジと猿と犬だけではなかった
行く先々で出会うさまざまなモノが、鬼退治のサポーターとなったというのだから、さぁ、大変!
c0113755_015077.jpg

誰かに会うと、自分の持っているお団子の半分を分け与えたという桃太郎-----

教科書になったり、着物の生地になったり、ぬり絵になった桃太郎もいる街を歩くと
角を曲がったら、現代の桃太郎さんに会えるような、気さえする

デニムの産地としても有名な岡山だから、
ジーンズのブランドにもなったりして、その人気は、今でも健在だ
c0113755_02376.jpg

もし桃太郎に出会えたら、きび団子を半分もらってお供に加わり
今だったら、さて、どこの鬼を退治に出かけようかしら?!?!?!
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-03-22 00:00 | Trackback | Comments(0)