光と風を 友だちにしたら     凹んだ心が         凸(ふくら)みそうです


by tokyoyokan1212

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月

お気に入りブログ

ライフログ


夜の凹み本―366のココロの風船 (だいわ文庫)

最新の記事

初夏のテーブル?!
at 2017-05-22 00:14
雪のち桜
at 2017-05-09 14:25
急がない生き方
at 2017-05-01 01:06
春の色、いろいろ
at 2017-04-23 16:07
一本のローソク
at 2017-04-17 12:45
花のように、風のように
at 2017-04-09 21:25
はじめての、沖縄
at 2017-04-04 13:50
メディスン・ホイールが教えて..
at 2017-03-29 01:02
1歩ずつ、ひとつ1つ
at 2017-03-21 01:31
止まらない、止まれない
at 2017-03-15 17:34
こんにちは、ちいさな神さま
at 2017-03-08 01:19
春の、気まぐれ
at 2017-03-02 19:35
おいしい時間は、元気のはじまり
at 2017-02-23 04:08
春服を着た、招き猫
at 2017-02-17 12:37
笑って、リセット
at 2017-02-12 13:15
風が変わるとき、何かが起こる!?
at 2017-02-08 21:57
横浜の、新しい招きネコ!?
at 2017-01-24 02:10
前に進む力、いただきます!
at 2017-01-15 16:52
日々を重ねて、新しい明日へ
at 2017-01-06 02:42
新しい気持ちで、ありがとうご..
at 2016-12-31 19:42

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧

<   2010年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

それぞれの居場所

生まれて2ヶ月の赤ちゃんに会いに行った家で、2匹の犬が迎えてくれた

歓迎の儀式のように飛び跳ねていた彼らだったが
「なんだぁ、、、あなたたちも赤ちゃんに会いに来たのね」と悟ったみたいで?!
少しすると、それぞれのお気に入りスポットに落ち着いた
c0113755_015369.jpg

小さなチョコは上の段、少し大きめのプリモは右端の、不安定な場所が定位置
しかも、プリモは足がブラブラしている状態が気に入っているらしい

2匹が落ち着く場所なので、
ボロボロになった椅子を捨てられないの-----と、友だちはやさしく笑っている

安心できる居場所があればストレスを感じないのは、犬も人間も同じだから
チョコもプリモも幸せな毎日を過ごしているのだと思う

今までみたいに甘えられなくなったチョコは、ちょっと不満そうだが
赤ちゃんにジェラスはしても、決していじめないのは、自分の居場所があるからだね
c0113755_0510100.jpg
こちら、足がブラブラして
落ち着いているプリモさんです
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-02-28 00:17 | Trackback | Comments(0)

塀の高い家に住むひと

ご近所に、松涛というお屋敷街がある
散歩していて、いつもと違う道を選ぶと、突き当たりで迷子になりそうなほど
1区画が大きい家がいくつも、いくつも!並んでいる

建築デザインとして見てもため息モノの家に共通しているのは、塀の高さ
c0113755_022281.jpg

棒高跳びでもなければ、乗り越えるなんて無理(そのつもりはありません、念のため)、
外の人々を拒絶しているように感じるほどの、高い塀に囲まれた家が多い

そんな塀から伸びている梅の枝と、壁に描かれる花の影がきれいだった

梅の木がある庭のある家に住んだことはないが、その香りに引き寄せられて
春をシェアしてもらった、気になった

どこかに監視カメラがあってセコムが来たりすると困るので、長居はしなかったが
塀の中に住むひとに「梅の香り、いただきました」と心の中でささやいた
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-02-27 00:13 | Trackback | Comments(0)

終わりから、はじまる

マイケル・ジャクソンの映画のタイトル“THIS I IS IT”は
「マイケルがやってくる」「これこそ、マイケルだ!」って意味が感じられる

辞書によると、THAT IS ITは「これで終わり」「まさに、これ!」
THIS IS ITは、「来るものが来た!」ってことだけど、
「これだ!」という意味もあるから
両方とも近い意味だと思ってるけど、、、私、誤解しているかもしれない?
c0113755_23563312.jpg

近所のレストランが昨年末に閉店したのだが
通りに面したガラスに残された、THIS IS ITの文字が道行く人の目を引いている

何かが終わり、新しい何かがはじまる季節
THIS IS IT-----「これだ!」というおいしい店が開く日を楽しみにしている
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-02-26 00:05 | Trackback | Comments(0)

光は、春に向かっている

「日中の最高気温が、長崎市で2月としては明治23年以来、22度6分まで上がった」
テレビのニュースが、半袖のTシャツで街を歩く姿を映し出している
大阪、福井では20度超え! 73の地点で、2月として過去最も高い気温を観測したようだ

2週間前、脚が長〜〜〜〜〜く見えるのが嬉しくて、写真を撮ったのが嘘みたい!
確実に光が変わり、季節は春に急速に向かっている
c0113755_1474070.jpg

桜の開花も早くなるかもしれない、と思いながら
私は、ジャケットに重ねた薄いコートを手に持って歩いた

でもでもでも、、春の空は気まぐれだから、まだまだ油断はできない
それに、今週末スノーボードに行く友だちのためにも、週末の新潟には雪も降ってほしい

連日のバンクーバーオリンピックは、女子フィギュアスケートの話題が熱いが
YA-YA-YA-!!という声をかけ合う、カーリング女子の凛々しい顔にもうっとり-----
戦いを終えて帰国する彼女たちを、
春は、祝福のやわらかい光で迎えるだろう、きっと
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-02-25 02:04 | Trackback | Comments(4)

おめでとう!がいっぱい

誕生日は他の誰でもない、その人だけのスペシャルな1日だから
お祝いしたい!と心から思うけれど、「そっとしておいて」という人もいる
-----その気持ちもわからなくはないし、遠くにいて会えない友だちには
カードやメールで『おめでとう!』を伝えるだけの年も多い

節目の年には、何人かで相談してサプライズのパーティを開いたり、
会社の10周年、20周年なんていう年は、盛大にお祝いを言いたいと思う
c0113755_23593669.jpg

両国の江戸博物館の入り口には、ありったけの福を呼び寄せる熊手が飾られていた
サンフランシスコから来た友人には、幸運をキャッチする縁起物!!と説明
熊手の前に立って、記念写真を1枚撮った

友だちや先輩の誕生日、20周年記念をお祝いするニュースが届く2月

ハッピーなパーティに参加して、元気で「おめでとう!」を言いいながら、
お祝いされる人の笑顔を見ながら、
幸せな時間の中にいることで、福を分けてもらっている、気がする日々です
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-02-24 00:18 | Trackback | Comments(0)

藍は、回る。愛は?

青空の朝、中央フリーウェイを走り、相模湖で降りた
友だちに誘われて、藤野という山あいの町を初めて訪問

広い広い土地にセルフビルドで大人の遊び場を作っているご夫婦と
おいしくて宮廷料理のように品の良い韓国料理ランチをご一緒する前に
藤野のことなら何でも知っている方に、町の中を少し案内していただく

険しい山道を車で登り、農家を改造して住むカナダ人に紹介された
彼はまゆを育て、糸を紡ぎ、藍や草木の色に染め、機織りをして暮らしている
c0113755_201347.jpg

玄関の外に置いてある瓶のフタを開けると、藍の染料
液体をぐるぐる回すと、そこには藍色の宇宙がひろがった

デニムが好きでジーンズが大好きな私には、それはたまらなく美しい光景

デニムを愛する人が、藍色の染料を見ていたら、その中に入りたくなって
全身!藍色に染まって困った、という話を聞いたことがあるが、
太陽の下で回る藍色のうずまきを見ていたら、その気持ちがちょっとわかる気がした
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-02-23 02:26 | Trackback | Comments(0)

遊びじゃない、雪の日々

スノーボードは長野オリンピックから正式種目になったが、今回、スゴイ進化を見せつけた
男子ハーフパイプでは、アメリカのショーン・ホワイトが離れ業を決めて優勝
国母も青野も惜しかったけど、想像以上のパフォーマンスだった、と思う

私は飛んだり跳ねたりしない、へなちょこスノーボーダー
何かのためでも、誰かのためでもなく、
リフトで山を登り、風を切って滑り降りる時間を繰り返し楽しんでいる
c0113755_23582867.jpg

朝早い時間に、旅館の窓から見えたのは
降り積もった雪を固めて動かし、道を作る作業を黙々と続ける人

スノーシューを履いて雪道を歩くツアーも人気を集めているが
彼のスノーシューは、「かんじき」と呼ばれた時代からずっと、遊びのためではなく
雪国での暮らしを助ける、生活の道具として使われている

友だちでもある旅館の主人は、スノーボード未経験
仕事が忙しくて、雪と遊ぶ時間が見つからないのは仕方ない

彼にとっての雪は遊びじゃなくて、日常なのだから
夜になるのを待って、一緒におしゃべりする時間を楽しむことにしよう
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-02-22 00:02 | Trackback | Comments(0)

海の向こうに、何があるの?

3歳の私は、童謡の“赤い靴”が好きだった、と母が話してくれた
♪♪赤い靴、履いてた女の子、異人さんに連れられて、行っちゃった♪♪

なぜ、その子は船に乗せられたのか?
なぜ、その子は赤い靴をはいていたのか?今でも、答はわからない
子どもの私は、
船からどんな風景が見えるんだろう?と考えながら、歌を聞いていたのかもしれない
c0113755_001572.jpg

ハワイから現代的な計器を使わず、星と波と太陽、月や風を読む航海術で
日本まで来た“ホクレア”という船を鎌倉で出迎えたとき、浜辺で少女が波遊びをしていた

ハワイの船を歓迎し、この先の航海の無事を祈るフラを踊った少女たちを見ながら
-----海の向こうに、何があるのだろう?
飛行機なんてない時代、そう思って航海に出た人の気持ちを想像したことを、
今でもなぜか、覚えている

フラダンススクールに通う友だちの発表会に行って
小さなフラガール、ラブソングを踊る若きダンサー、熟年の穏やかなダンサーたちが
ほほえみを浮かべて踊る空間にいると、海からの風が恋しくなったが、
空腹には勝てず、車は、海とは反対方向の洋食屋をめざしていた
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-02-21 01:01 | Trackback | Comments(0)

梅は咲いたが、桜は遠い

2月になり、暦が立春を過ぎてから雪が降ったりして、
寒さに負けそうな日もあるが、原宿の路地裏に、春は来ていた

梅の古木も、今まではのんびりと花をつけていたかもしれないが
昨日までの民家が、突然お店になったりする界隈だから、そうもいかない
c0113755_3332332.jpg

花を見ているつもりが、ガラス越しに見えるクッションのカワイサに目を奪われると
梅の香りを楽しむ余裕なんて消えてしまいそう

伊豆では桜が咲いているとラジオが話していたが、東京の桜を楽しむのはまだまだ先のこと

「寒い季節ほど、人と人のつながりを温かく感じる」
アラスカに住んで写真を撮り続けた星野道夫の言葉を思い出しながら
空気が冷え切った夜になってコンビニまで出かけると、細い月がやわらかい光を放っていた
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-02-20 03:49 | Trackback | Comments(0)

“YES”という名のスノーボード

私のスノーボードは、“SOBUT”。今は、幻となったブランドだが
ラストシーズンにもらったボードのデザインが気に入って、大切にのっている

“ETNIES”というスケートボードシューズをディストリビュートする友だちが
横浜のインタースタイルという展示会に誘ってくれたので、寒風に負けずに出かけた

スノーボード、スケートボード、サーフボードの横乗り系ブランドのお祭りだから、
オリンピックで話題のスノーボーダー、国母くんのようなパンツの男子に混じって
小学校一年生の男子がスケートボードでトリックを決めていたり、会場は遊園地みたい
c0113755_034422.jpg

《かいじゅうたちのいるところ》に迷いこんだみたいな気分で歩いていたら
YESの文字が目に飛び込み、次にアインシュタインとケネディに引き寄せられた

スイスのスノーボードブランド“YES”のDUDESシリーズは、歴史を変えた人のデザイン
他にもキング牧師やジョン・レノン、リンカーンの顔がボードの表面に描かれ、
裏面には“YES”の文字が書かれている

やんちゃな男子が多いと思われているが、その分ピュアな人間が多い業界なので
「未来をもっと良くすることにYESと言い、歴史を変える人間になろう」
そんなメッセージを発信するボードだと説明されて、思わず“YES”!と答えていた
[PR]
by tokyoyokan1212 | 2010-02-19 00:09 | Trackback | Comments(0)